外資系秘書の食べたい時

外資系秘書の食べたい時

外資系秘書が普段なにを食べているか、つれづれに書いていきたいと思います。

[注:このブログは、メグの個人的な好みにより評価されており、いいお店を紹介する目的で書かれたものではありません。 単に個人的な備忘録ですので、あしからず]



テーマ:
Bセット 950円をいただきます。
(クーポンで50円引き)

卵とチキンのカレー
豆のカレーを選択。

大きなサラダ。

モチモチのナンに
ネパール風のドロッとしたカレーは、
大辛にしたけど、
そんなに辛くない(大辛とまでは?)

これにドリンクは、
マンゴーラッシー。

ナンのお代わり可能なので
男性には嬉しいかな?



テーマ:
お昼に行くことは、稀なのですが、
たまにはいいですね。

まずは、キスの卵の煮こごりに
あられをのせたモズク酢

アジのタタキを卵黄で。

そして、ナスの煮浸しに
魚そうめん。

稚鮎とパプリカ、シシトウの天ぷら


鉄火巻き

スミイカ

ヒラメ

鮎の昆布締め

中トロ

煮だこ

しじみ汁



黒ごまのアイスクリーム

ご馳走さまでした!










テーマ:
羽田空港も更にお店が増えて
楽しくなってきましたね!

大抵、お寿司でも食べて飛行機に乗るのですが、
今回はお寿司を機内に持ち込むことにして
お蕎麦を食べに。

揚げた蕎麦をつまみながら、
ビール飲みます。



なかなか美味しいお蕎麦で
満足ですー。

テーマ:
ここは、元々魚屋さんだったという
老舗の天ぷら屋さんなんですけど、
そういうわけで、魚も美味しい!

ランチタイムはまだよいのですが、
夜はメニューを見ても時価が多くて
一体幾らになるか不明なのが怖いところ。

まずは、昭和の香りのする古めかしい店で
瓶ビールを。

刺身の盛り合わせ4品。
これが新鮮で美味しいのですが、
多分、すごく高い。

天ぷらの盛り合わせは、
海老を別に頼みます。
高いけど、ここの海老は必ず頼むべし。
頭も香ばしくジューシーで美味。
1人5千円は、すぐにいってしまいます。
でも、美味しいので、たまには行きたいな。


テーマ:
神谷町にはあまり居酒屋がないんですけど、
ここは、更に入り口がわかりにくい。

お通しは、400-500円するけど、
私の食べたかった茶豆!

刺し身盛りは三種お願いしたけど
おまけで四種。
ダルマというマグロの子供と
カンパチと
ホウボウにメダイかな?
どれもプリプリです。

これは、タコポン
恐らく、ここで茹でてる地ダコにもみじおろし
かなり、美味。

アスパラもしっかりしてます。

白イカの竜田揚げなんだけど、
ちょっと思ってたのと違った。
イカリングじゃ?という見かけ。
どれも美味しくビールがすすみます。

日本酒、焼酎も色々あるけど、
あとは、生グレにしてしまいました。




テーマ:
老舗だけあって、本店ではないのに
格式高いです。


右から、山桃の食前酒
アサリと分葱の芥子酢味噌
桜エビと芯取り菜

雲丹豆腐にモズクと芽ネギ

刺身は、マグロ、イカ、甘エビ

治部煮椀
しみじみ美味しいです。

右真ん中から、
はじかみ
蓬麩の田楽
スズキの明太子焼き
そら豆の黄身あげ

鰹のサラダは、茗荷や蓮芋などが入り、
軽快に。

唐黍の炊き込みご飯
味噌汁に香の物

デザートは、
新茶のゼリー
甘納豆と金粉

オーソドックスですが、
安心して美味しく頂けます。
ごちそう様でした。


テーマ:
久しぶりにお寿司!

さいまきエビとオクラのジュレ仕立て。

ふぐ刺し

自家製カラスミ大根挟み

ハモを梅肉ソースで

自家製はんぺんとジュンサイのお吸い物

シャコを塩とワサビで

白アスパラの炙り
ナスと大根の漬物

やっと握りです。
イカ

サヨリ

赤貝

マグロの漬け

ニシンだったか?

小鯛の桜締め

コハダ




テーマ:
こちらもパブということでしたが、
おしゃれ〜!
ここだけ見てると、まるでビストロ。

ブルスケッタ
6.95ポンド

こちら、カモのリエット フォアグラ添え
7.95ポンド

フィッシュ エンド チップスなんて
こんなです。
14.95ポンド

みんなが頼んでるムール貝。
14.95ポンド

チップス付き。

ビールは、ハーフで2〜3ポンドなので
まあまあリーズナブルでしょうか?

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス