ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は18日、

ポーランドのビスワで個人第1戦(HS134メートル、K点120メートル)が行われ、

22歳の小林陵侑(土屋ホーム)が137.5メートルと127メートルを飛び、

合計255.6点で、W杯自身初の表彰台となる3位に入った。

1回目で3位につけ、順位を守った。

エフゲニー・クリモフ(ロシア)が263.4点でW杯初優勝。(時事通信)