プロ野球のセ・リーグは24日、首位の巨人に

優勝へのマジックナンバー「20」が点灯した。

自力優勝の可能性を残していたDeNAに巨人が勝利し、

巨人以外の5球団の自力優勝の可能性が消滅した。(読売新聞)

 

 

 巨人8―6DeNA(セ・リーグ=24日)――巨人がサヨナラ勝ち。

九回、坂本勇の適時打で追いつき、延長十一回に代打・石川が決勝2ラン。

DeNAは八回、嶺井の2ランなどで逆転したが、救援陣が粘れず。

        ◇

 阪神7―4ヤクルト(セ・リーグ=24日)――阪神が今季初の5連勝で

ヤクルト戦の勝ち越しを決めた。

1点を追う四回に高山、梅野の連続2点二塁打で逆転した。

ヤクルトは一時リードしたが、田川が粘れず。

        ◇

 広島5―4中日(セ・リーグ=24日)――広島が延長十回、会沢の適時打で競り勝った。

5番手の遠藤がプロ初セーブ。新人の小園が2安打、2打点の活躍。

中日は九回、3点差を追いつき、粘りを見せた。

 

 

 ロッテ9―5ソフトバンク(パ・リーグ=24日)――ロッテが快勝。

1点を追う一回に荻野の先頭打者本塁打などで4点を奪って逆転した。

2番手の新人・中村稔がプロ初勝利。

ソフトバンクはミランダが不調だった。

        ◇

 西武6―5楽天(パ・リーグ=24日)――西武が延長の末に競り合いを制し、サヨナラ勝ち。

十回、中村が決勝の二塁打を放った。

楽天は渡辺佳の3ランなど13安打を放ったが、最後は松井が打たれた。

        ◇

 日本ハム7―1オリックス(パ・リーグ=24日)――日本ハムは四回、

横尾の2ランで逆転し、九回に大田の2ランなどで突き放した。

有原はハーラートップの13勝目。

オリックスはモヤの一発だけで打線が沈黙した。