メディアフラッグ福井のMarketWatcherブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019-03-22 07:00:00

「目標」「夢」③

テーマ:メディアフラッグ

いつもありがとうございます。

 

 

IR対応等々ですね。

 

ビッシリ。

 

有難いことです。

 

 

フィロソフィー勉強会から、「目標」「夢」。

 

 

 

皆からの感想の続きです。

 

 

 

「目標と夢がなんだったのか分からなくなる時があります。目標は夢に向かう指標であって、達成出来てもゴールではないです。シャークでも販売目標があり、今までも現場ではとにかく目の前の目標を達成出来るようにがむしゃらに取り組んで参りました。ですが、私は夢が無いに等しい為、目の前の第三者が定めた事を含めた「目標」だけが行動原理になっているだけだと思います。与えられた事だけを熟すだけでは出来る事も増えず、いつまで経っても同じ場所から動けずにいます。「何がやりたいのか」そこを1つでも明確にしていきます。仕事を通じた成長を一つでも実感していく為にも、もっと客観的に自分を見つめ直していきます」

 

 

 

「夢をしっかり持つことで、そのためにしっかりとした期限付きの目標を設定することの大切さを感じます。自分の今までの経験上、夢を語れないと芯が無くブレることが多いと考えます。ましてや時間は有限であります。若いからこそ、自分がこれから先、働ける時間を意識し夢を達成できるよう精進して参ります」

 

「私は今までお金持ちになりたいとか手段を語っていたことに気が付きました。また、潜在意識に透徹するほどの強い願望を持ったこともないことにも気が付きました。何かを成し遂げたいのであれば、それをもっと明確化し何としても達成したいと思うほど強い思いに変える必要があると学びました」

 

「また、夢や目標設定も小さな事を掲げる癖がついてしまっていると思います。出来ないかもしれない。とマイナスなイメージから入り自分を守っているつもりになっておりますので自分が本当に目指したい事、成りたい事の目標を大きく掲げ、身のある道標を自ら歩んで行けるように致します」

2019-03-21 07:00:00

「目標」「夢」②

テーマ:メディアフラッグ

いつもありがとうございます。

 

 

祝日ですね。

 

来週大事な出張になるので、色々と準備です。

 

少し渋谷へも行ってきます。

 

 

フィロソフィー勉強会から、「目標」「夢」。

 

 

 

皆からの感想です。

 

 

 

「目標を設定することで自身の行動意欲が行動力共に変化してきます。また設定するだけで無く、何のために目標を達成するのか行動の意味を考えることでモチベーションを上げる事が出来ます。今後の成長のために目標を掲げると共に自身がどうなりたいのかを考え、行動していくように致します」

 

 

 

「しっかりした目標を立てて日々過ごすことができる人だけが、大事業を達成出来るのだと思いました。ぼんやりした夢や一貫性のない目標を立てるだけではいつまでも達成することは出来ません。狭い視野で物事を考えず、対局を見て目標を立てるよう意識します」

 

「私はこちらの『勉強をすすめていくうちに』という部分に非常に意味を感じました。勉強といっても机上のものだけではございませんが、勉強によって自身の夢や目標は変わるものであるということです。夢や目標が見当たらない、うまく設定できない、というのは勉強不足であるのかもしれません。考え方も勉強です。勤勉に多くのことを学んでいきます」

 

「自分の目標を強く思うことの大切さを改めて感じました。今年一年で自分はどうなりたいのか?どう成長したいのか?実現させれるように思いを強く持って邁進していきたいと思います」

2019-03-20 07:00:00

「目標」「夢」①

テーマ:メディアフラッグ

いつもありがとうございます。

 

 

本日もIR対応等々。

 

しっかりやってきます。

 

 

全体会議フィロソフィー勉強会からです。

 

 

 

今回はMEDIAFLAG WAYからですね。

 

 

「目標」「夢」。

 

 

大事ですね。

 

 

まずは内容から。

 

 

 

「目標」

 

 

個々人の目標を明確にする。組織の目標を共有する。数字と期限にこだわり、目標を達成しよう。

 

「夢」

常に前向きに明るく、そして夢を持つ。夢を持たないと人生が流れる。人生を斜めにかまえず直球でぶつかる。

 

「目標」と「夢」の違い

「目標」とは、「人生をかけて成し遂げたいこと(夢・目的)」を達成するために、自分が進むべき道標のことを言います。数字と期限に表現出来るのが、「目標」。以前は社長としての覚悟や思いが少なく、利己的な部分が多かったように思います。祖父、父親が経営者だったので自分もいつか同じようなことをしたいという、サラリーマン時代は漠然した「社長になりたい」という夢しかありませんでした。しかし、勉強をすすめていくうちに「社長になりたい」というのは夢・目的ではなく、手段(時期を決めれば目標)だったということに気付きました。夢といえるのは「社会を良くしたい」「従業員を幸せにしたい」(経営理念)というようなことで、だからこそ社長になったのだという意識が芽生えました。これに気づいてから、目標が次々と「お金に関して」、「来期の仕事に対して」、「スケジュールに対して」と設定できるようになりました。

 

「強烈な願望を心に抱く」

潜在意識に透徹するほどの強く持続した願望を持つこと。心に描いた通りに、物事は成就する。言い換えれば、「何としても目標を達成したい」という願望をどれくらい強く持つことができるかどうか、これが成功の鍵になる。潜在意識の中に浸透していると、一瞬の出会いを逃さず、すばらしいチャンスを生かして、事業を成功に導いていくことができる。そのようになるには繰り返し思い続けること。目標が高ければ高いほど、それを実現していくためには、強く持続した願望を抱き続けることが必要になる。潜在意識は、顕在意識よりもはるかに大きな容量を持つ。我々が生まれてから死ぬまでの間に体験し、見聞し、感じたことすべてが蓄積されているともいわれている。「売上をいくらにしたい」「利益をいくらにしたい」、朝起きてから寝るまで、明けても暮れても四六時中考える。この願望が潜在意識に入ってくる。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ