加藤一実@加藤クリニック麻布 総院長のブログ

加藤一実@加藤クリニック麻布 総院長のブログ

日々の診療のことやプライベートなど素顔のDr.Katoを公開します!


テーマ:

10月に入り、秋めいて来ました。


カトクリドクターズは、基本的に、形成外科医、美容外科医なので手術が得意ですが、


山脇先生と僕は、フィラー注入やスレッドリフトなどのライトな治療も、積極的に行っていますよ。


そうは言っても、山脇先生が最も力を注いでいるのは鼻の形成手術です。


昨日も医療関係の女性の手術をされました。


僕は、自分としては、脂肪吸引や豊胸手術などのボディーライン形成手術の経験が豊富だと思いますが、


ここ最近は、瞼形成手術やフィラー注入患者さんが増加傾向にあります。


今日は、お腹の脂肪を採取して、バストに注入する手術と、スレッドリフト手術等をしました。


明日は、下瞼のクマを取って頬をリフトさせる手術等をする予定です。


そう言えば、今日は、先週豊胸インプラントの入れ替え手術を受けられた女性が抜糸に来られました。


当院で10年程前に150ccのインプラントを入れられたのですが、


今回は患者さんの希望により270ccに入れ替えられたのです。


患者さんの満足度も高くなったようです。


僕は200cc前後のインプラントをすすめる傾向があるようなのですが、


これからは、希望により可能な限り大き目のバストにも応えていきたいと思いました。



 

1クリックお願いします。


にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


美容外科ランキング

 

 


テーマ:

今回は、中部顔面を便宜上、上部は下瞼、内側は鼻唇溝(法令線)、外側は頬骨、下側は口角までを含む範囲とすると、

 

この部位には、たくさんの表情筋が存在します。

 

この部位に生じる代表的な老化サインは、

 

1下瞼の下方に脂肪が溜まってくる(目袋)、

 

2下瞼と頬の境目が下方に移動し下瞼が下方に長くなり、前頬との境目が目立つようになる(くま)、

 

3ゴルゴライン、

 

4法令線が目立ってくる、

 

5頬骨が浮き出てみえるようになる、

 

6頬部のハイライトの位置が前下方に移動する、

 

7冗長にみえるようになる、などがあります。

 

実は、これらの多面的な老化症状に寄与していると考えられている最も重要なポイントとして、

 

下瞼や中頬部を支えている靭帯と呼ばれる組織の脆弱化や、

 

それらの周辺にある骨や深部脂肪織の菲薄化に伴うボリューム減少が挙げられるのです。

 

美容医療で使用しているヒアルロン酸注入製剤の歴史は、しわを埋める為のコラーゲン注入製剤の代用に始まり、

 

その後進化を遂げ、脆弱化した頬骨周囲の靭帯のサポートをしたり、ボリューム復元を可能にするものが登場しました。

 

その甲斐あって、中部顔面に生じた形態的老化は適切なヒアルロン酸注入製剤(ジュビダームボリューマビスタやボリフトなど)を適切な部位へ、適切な量注入してあげることで、若返らせることが可能なのです。

 

下記症例は、中部顔面にジュビダーマビスタを左右で計4cc注入です。コンパクトで若々しい中顔面になりましたね。

 

モニター価格336000円。注入に伴うリスクとして、内出血があります。

 

ビフォア

before HY & BOT 正面

アフター

1M HY & BOT 正面

 

 

1クリックお願いします。


にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


美容外科ランキング

 


テーマ:

今日から何回かに分けて、フィラー(主にヒアルロン酸製剤とボツリヌス毒素製剤)注入で、顔貌(顔つき)が若返るしくみについて説明したいと思います。

 

第一回目は顔面上部(額、コメカミ、眉間、鼻根、眼窩周辺、目尻周辺)のフィラー注入による若返りについて、です。

 

上部の顔面に生じる代表的な老化サインを挙げると、表情じわとして、

 

額に水平方向に入るしわ、眉間に垂直方向に出来るしわ、鼻根の横しわ、目尻の放射状のしわ、等があります。

 

しわの発現初期の頃は目立たなかったしわも、放置することで徐々に深く刻まれるようになります。

 

皮膚老化に伴う、ヒアルロン酸、コラーゲンの減少、脂肪の減少、表情筋の拘縮などがあります。

 

これらの皺を改善させるためには、ボツリヌス毒素製剤や、しわの性状に適したヒアルロン酸の注入はとても有効な手段です。

 

なぜなら、適切にヒアルロン酸を注入することで、しわを滑らかにするのみならず、

 

ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促すことが出来ますし、

 

適切なボツリヌス毒素製剤注入により、拘縮した表情筋を緩めたり、不必要な(老化を促進させる)表情の癖を矯正することが出来るからです。

 

次に、上部の顔面の老化に伴う形態変化について説明します。

 

最近の研究によれば、額中央部、眉間、上眼窩縁、こめかみの顔面骨は、

 

老化に伴い骨吸収が促進することが、わかってきました。

 

そのため、少しずつ凹状に変化します。

 

ですから、これらの部位に適切なヒアルロン酸製剤を補充注入することは、理にかなった治療であることが、お分かり頂けると思います。

 

以上、適切な診断のもと、適切な部位に、適切なフィラー注入を施すことが、上部顔面の若返りに役立つことがわかって頂ければ幸いです。

 

次回はより重要な、中部顔面のフィラー注入による若返りの仕組みについて説明します。

 

 

1クリックお願いします。


にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


美容外科ランキング


テーマ:

本日は、普段からカトクリをご愛顧賜っている患者様や知人を招いて、


院内でアンチエイジングセミナーを開きました。


お顔のエイジングのしくみを説明した後、とても明るい雰囲気の中、


一部の方には、最新のヒアルロン酸注入やボトックス注射を体験してもらい、


直後の若返り効果を実感してもらったり、


スキンケアを体験して戴きました。


ご参加いただいた方々には感謝申し上げます。


30代から50代前半位までの顔貌の初期から中期老化症状に対しては、


最新のフィラー注入療法や適切なスキンケアを受けられることは、


とても大きな若返り効果につながることが多いと僕は思います。


これらの有益な情報が、少しでも多くの方々に届くよう頑張りたいと思いました。


 

 

1クリックお願いします。


にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


美容外科ランキング


テーマ:

さる日曜日は、僕がふだん行っているフィラー注入を、

 

学んだり体験したいという有志のドクター12人にお集まり頂きプチ勉強会を催しました。

 

とても楽しかったです。ありがとうございました。

 

さて、今回ご紹介する患者さんは44歳女性のフィラーによる顔貌の若返り希望のモニター様です。

 

患者さんのお悩みは、鏡や写真に映る自分の顔が、年と共に、疲れて見えたり、悲しげに見えたりするようになってきていることでした。

 

綿密な診察とカウンセリングを行った上で、最新のフィラー注入法で若返り治療を受けられることになりました。

 

以下に治療前後写真を供覧します。

 

フィラーにはアラガン社のジュビダームボリューマビスタxcを4シリンジとボトックスビスタを使用しました。

 

ビフォア

before HY & BOT 正面

アフター1か月

1M HY & BOT 正面

ビフォア

before HY & BOT 右斜

アフター1か月

1M HY & BOT 右斜

ビフォア

before HY & BOT 右

アフター

1M HY & BOT 右

 

見た目年齢はマイナス5~6歳、溌剌とした感じになりましたね。

 

費用はトータルで364000円(税抜)でした。

 

このフィラー注入療法の合併症リスクとして術後早期の間に内出血が生じる可能性があります。

 

 

1クリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


美容外科ランキング

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス