------------------------------

★アメーバブログ脳神経外科0609

URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/11159786449662.html

★タイトル
意識障害 運転中に突然きたらと思うと不安でアルツハイマーも心配

★テーマ:
御相談者の「内科的な背景要因」も不詳のため
「脳神経外科専門医」場合によっては「内科専門医先生」の併診も必要かもしれません。
御婦人は強いので殿方と異なり「行き着くところまでいって」苦労される方が多いです。
この際は「しっかりとした」精査を受けられることをお勧めいたします。
御相談者の年齢の「意識障害」には必ず「理由」=「原因」があると思われて下さい。

------------------------------






------------------------------

41歳になる専業主婦です。

9月29日の午前1時すぎに突然目覚め、
たとえようがないのですが直感でこのままだと具合が悪くなる・・・と、
突然の恐怖に教われ(実際おなかのあたりがごにょごにょするかんじ)
子供のベッドからおきだし、1歩踏み出したとたん、体がとても重くなり、
2歩3歩とでるうちに体が沈んでいく感じがして後は覚えていません。

娘に起こされたときは床で寝ていました。
娘は私が倒れるときのものすごい音で目覚めたらしいです。
その間5,6分。
なぜ意識がなくなったのか、運転中に突然きたらと思うと不安です。

去年まで学校の役員で忙しくしていたのですが、
今年から暇になったという精神的なもの、また更年期などが重なったのでしょうか。

頭はすっきりしませんし回転も良くなくなりました。

物忘れも激しいし、アルツハイマーも心配しています。

[2004年10月3日 0時21分40秒]

------------------------------




ご心配なことと存じます。

#1
##1
「41歳になる専業主婦です。

9月29日の午前1時すぎに突然目覚め、
たとえようがないのですが直感でこのままだと具合が悪くなる・・・と、
突然の恐怖に教われ(実際おなかのあたりがごにょごにょするかんじ)
子供のベッドからおきだし、1歩踏み出したとたん、体がとても重くなり、
2歩3歩とでるうちに体が沈んでいく感じがして後は覚えていません。

娘に起こされたときは床で寝ていました。
娘は私が倒れるときのものすごい音で目覚めたらしいです。
その間5,6分。
なぜ意識がなくなったのか、運転中に突然きたらと思うと不安です。

去年まで学校の役員で忙しくしていたのですが、
今年から暇になったという精神的なもの、また更年期などが重なったのでしょうか。

頭はすっきりしませんし回転も良くなくなりました。

物忘れも激しいし、アルツハイマーも心配しています」との事です。


#2
##1
「9月29日の午前1時すぎに突然目覚め、
たとえようがないのですが直感でこのままだと具合が悪くなる・・・と、
突然の恐怖に教われ(実際おなかのあたりがごにょごにょするかんじ)
子供のベッドからおきだし、1歩踏み出したとたん、体がとても重くなり、
2歩3歩とでるうちに体が沈んでいく感じがして後は覚えていません。

娘に起こされたときは床で寝ていました。
娘は私が倒れるときのものすごい音で目覚めたらしいです。
その間5,6分」と。

##2
「一時的」な「意識障害」をおこされて御心配なことと存じますがこのとき「痙攣発作」の有無が重用です。

##3
御相談者の御記載内容を熟読させて頂きました。

##4
「御家族」で気づかれたのは「御嬢様」のみのようです。

##5
また御相談者は「ベッド上」から「異変」=「前兆」を認識されていらっしゃいます。
=>
「突然目覚め、
たとえようがないのですが直感でこのままだと具合が悪くなる・・・と、
突然の恐怖に教われ(実際おなかのあたりがごにょごにょするかんじ)
子供のベッドからおきだし・略・」

##6
また「意識障害」のあとそのまま「お休み」になられたようであり
「救急車」にて「脳神経外科専門医」を救急に御受診された御様子でもなさそうです。


#4
##1
「意識障害」には必ず「理由」があります。

##2
しかも御相談者は「意識障害」の「前」に「ベッド上」で前兆に気づかれています。

##3
「去年まで学校の役員で忙しくしていたのですが、
今年から暇になったという精神的なもの、また更年期などが重なったのでしょうか。

頭はすっきりしませんし回転も良くなくなりました」との事ですが。

##4
「体調不良」で「意識障害」はおこらないと思われて下さい。

##5
やはり「脳神経外科専門医」先生を受診され
「脳神経外科」的な精査を受けられておかれたほうが無難であると判断いたします。

##6
お近くのしっかりとした総合病院の「脳神経外科専門医先生」を御受診頂き
精査をされておかれたほうが宜しいでしょう。


#5結論:
##1
9月29日は「水曜日」であり午前1時は「深夜」ですから。

##2
御相談者が「意識障害」のあと「どのような行動」をとられたのか
明確には御記載がないのですが「救急車騒ぎ」はされなかったようです。

##3
御相談者の「内科的な背景要因」も不詳のため
「脳神経外科専門医」場合によっては「内科専門医先生」の併診も必要かもしれません。

##4
御婦人は強いので殿方と異なり「行き着くところまでいって」苦労される方が多いです。

##5
この際は「しっかりとした」精査を受けられることをお勧めいたします。

##6
御相談者の年齢での「意識障害」には必ずや「理由」=「原因」があると思われて下さいませ。

##7
的外れな御回答であればお許し下さい。
けれどもご参考になれば何よりで御座います。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。


何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。


[2004年10月3日 9時12分23秒]








------------------------------

★アメーバブログ脳神経外科0609

URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/11159786449662.html

★タイトル
意識障害 運転中に突然きたらと思うと不安でアルツハイマーも心配

★テーマ:
御相談者の「内科的な背景要因」も不詳のため
「脳神経外科専門医」場合によっては「内科専門医先生」の併診も必要かもしれません。
御婦人は強いので殿方と異なり「行き着くところまでいって」苦労される方が多いです。
この際は「しっかりとした」精査を受けられることをお勧めいたします。
御相談者の年齢の「意識障害」には必ず「理由」=「原因」があると思われて下さい。

------------------------------






------------------------------

★アメーバブログ脳神経外科0608

URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/632764909024448.html

★タイトル
顔のしびれ、肩のしびれ... どの「科」に相談したら良いのか

★テーマ:
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
「緊張型しびれ」(あだ名です)

よく「ストレッチをしましょう」「リラクセーションをしましょう」といわれますが感心しません。
「緊張型」はこのようなもので解決するほど安易なものでは御座いません。
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

------------------------------






------------------------------

お名前:ゆき

1週間強前から左肩にしびれがたまに起きます。

また左目のまぶたがひきつるようにも感じます。

長時間しびれ続けるのではなく1日のうち数回です。

いままでの肩こりとは違います。

2,3日前から左肩のしびれが首の後ろまで広がってきました。

今日は顔のほおのあたりがしびれるように感じます。

PCを長時間使うので目の疲れ・肩こりかとも思いますが、

別の病気かもと思うとどうしてよいかわかりません。

お医者さんにみて頂きたいのですが、

内科か整形外科かどの「科」にかかってよいのかも分かりません。

どの「科」の病院に相談したら良いのか教えて下さい。

よろしくお願いいたします。

[2004年10月7日 2時58分18秒]

------------------------------




ご心配なことと存じます。

#1
##1
「1週間強前から左肩にしびれがたまに起きます。

また左目のまぶたがひきつるようにも感じます。

長時間しびれ続けるのではなく1日のうち数回です。

いままでの肩こりとは違います。

2,3日前から左肩のしびれが首の後ろまで広がってきました。

今日は顔のほおのあたりがしびれるように感じます。

PCを長時間使うので目の疲れ・肩こりかとも思いますが、

別の病気かもと思うとどうしてよいかわかりません。

お医者さんにみて頂きたいのですが、

内科か整形外科かどの「科」にかかってよいのかも分かりません。

どの「科」の病院に相談したら良いのか教えて下さい。

よろしくお願いいたします」との事です。


#2
##1
「長時間しびれ続けるのではなく1日のうち数回です。

いままでの肩こりとは違います・略・
PCを長時間使うので目の疲れ・肩こりかとも思いますが」との「症状・症候」から。

##2
御相談者は元来「肩こり・頸こり・背中こり」を御餅である事が推測されます。

##3
時には「背中ばりばり症候群」(あだ名です)のような
「肩こり・頸こり・背中こり」も御ありであったのではないでしょうか。

##4
御婦人は「痛み」に強いので殿方と異なり
「行き着くところまでいって」苦労される方が多いです。

##5
御相談者の御相談の御記載内容からは
典型的な「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」を御持ちであると考えます。

##6
そしてこの「1週間強前から左肩にしびれがたまに起きます」という「しびれ感」は
「緊張型しびれ」(あだ名です)という「症状・症候」で御座います。

##7
「また左目のまぶたがひきつるようにも感じます」というように
「緊張型」は「目の周囲」或いは「目の奥が痛い」という「目」の「症状・症候」できます。

##8
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」は
「頭痛系の「病態」」であり「機能性頭痛」の一種なのですが
「頭痛系の「症状・症候」」よりも「緊張型しびれ」(あだ名です)とか
「肩こり・頸こり・背中こり」でくることが多いものです。

##9
#3に「機能性頭痛」について簡単に御説明致します。


#3
##1
「機頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。

##2
「機能性頭痛」と呼称される「頭痛系疾患」の一群は各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。

##3
「機能性頭痛」とは「「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」に起因する
「症候性頭痛」でない場合の頭痛を呼称いたします。

##4
上記の中で「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」は
正診断率の大変低い「頭痛系の「「病態」」」で御座います。


#4
##1
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」は
「耳鼻科疾患」「歯科口腔外科疾患」「自律神経失調症」
「メニエル症候群」「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」等とよく間違えられます。

##2
意味も無く「疲労ですね」或いは「ストレスですね」等と医師より図らずともいわれてしまう病態で御座います。

##3
一番困るのは「頚椎の疾患」と間違われることです。

##4
「「頚椎」の5番・6番(C5/C6)の椎間板が磨り減っている」
「「頚椎」の「生理的湾曲」が無く「真直ぐだ」或いは「逆湾曲」だ」といわれてしまいます。

##5
##4で「臨床神経学的」に頚椎X線撮影の画像診断の「症状・症候」が
「臨床症候」と合致すれば何も問題もないのですが。

##5
##4で99%ほぼ100%の患者さんで
「頚椎X線撮影所見」或い「はCT・MRI」は「臨床神経診断学」と合致致しません。

##6
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」は「症状・症候」の発症に時間依存性があります。

##7
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##8
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」は(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##9
よく「ストレッチをしましょう」「リラクセーションをしましょう」とかいわれますが感心しません。
「緊張型」はこのようなもので解決するほど安易なものでは御座いません。

##10
原因はともかく誘引は
###1水分の足りない状態でいらっしゃり
###2夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。

##11
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の治療法ですが
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や外用薬も用いて
場合により神経ブロックを施行いたします。

##12
「2,3日前から左肩のしびれが首の後ろまで広がってきました。

今日は顔のほおのあたりがしびれるように感じます」はよく
「緊張型」の世界では「締めつけ感」と呼称されることが多いです。

##13
この「締めつけ感」を主訴とされて「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#5結論:
##1
御相談者の御相談の御記載内容からは
典型的な「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」で御座います。

##2
通常「頭痛・肩こり・頸こり・背中こり」できますが
「頭痛系の「症状・症候」」としては筆舌つくせない「症状・症候」できます。

##3
とりわけ「目」の「症状・症候」でくることが特徴であり
発症に10月初め-11月といった時間依存性があるのが特徴で御座います。

##4
1年を通じては「節分と紫陽花の花の咲くころ」に「症状・症候」が最も強いのが特徴ですが
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##5
しっかりと治されるためには
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##6
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことを何卒覚えておかれてくださいませ。

##7
大学病院の「頭痛専門外来」の
「頭痛専門医(この名称の専門医はありません)」の先生でも
「偏頭痛」の患者さんは「ごらんになられる」けれども
「緊張型頭痛」の患者さんが苦手な先生は多いものです。

##8
一刻も早い御相談者の「症状・症候」の寛解の得られること
一刻も早い「症状・症候」のご回復を心より御祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。


何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。


[2004年10月7日 8時7分34秒]








------------------------------

★アメーバブログ脳神経外科0608

URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/632764909024448.html

★タイトル
顔のしびれ、肩のしびれ どの「科」に相談したら良いのか

★テーマ:
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
「緊張型しびれ」(あだ名です)

よく「ストレッチをしましょう」「リラクセーションをしましょう」といわれますが感心しません。
「緊張型」はこのようなもので解決するほど安易なものでは御座いません。
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

------------------------------






------------------------------

★アメーバブログ脳神経外科0607

URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/467086511504935.html

★タイトル
指が思うように動かない。ALSではないかと心配になって眠れなくなりました。

★テーマ:
「キー・オペレーター症候群:KOS」の更なる原因としては
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」が隠れているかもしれません。
「緊張型ぴくつき」(あだ名です)
「運動神経病:モーターニューロン病:MND)」を考える必要は少ないと今の私は考えます。

ここでいう「キー・オペレーター」とは広く「ピアニスト」「彫刻家」までも含まれるのです。
「中指・薬指」が不調になると「難曲」はともかく
モーツアルトのピアノソナタ第3楽章の「トルコ行進曲*」が「全く鳴らない」どころか
「ピアノ1年目」から始める練習用の「ハノン教則本の一番初めの「第一番」ですらだめ・と落ち込む方もいます。
30-50歳に出現しやすく「キーオペレーテング」の機会の多いかた・几帳面・勤勉・
そして攻撃的なかたに多いとされています。
男女比は3:1で男性に多く御婦人の3倍です。

------------------------------






------------------------------

お名前:みい

32歳女性です。

ここ1ヶ月、なんとなく指に違和感を感じる程度でさほど気にしていませんでしたが、

ここ数日、両方の中指と薬指が特に気になりだしました。

さらに昨日辺りから左の中指と薬指が特に気になりだし、キーボードを打つにも上手く動いてくれません。

一応キーボードは思ったことを打つのに指を動かす位置を考えながら打たなくていい位、

指と脳が連携してるくらいに打てていましたが、動かそうと気を向けてもなかなか力が入らず、

また違和感があり上手く打つことができません。

右指もやはり少し違和感があります。

左手に取っ手つきのマグカップを持っても薬指だけ力が上手く入らず、

こちらの過去相談をみてALSではないかと突然心配になって眠れなくなりました。

体のぴくつきは前々からありましたが、たいして気にしていなかっただけに余計に不安です。

今のところグーパーの指の折り曲げは問題ありません。

力が入らずいう事をきかない感じです。

どうぞ宜しくお願いいたします。

[2004年10月7日 6時16分59秒]

------------------------------




ご心配なことと存じます。

御相談者の御相談の御記載内容からは
積極的に「運動神経病:モーターニューロン病:motor-neuron desease:MND)」を
考える必要は少ないと今の私は考えます。

「キー・オペレーター症候群:key-operater's syndrome:KOS」の「症状・症候」と考えられます。

「キー・オペレーター症候群:key-operater's syndrome:KOS」自体
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」と関連が深いものです。

下記順を追って御回答致します。

#1
##1
「32歳女性です。

ここ1ヶ月、なんとなく指に違和感を感じる程度でさほど気にしていませんでしたが、

ここ数日、両方の中指と薬指が特に気になりだしました。

さらに昨日辺りから左の中指と薬指が特に気になりだし、キーボードを打つにも上手く動いてくれません。

一応キーボードは思ったことを打つのに指を動かす位置を考えながら打たなくていい位、

指と脳が連携してるくらいに打てていましたが、動かそうと気を向けてもなかなか力が入らず、

また違和感があり上手く打つことができません。

右指もやはり少し違和感があります。

左手に取っ手つきのマグカップを持っても薬指だけ力が上手く入らず、

こちらの過去相談をみてALSではないかと突然心配になって眠れなくなりました。

体のぴくつきは前々からありましたが、たいして気にしていなかっただけに余計に不安です。

今のところグーパーの指の折り曲げは問題ありません。

力が入らずいう事をきかない感じです。

どうぞ宜しくお願いいたします」との事です。


#2
##1
御相談者の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
「左手に取っ手つきのマグカップを持っても薬指だけ力が上手く入らず、

こちらの過去相談でみてALSではないかと突然心配になって眠れなくなりました。

体のぴくつきは前々からありましたが、たいして気にしていなかっただけに余計に不安です。

今のところグーパーの指の折り曲げには問題ありません。

力が入らずいう事をきかない感じです」との「症状・症候」から。

##3
「第3指」・「第4指」の違和感から
「運動神経病:モーターニューロン病:motor-neuron desease:MND)」をご心配されていらっしゃいます。

##4
けれどももしも
「運動神経病:モーターニューロン病:motor-neuron desease:MND)」であるならば
「指全体」の「症状・症候」として・或いは全身の筋肉全体の「脱力」として「症状・症候」があらわれるはず。

##5
だから積極的に
「運動神経病:モーターニューロン病:motor-neuron desease:MND)」を
御心配される必然性は「極めて少ない」ように思われます。


#3
##1
「キー・オペレーター症候群:key-operater's syndrome:KOS」という「病態」概念が御座います。

##2
ここでいう「キー・オペレーター」とは広く「ピアニスト」「彫刻家」までも含まれるのです。

##3
申し合わせたように「中指・薬指」に「違和感・脱力感」を初め
「左手」そしてあとから「両手」の「中指・薬指」の違和感・脱力に「心配」されます。

##4
「ピアニスト」のかたでは「中指・薬指」が不調になると「難曲」はともかく
モーツアルトのピアノソナタ第3楽章の「トルコ行進曲*」が「全く鳴らない」どころか
「ピアノ1年目」から始める練習用の「ハノン教則本の一番初めの「第一番」ですらだめ・と落ち込む方もいます。

*トルコ行進曲(アレグレット)
モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 K.331

##5
「キー・オペレーター症候群:key-operater's syndrome:KOS」は30-50歳に出現しやすく。

##6
「キーオペレーテング」の機会の多いかた・几帳面・勤勉・そして攻撃的なかたに多いとされています。

##7
男女比は3:1で男性に多く御婦人の3倍です。

##8
重症化すると
両手共同運動(bimanual synkinesia : mirror movement)=
「左右の指が同じように鏡のように同時に動く(いてしまう)」ことも御座います。

##9
「ここ数日、両方の中指と薬指が特に気になりだしました。

さらに昨日辺りから左の中指と薬指が特に気になりだし、キーボードを打つにも上手く動いてくれません」との「症状・症候」からは。

##10
「キー・オペレーター症候群:key-operater's syndrome:KOS」の「症状・症候」と考えて宜しかろうと考えます。


#4
##1
「キー・オペレーター症候群:key-operater's syndrome:KOS」は
「筋肉緊張」及び「運動異常的」な「機能障害」で
「筋肉・神経系」の「心身症」とも考えられることがあります。

##2
##1を更に発展させると・また現実的にも
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の患者さんに出現しやすいという特徴も御座います。

##3
「一応キーボードは思ったことを打つのに指を動かす位置を考えながら打たなくていい位、

指と脳が連携してるくらいに打てていましたが」というような
「指=「脳」のような状態の方に「症状・症候」として出やすいものです。

##3
このように考えれば御相談者の「「筋肉」の「ぴくつき」は「緊張型ぴくつき」(あだ名です)ということになります。

##4
御相談者の御記載内容からは「症状・症候」は
「キー・オペレーター症候群:key-operater's syndrome:KOS」ですが。

##5
##4の更なる原因としては
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」が隠れているかもしれません。

##6
現在の「症状・症候」からは積極的に
「運動神経病:モーターニューロン病:motor-neuron desease:MND)」を考える必要は少ないと今の私は考えます。

##7
もしも御相談者には
「頭痛・肩こり・頸こり・背中こり」がお強いようであれば。
「頭痛・肩こり・頸こり・背中こり」の「症状・症候」を主とされて
その他の「症状・症候」は「副」とされて。

##8
しっかりと治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##9
さほど「症状・症候」が御強い様でなければ御様子見で宜しいのではないでしょうか。
如何でしょうか。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。


何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。


[2004年10月7日 9時16分40秒]








------------------------------

★アメーバブログ脳神経外科0607

URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/467086511504935.html

★タイトル
指が思うように動かない。ALSではないかと心配になって眠れなくなりました。

★テーマ:
「キー・オペレーター症候群:KOS」の更なる原因としては
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」が隠れているかもしれません。
「緊張型ぴくつき」(あだ名です)
「運動神経病:モーターニューロン病:MND)」を考える必要は少ないと今の私は考えます。

ここでいう「キー・オペレーター」とは広く「ピアニスト」「彫刻家」までも含まれるのです。
「中指・薬指」が不調になると「難曲」はともかく
モーツアルトのピアノソナタ第3楽章の「トルコ行進曲*」が「全く鳴らない」どころか
「ピアノ1年目」から始める練習用の「ハノン教則本の一番初めの「第一番」ですらだめ・と落ち込む方もいます。
30-50歳に出現しやすく「キーオペレーテング」の機会の多いかた・几帳面・勤勉・
そして攻撃的なかたに多いとされています。
男女比は3:1で男性に多く御婦人の3倍です。

------------------------------