村上かおりです^^

右三角4会社員やめて時給694円パートさんだった頃の話①
右三角4会社員やめて時給694円パートさんだった頃の話②
右三角4就職できなくて呪いモード発動した話①
の続きです^^

 

前回までのあらすじ^^
おかし作りのパート勤め

第二子出産で退職。
再就職を目指すも
面接受からなくて悲しみの果て

世の中を呪う


------

image

役所のカウンターで
ぼーっと座っている職員さんや

適当〜な接客の店員さんなどに
遭遇すると(※何の罪もない)
心の中で、よく呪いが発動していました。

そんな働きぶりで
お給料をもらっているお前・・・

私のかわりに
社会から拒絶されてみろ、
この野郎ゥゥ・・・



(魔太郎ラブラブ

面接には受からなかったけど
夫はやさしい。
子どもたちはかわいい。
幸せなはずでした。

だけど、心にはいつも五寸釘^^。

コーンコーン♪
コーンコーン♪
釘をさーすー(山崎ハコ^^)


いま思えば、だけど。

夫だって働いているし、健康だし。
家や車のローンもなくて。
子育ての悩みもなくて。友達もいて。
きれいな自然に囲まれて暮らして。

そのままでも、かなり幸せなはず。
焦って仕事を探さなくても
よかったのかもしれない。
一人で悩んだり、呪ったり^^
しなくても、よかったはず。


でも、これ全部、今思えば、で。
その時は気づかなかったです。


目の前にあるものは、
ぜんぜん見えてなかった^^

当時はとにかく
面接に受かりたかったんです。
仕事をしたかったんです。

理由は
・私の中に「働かない」という選択肢がなかった
・35歳だったので、年齢的にも焦っていた
・社会の役に立っていないと、ダメだと思っていた

母も働くことがすきな人なので
「家でのんびりしているお母さん」というモデルが
わたしの中にありません。

「はたらかない自分」は
「役に立っていない」
「自分の能力や可能性をあきらめている」
そんなイメージでした。

家でのんびりするのが好きで
向いてる人だっているのにね。^^
家事や育児だって、
社会に貢献しているのにね。

そうは思えなくて、
思い込みで、自分を苦しめて
ぐわー苦しー苦しーって。
この世でいちばん不幸なのはわたしー!

不幸ってかんたんに
作れちゃうんですね、
自分の心の中で。
自分の思い込みで。


思い込みと言えば、ですが

「デザインできるんだし、フリーでやってみたら?」

と言ってくれる人もいたんです。当時。

でも、
フリーランスなんて200%無理!!
自営なんて、無理!!
わたしにできるわけがない!!
絶対!!無ー理ー!!


って思っていました。

とはいえ。
面接、受からないし。
結局、自分が今できることをやる以外にない。
はじめは、制作のお手伝いという形で
働きはじめました。

細かい仕事、急ぎの仕事も
子どもを寝かしつけた後、
夜中までパソコンに向かうのは当たり前。

価格も、こんな何もないダメな私が一般的な制作費用を
いただけない…と思っていたので、
破格でお受けしていました。^^

それでも、
何かの役にたっていると思えるのは
ありがたかった。

「(安いから)あなたで、いいです」
と言われても。

いつのまにか、あんなに嫌だった
「働かせてもらえるだけで、ありがたい」
マインドを実現しておりました。

わたし自身が
何もない自分だから
こんなダメな自分だから・・・
社会に拒絶されるような自分だから・・・
と固く思っていたから。ですね。


書いてて悲しい(T△T)

結局、
時給694円で働いていたころ以上に
セルフイメージも下がり
不幸感もアップ!!

そんなころ、
実家の父がとつぜん
亡くなりました。


東京と長野を行ったり来たりして
孫たちと遊ぶのが
生き甲斐だった父。

サラリーマンだけど
とても自由で、やりたいように
楽しく生きていた父。

お葬式では父と仕事で関わって来た
たくさんの人が泣いていました。
愛されていたんだなあ・・・

実は、父のような生き方に
憧れていた自分に、気づきました。
 

右三角4こちらに続きます^^

----------

 

BRANDING&DESIGN LESSON

「自分らしさ」からはじめるWEBブランディング
オンラインまたは対面の個人レッスン
右三角4詳細はこちら

起業女性のためのブランディング&

自分で作るホームページ講座@長野県東御市
右三角4詳細はこちら

起業女性のためのアメブロカスタマイズレッスン
右三角4詳細はこちら

 

〈村上かおりニュースレター〉

ブログやSNS、WEBのお悩みや解決
起業のお役に立つヒントも
お伝えしていく無料ニュースレターです
右三角4ニュースレターご登録はこちらからどうぞ

▲登録後、本人確認メールのリンクをクリックして登録を完了させて下さい。

 

▽アメブロ読者登録はこちらから♪

 

 

 
AD