超難条件を制するのは?

テーマ:

 ◆男子プロゴルフツアー報知新聞社特別協力    

ミズノオープン 第3日

(26日、茨城・ザ・ロイヤルGC=8007ヤード、パー72)

 強風の中、ツアー史上初の8000ヤードを越える難条件で行われ、

上位4人が

海外メジャー第3戦の

全英オープン(7月19~22日、英国カーヌスティGL)の

出場権を獲得する大会の第3ラウンドが終了した。

 アンダーパーは2人だけでスコアを落とす選手が続出。

74で回ったM・ヘンドリー(ニュージーランド)が、

通算2アンダーの単独首位で、

約3年ぶりのツアー通算2勝目に王手を掛けた。

初優勝を狙う高橋賢、71で回った大堀裕次郎が1打差の2位で追う。

 14年賞金王・小田孔明、永野竜太郎がイーブンパーの4位。

この日のベストスコア69をマークした木下裕太、

嘉数光倫、ミズノ契約の小林正則、

川村昌弘、高山忠洋、秋吉翔太、稲森佑貴が1オーバーの6位に並んだ。

 アマチュアで唯一予選を突破した、

中山絹也(中部学院大)が4オーバーの20位。

ミズノ契約の武藤俊憲は5オーバーの27位。

永久シード保持者・片山晋呉、ミズノ所属の手嶋多一、

ツアー通算18勝の藤田寛之は7オーバーの39位となった。