酒さです。ニキビと,吹き出物の,最新美容レーザー治療で名医な,山本クリニック御願い致します。






山本クリニック、 世田谷 東京都、の公式ホームページ

形成外科の公式ホームページ
山本クリニック、世田谷、東京都、のレーザー治療
山本クリニック 、世田谷、東京都,のレーザー治療

山本クリニック、 世田谷、東京都、のレーザーの知識
そして
山本クリニック、 世田谷、東京都、の酒さのレーザー治療相談掲示板


山本クリニック、 世田谷、東京都,の酒さレーザー治療のホームページ

山本クリニック、 世田谷、東京都











酒さ,の、最新のレーザー治療,で有名な,山本クリニック。熊本から週一回通院可能。

赤ら顔,酒さの,ニキビと,吹き出物,の最新のレーザー治療で,名医で有名な,東京にある,世田谷の,山本クリニック世田谷。

酒さの,ニキビと,吹き出物の,最新のレーザー治療で,名医で有名な,東京にある,世田谷の,山本クリニック世田谷。

酒さ。ニキビと,吹き出物の,最新のレーザー治療で,名医で有名な,東京にある,世田谷の,山本クリニック世田谷。

酒さです。ニキビと,吹き出物の,レーザー治療,の名医で有名な,東京にある,世田谷の,山本クリニック世田谷。


酒さです。ニキビと,吹き出物の,最新レーザー治療,で名医で有名な,東京にある,世田谷の,山本クリニック世田谷。

酒さで,最新のレーザー治療,で権威,名医で有名な,,東京にある,世田谷の山本クリニック世田谷,にレーザー治療を御願い致します。

酒さ,の、最新のレーザー治療,で有名な,東京にある,世田谷の,山本クリニック世田谷,にレーザー治療を御願い致します。
熊本から週一回通院可能です。60回数(日)は可能です。







はじめまして。こんにちは。
33歳女です。熊本在住。

ニキビと吹き出物の違いはどのようなものでしょうか。
酒さ:しゅさ、や、アトピーといわれる病気では
結局、顔の皮膚の、俗にいう「にきび」が、苦悩の
症状になることがわかりました。
私も、酒さ:しゅさ、で悩んでいます。

山本クリニック、 世田谷、東京都に
レーザー治療で御世話いなろうとおもっています。

ニキビと吹き出物の違い、そして、化粧品などとの関係
を教えて下さい。

要領の悪いご質問ですみません。


------------------------------
この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=133
 です








俗説的に、ニキビは若い内のもので、20歳(ハタチ)超えたらもう
それは、吹き出物って言います。

このような話を冗談交じりに皆さんも耳にしたことがあるのでは
ないでしょうか。

「20歳超えれば」の境界年齢は、不明瞭ですが、実は、
この話もまんざらではなく重要な部分があるのです。

ニキビには思春期ニキビと、大人ニキビに、俗に、大きく
大別することができます。
この俗にいう、用語をそおまま、今回は用いることに致します。

思春期ニキビはその名の通り、10代の思春期を中心に、男女共に
男性ホルモン(テストステロン等)の働きが活発になります。
これに伴い、皮脂分泌が過剰になることで発生し易くなります。

皮脂が毛穴からスムーズに排出されさえすればニキビにはならな
いのです。けれども、大量に分泌される皮脂は毛穴に詰まってしまいます。
そこで、ニキビとなってしまうことが主な原因となります。


これに対して、大人ニキビというのは、20歳以上に出来易いニキビです。
こちらも、皮脂の分泌と毛穴の詰まりが原因であることには変わり
無いのです。
しかしながら主な原因がストレスや、偏った食事、睡眠不足と
いった様々な生活上の要因で、あるいはこのような要因を生み出す病態が
からだにあることがあります。

肌の正常なターンオーバー(新陳代謝とおきかえても結構です)を
阻害することになります。
このようにして、角質が袋状態に、厚くなり、「「袋(カプセル)」ができます。
その結果、皮脂が。毛穴に詰まります。
そしてニキビとなってしまうことが、主な原因となるのです。
この病態は、皮膚科的には、「毛包炎:もうほうえん」といわれます。

思春期ニキビは成長するに従って男性ホルモンの働きが落ち着い
ていきます。だから、徐々に減少していきます。
正しいスキンケアを心がけることで自然と沈静化していき易いものです。

これに対して、大人ニキビの方は、皮膚のターンオーバーがぎくしゃくした状態
が発生してきます(新陳代謝が衰えている・・で結構です)。
やはり、角質が袋状態に、厚くなり、その結果、皮脂が毛穴に詰まります。
袋の中に、思春期ニキビのアクネ細菌とは異なり、ブドウ状球菌による
感染がおきます。「「袋(カプセル)」が、思春期ニキビよりも大きく
しっかりしています。

だから、そのために、治り難いのです。跡にもなりやすい厄介なものなのです。
顎周りや口元、頬から首にかけてのUゾーンに出来易いのが特徴です。

こちらの場合は肌を清潔に保つことは大切なのです。
けれども、あまりに顔の皮脂を落とし過ぎても、今度は皮膚内部の水分を保湿する力
まで損なってしまいます。
だから、正しい肌のスキンケアを心掛けると共に、睡眠不足の解消が大事です。
これは、睡眠障害にてREM睡眠(レム睡眠)のときに、無意識になります。
このとき、「御自分」で皮膚をひっかいたりしないようにすることが重要です。
多くの、大人ニキビの方の場合、まことに、
規則正しい生活のリズムを心掛ける等が必要になることが重要かつ多いものです。



大人ニキビの方は、ニキビが顔にできると、ついつい気になってしまって触ってしま
う人が大部分です。できるだけ触らないようにしてください。
さらに、無意識であろうと、引っ掻くなどもってのほかです。
皮膚の清潔、と、皮膚に自傷により、浸出液がでてくるなど、絶対にさけるように
することを心がけましょう。


大人ニキビの方はの場合、ニキビは潰すと余計に酷くなってしまいます。

思春期ニキビの場合、中学時代、顔中がニキビだらけになったのを
何とかしようと思い悩むかたもいて思い出もおありでしょう。

子供を手玉に取ったような、悪徳通信販売で手に入れられた「ニキビを消すローラー」
と謳われるようなものを購入されたりは、絶対しないでください。

「ニキビを消すローラー」は、実際はニキビを消すどころか、ニキビを潰してしまうだけ
のモノです。感染を増悪させるだけのものです。
角質が袋状態に、厚くなり、「「袋(カプセル)」ができています。
その結果、皮脂が。毛穴に詰まり感染がおきます。
「「袋(カプセル)はとれてはいないおです。
そしてニキビとなってしまうことが、主な原因となるのです。
それが。ニキビ痕に繋がってしまうというわけですね。

またこれに限らず、男性は女性に比べて、あるいは女子の方でもニキビケアに対する
意識が低いのです。
このよういして、ニキビ痕がクレーターとして残ってしまう方が
多いものなのです。

一般的に女性はニキビケアに対して敏感であるはずなのです。
だから、結果論的には逆に、
あまりニキビ を放置することはしたく無いとおもってしまいます。
男子のようになることは稀なはずですが、
クレーターは当然男子だけのものではありません。
ケア・マインドが乏しく、あるいは忙しかったりで、「方法」を怠ると女性の肌に
もクレーターが出来る可能性は十分にあります。
最近は男子女子平等ですから、女子にも男子以上に、すごいクレーターを作られる
かたもいらっしゃいます。

肌はいつも清潔に致します。そして、しっかりと睡眠を取って、
或は「取れるようにして」ください。
バランスの良い生活と、「お化粧鏡」を、こまめみみて、こまめな
スキンケアを心がけましょう




ニキビの予防に効果があるとされる化粧品や、外用薬は、
洗顔や化粧水、乳液やクリームを始め、種々様々あります。

そしてそれらは単純に、どれが良いと比べられるものでは
ありません。

「その人の肌に合っているかどうか」


が一番重要です。


誰でも他人の肌のことなんかどうでも良いと思っています。
このことに気づかれてください。
「自分の肌に効果があるのかどうか」が一番気になるはずです。



大人ニキビの場合、
ニキビと聞くと、顔や顎周りにできるものだと思いがちです。
「敏感肌」で、肌の弱い方の場合、首や背中や手足にも出来てしまう
厄介なものです。

この場合の原因は主にシャンプーの洗い残りが「お顔」ついたりや、
体質あるいは、御性格などが原因になり易いです。

睡眠をしっかり取り、「御自分」の生活を見直すという基本的なことです。
現実的には、体を洗う前にシャンプーをし、良くすすぐようあ、「方法論」
を考えられると良いでしょう。

またシャンプーやボディーソープも、体への刺激が少ないものを
選ぶと良いと思います。あわないものは即刻やめてください。

極端に肌が弱い人の場合、シャンプー・トリートメント・ボディ
ソープの全てを、植物性のものに変えるなどのことで改善することもあ
ります。

また背中ニキビ用のローションを出しているメーカーもあります。
目に見えない場所なので、これらを利用するときも、一度腕で試したり
されてから、しようされると宜しいでしょう。





ニキビを予防するにあたって、生活スタイルや食生活、あるいは
肌のケアなんかをこまめに行っているのに、なぜかニキビが減ら
ないこともあります。

なんて方は、髪に対する意識が足らない場合がありますので御御注意下さい。。

ニキビに髪が関係あるのと思われる方は、要注意です。

実は頭皮の皮脂が、髪を伝って顔に付くということは
珍しいことではないのです。

そのため日々、シャンプーはしっかりとすすいで、髪のためには
それほど洗い流す必要の無い種類のコンディショナーを使う時も、
できるだけその後に洗顔をするようにします。

にきびの方は、「前髪でかくしたり」されることがあります。
このように、「臭いものにフタをしても」大変な逆効果です。
前髪が顔にかからないよう乾かしたり、眠ったりするときも、無意識にいじらないように
にするべきです。

できれば日中も、髪が額や顔にかからないような髪型にするのが
ニキビ対策としては宜しいです。

また同様の理屈で、枕カバーをまめに取り替えることも意識して
されてください。

寝ている間に汗と共に頭皮や顔の皮脂が、枕カバーに付着します。
=>
これが寝返りを打ったりした時に、顔へ再付着すると、目には見
えない汚れや皮脂が付くことになり、感染を増悪させて、ニキビの増悪の
原因となります。






実は多くの化粧品は石油から出来ています。

そのため知らず知らずのうちに化粧で肌がダメージを受けていて、
肌荒れの原因になっていることがあります。

このようなことは化粧品会社も認識しています。
だから最近では、植物性の自然素材化粧品などが流行の兆しを
見せています。

特にこうしたことに敏感な人や、実際に化粧品が肌に合わなかっ
たことによって肌荒れを起こしてしまった経験の人は、植物性の
自然素材化粧品を選ばれる方も多いようです。

化粧品は高ければ良いというわけでも、安いから悪いというわけ
でもありません。
また自然素材ならどれでも良いというわけでもなく、
或いは科学製品の全てが悪いというわけでもありません。

なによりも御自分の肌に合うか、合わないかということが大切なのです。


ニキビにとって、肌の組織を破壊する紫外線は天敵なのです。
日焼け止めクリームが必要です。
多くの日焼け止めクリームも外用薬なのです。
だから、実はニキビに良くありません。


ではどうすれば良いか。

実は帽子や日傘など、原始的なアイテムが意外と有効だったり
致します。

もしどうしても日中、外へ外出しなければならない用事がある
場合は、様々な工夫で対処するというのもっひとつの方法でしょう。
常に、「下実的に現実的に考える」ということです。

1・例えば洗濯物は午前10時までに干す。

2・買い物は15時以降にする。

このようにして、最も紫外線の多い時間帯に外へ出るのを控えます。
このように心掛けるだけでも、肌への影響は随分と小さくなります。

また化粧下地や、ファンデーション自体に日焼け止め効果のある
ものもありますので、これらを利用するのも1つの方法ですが、
その場合も肌に優しいものを選択する必要があります。
化粧の話をしていると、きりがありません。

但し、夜はしっかりと化粧を落とすことを必ず忘れずに心掛けてください。
また、できるだけ、すっぴん、でいるということも心掛けてください。




洗顔には最新の注意が必要です。

ニキビ予防は、それに対応した薬をつけたり、サプリを飲んだり、
睡眠をしっかり取ったり、肌に保湿したり、食生活を改善したり
といったことも大切かもしれません。
けれども、なによりも、一にも二にも洗顔が大切です。

しかし洗顔することが大切といっても、その方法や頻度が適切で
ないと、かえって肌に悪影響を及ぼす危険性も含んでいます。

特にゴシゴシと顔を手で擦るような洗顔の仕方は厳禁です。
タオルで、ごしごしやるかたはいらっしゃらないでしょうが、
睡眠障害があると、無意識のうちに、やってしまいます。
最近は、むしろ、結構、多い事例です。



適切な方法としては、まず洗顔料を手の平でしっかりと泡立てて、
ふわふわのボール状の泡を作ります。

その出来た泡で、顔などを撫でるように優しく洗いましょう。

もし泡立てが上手くいかないようでしたら、泡立てネットなどを
利用するのも1つの方法です。

洗顔料によっても、泡立ち易いものと、なかなか泡立ち難いもの
とがあります。
自分の肌質に合う洗顔を選びつつ、できるだけ
泡立ち易いものを選ぶのもポイントになってきます。


また皮脂を気にして、1日に何度も何度も洗い過ぎるのは、
良くありません。

皮脂は少ない方が良いですが、全く無しの状態も実は良くないの
です。

肌の皮脂が必要以上に少なくなると、皮膚の水分を保てなくなり、
乾燥の原因となってしまいます。

しっかりと保湿することが肌の状態を保つために必要です。、
しっかりと保湿することのために、しっかりと洗顔をすると
考えられてください。

このため洗顔は、朝に1回、夜に1回の2回で基本的には十分です。
脂性の方や、汗かきの方でも、1日に3回までとするのが良いと
思います。

優しく洗って、絶対肌を傷つけず、
余分な皮脂だけを取ります。
極めて判りやすく言えば、「みずみずしい素肌」を作っていくこと
が肝要です。





"化粧落としに関しては、女性なら誰もが
一家言持っているのでは無いでしょうか。

ぬるま湯の温度に気を付けたり、この様なクレンジング剤が良いなど、
様々な流儀があると思います。

化粧落としで、私が気を付けている点と言えば、そのスピードについてです。

一般的なクレンジング剤には、お化粧を落とす為の成分が含まれています。
「 界面活性剤や、その他の化学物質」などです。

これがお肌に対して負担になる為に、
お化粧落としは、「時間との勝負になる」のですね。
つまり、速ければ速いほど、お肌に優しい訳です。

といっても、お化粧が落ちなければ意味はありませんから、
急ぎすぎも意味がありません。

このあたりの見極めも、個人の判断によると思います。"




結論:
「結局、顔の皮膚の、俗にいう「にきび」が、苦悩の
症状になることがわかりました。
私も、酒さ:しゅさ、で悩んでいます。

山本クリニック、 世田谷、東京都に
レーザー治療で御世話いなろうとおもっています。」
との事です。

上記御解答致しました。

もっともっとお話し致したいことはあります。

「御遠方」から御通院中の患者さんは多いものです。
赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人であれば「レーザー光照射」直後から「化粧」が可能で御座います


綺麗に治したいですね。














この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=133
 です




































------------------------------

★アメーバブログ脳神経外科0020

右後頭部の耳の後ろ辺りが触れると、ピリピリ・チクチク痛く冷感

[2008年10月 1日 22時50分39秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/77302519262685.html

★テーマ:
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」+
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」+
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

------------------------------






お名前:匿名希望

28歳女です。

2日くらい前から、
右後頭部の耳の後ろ辺りが痛いのですが、
触らないと痛みません。

触れると、ピリピリ・チクチクという感じの痛みがします。

触らないと痛みはありません。

手を離して5秒間くらいはピリピリ痛みます。

ずっと痛い訳ではないので大丈夫だと思って放置していますが
これって偏頭痛の一種なんでしょうか?

どういったものかわかれば教えて頂きたいと思い
御相談させていただきました。

宜しくお願い致します。

[2008年10月1日 16時44分41秒]



------------------------------



これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「偏頭痛」正確には「古典的偏頭痛」=「典型的偏頭痛」
の「症状・症候」は
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
見当たりません。

「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。

この中の。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
による「緊張型しびれ(あだ名です)」の「症状・症候」
で御座います。

実際に現実的には
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

但し御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」
の成分もあるようです。
これに関しても言及致します。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++

#1
##1
「28歳女です。
2日くらい前から、右後頭部の耳の後ろ辺りが痛いのですが、
触らないと痛みません。

触れると、ピリピリ・チクチクという感じの痛みがします。

触らないと痛みはありません。
手を離して5秒間くらいはピリピリ痛みます。

ずっと痛い訳ではないので大丈夫だと思って放置していますが
これって偏頭痛の一種なんでしょうか?

どういったものかわかれば教えて頂きたいと
思い御相談させていただきました。」との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「偏頭痛」適切には
「古典的偏頭痛」=「典型的偏頭痛」の「症状・症候」は。

##3
「閃輝暗点:せんきあんてん」や「視野障害」などの
「予徴候:predrome:プレドローム」からまずははじまり。

##4
これらが消失すると同時に
「頭痛系の「症状・症候」」が発症するといった「症状・症候」の
でかたをします。

##5
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
後頭部でもありまた「症状・症候」からも
「偏頭痛」正確には「古典的偏頭痛」=「典型的偏頭痛」とは考えにくい。


#3
##1
御相談者は「肩こり・頸こり・背中こり」」を御持ではないでしょうか。

##2
もしも御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。

##3
この「症状・症候」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」で御座います。

##4
「しめつけ感」「ピリピリ感」できます。

##6
また「仮性眩暈(ふわふわ感)症候群」を伴うのも
特徴です。

##7
入浴にて「症状・症候」は著明に改善される事が
多いものです。

##8
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。

##9
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
「月木おち」(saturday-sunday-monday fall)]

##10
「週末症侯群:week-end syndrome」と呼称し
「休日」が「窮日」となり休息を取れなくなるような特徴も御座います。


#3
##1
「症状・症候」を厳密に考えれば。

##2
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」
の成分も含まれている可能性が御座います。

##3
「ヤコブソン神経(Jacobson’s neve)」=
「tympanic nerve:鼓室神経」とと呼称する「舌咽神経」の末梢枝であり
「鼓室」=「中耳のこと」と「外耳道」の感覚を司るのです。

##4
この「ヤコブソン神経(Jacobson’s neve)」=
「tympanic nerve:鼓室神経」が分布する領域の「疼痛」
系の「症状・症候」の発現するのは
耳と「ユースタキイ管」に限局した神経痛で御座います。

##5
1)ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)という外受容器性疼痛。
1)ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)という外受容器性疼痛。
舌咽神経の中耳と外耳道神経の分布域の「疼痛」の
成分もお持ちの可能性はある。

##6
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」に
関しては

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html

の「過去の御相談と御回答」


耳・顔の痛み [2] [2004年11月14日 10時34分52秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0788187199077619.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0788187199077619.html

を御参照頂けますか。
コピー致します(ただし一部)=>「ごらんくださいませ」








山本クリニック 世田谷 東京
山本クリニック 世田谷 東京



#4
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」です。

##2
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
等ととよく間違えられます。

##3
意味も無く「疲労ですね」或いは「ストレスですね」等
と医師より図らずともいわれてしまう病態で御座います。

##4
一番困るのは「頚椎の疾患」と間違われることです。

##5
実際に現実的には
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##6
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)

##7
しっかり治されるためには「頭痛」「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」「ペインクリニック専門医先生」を
御受診されるのが宜しいと考えます。

##8
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴につき「補足1」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「緊張型しびれ(あだ名です)」について「補足3」に。

御記載致します。御参考になれば何よりです。


#5結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
であり
「緊張型しびれ(あだ名です)」の一種です。

##3
「偏頭痛」正確には「古典的偏頭痛」=「典型的偏頭痛」
の「症状・症候」では御座いません。

##4
しっかり治されるためには「頭痛」「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」「ペインクリニック専門医先生」
を御受診されるのが宜しいと考えます。

##5
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「頭痛」「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっいます。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##6
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##7
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci


++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。


「補足1おわり」


++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」には
「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの時間帯依存性が御座います。

これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。

##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。
1

「補足2おわり」


++「補足3」++++++++++++++++++++++++++++++++++++


しびれがあるとのことですが。
下記については如何でしょうか。

「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
では「特有な「しびれ感」」が「症状・症候」としてでます。


##1
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に
絵に書いたような「しびれ感」があるのが特徴ですが如何でしょう。

##2
まずほかの手指には来ません。

##3
男性が腕時計を眺める上肢の部位に
しびれ感があるのが特徴で御座います。
如何でしょう。

##4
また手のひらが赤く霜「降り状」の白い斑点がないでしょうか。

##5
これらの「症状・症候」は朝方強いという特徴が御座います。

##6
この「しびれ感」は
「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」
が原因と間違われることが多くこの場合は厄介です。

##7
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である
「キアリ・アーノルド奇形」
「脊椎空洞症」等と間違われることがあります。

##8
上肢に「しびれ感」のある患者さんは下肢にも
また下肢に「しびれ感」のある患者さんじは下肢にも「しびれ感」の
有ることが多いものです。

##9
下肢の「しびれ感」の場合は足指の親指・薬指の根元、
・足の甲(足背部)・踝・外側大腿に「しびれ」がきます。

##10
下肢の「しびれ感」の場合膝の裏が「糊付けされたような」
「張り紙様の硬さで「張って」いることが多いものです。

##11
おおくの場合「末梢循環障害」とりわけ「下肢静脈還流不全状態」
で疼痛性歩行障害にいたることが御座います。

##12
またこの「しびれ感」はおかお特に下口唇に「しびれ感」
を併発することが御座います。

##13
また「しびれ感」とも異なるのですが
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の
患者さんは「肘関節」の「甲」のほうに「軽い疼痛」があるのが
特徴でも御座います。



「補足3おわり」


++「ごらんくださいませ」++++++++++++++++++++++++++++++
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」に
関して


山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html

の「過去の御相談と御回答」




耳・顔の痛み [2] [2004年11月14日 10時34分52秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0788187199077619.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0788187199077619.html

コピー致します(ただし一部)=>「ごらんくださいませ」。


ご心配なことと存じます。


#1
##1
「よろしくお願いします。
1 年齢40歳 女
2 高速音で聴くと脳が活性化するというCDを
左耳だけでヘッドフォンで聴いていたところ突然耳の穴の周りに
ビッという電気がはしったような鋭い痛みがきて
耳が熱ぽくほてりがでたので、耳鼻科で診察をしてもらった。

外耳にできものや鼓膜に異常はなく中耳炎ではない・内耳の痛みとも違う。
聴力は低音が若干悪いがそんなに心配ない。と言われた。
痛み止めをもらい様子をみていたが、痛み止めを止めると鋭い痛みがでる。
2週間くらいたってから痛みが耳周辺だけでなく、左の眉の辺りや
左の頭・上の歯茎のあたりまで痛みが広がってきた。
再び耳鼻科でみてもらいCTをとってもらったが蓄膿症とかにはなっていない。

ということで神経内科を受診したが三叉神経痛とは違う。

と言われたが、一応セルシン・ミオナールを処方してもらった。

外出をして街を歩いたり、電車やホームのアナウンスなど大きい音
 のあるところでは、必ず耳がほてり、
それがだんだん中に移動して頭や顔に痛みがきます。

休みの日で自宅で音が少ない環境だと症状が和らぎます。
この痛みはどこからくるのかと痛みがないようにしたいので、
よろしくお願いします。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
御相談者の御相談の御記載内容からは
あまり聞きなれないかもしれませんが
御相談者は
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」という「病態」

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「2つ」を御持ちであると考えます。

##3
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」は
仰々しい病名にもかかわらず御相談者の御記載通り
「左耳だけでヘッドフォンで聴いていたところ突然耳の穴の周りに
ビッという電気がはしったような鋭い痛みがきて
耳が熱ぽくほてりがでたので」
というような「軽度」の「症状・症候」できます。

#4
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」は
「脳神経外科専門医」の「範疇:はんちゅう」の
「病態」で御座います。



#3
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は極めて判りやすくいえば「緊張型頭痛」のことなのです。

##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
と「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」は同時に
併発することが稀ならず御座います。

##3
そして「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」の「病態」から。

##4
「痛み止めをもらい様子をみていたが、
痛み止めを止めると鋭い痛みがでる。
2週間くらいたってから痛みが耳周辺だけでなく、
左の眉の辺りや
左の頭・上の歯茎のあたりまで痛みが広がってきた。」
というように。

##5
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「病態」=
「眉間の痛みと息苦しさ」或いは
「鼻の閉塞感」「両耳の閉塞感」など閉塞感を主とした
「顔面中心症候群」(あだ名です)の「症状・症候」へと
移行していくことが多いものです。

##6
ひとまず「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」について
#4に簡単にご説明致します。


#4
##1
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」とは
「ヤコブソン神経(Jacobson’s neve)」=「tympanic nerve:鼓室神経」
という「舌咽神経痛:glossopharyngeal neuralhia」の
「末梢」の「1枝」の「痛み」なのです。

##2
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」は
「舌咽神経痛:glossopharyngeal neuralhia」と間違われるから
念のため御留意下さい。

##3
「ユウースタキー管」から外耳に「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」
の「症状・症候」は波及いたします。

##4
多くは「耳の穴をおおう・動作」+「外耳道を圧迫する状態」にて
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」は誘発されます。

##5
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」と
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
を併せ持つ患者さんは多いものです。

##6
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
について#5に簡単にご説明致します。


#5
##1
「機頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。

##2
「機能性頭痛」といわれる「頭痛」の一群は
各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。

##3
「機能性頭痛」とは「「中枢神経系の「器質的疾患」
(脳腫瘍や脳血管障害等)」に起因する「症候性頭痛」
でない場合の頭痛を呼称いたします。

##4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
自体正診断率の大変低い「頭痛系の「「病態」」」で御座います。

##5
その理由は御相談者のように「緊張型頭痛」単独ではなく
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」など
「疼痛系の「病態」」と合併・併発発症することにもよります。


#6
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」+
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」は
正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」で御座います。

##2
「耳鼻科疾患」「歯科口腔外科疾患」「自律神経失調症」
「メニエル症候群」「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」
等ととよく間違えられます。

##3
意味も無く「疲労ですね」或いは「ストレスですね」等
と医師より図らずともいわれてしまう病態で御座います。

##4
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。



#7
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴につき「補足1」に。

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」の「季節・時間依存性」につき「補足2」に。


「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」につき
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
での過去の
「御相談と御回答」の耳の痛み [2] [2004年11月11日 15時47分54秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/177979460059763.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/177979460059763.html

コピーを「補足3」に御記載致します。






山本クリニック 世田谷 東京
山本クリニック 世田谷 東京


#8結論:
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」+
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「病態」で御座います。

##3
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

##4
しっかりと治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##5
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」や「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」
が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれ手術下さいませ。


##6
一刻も早い御相談者の「症状・症候」の寛解の得られること・
一刻も早い「症状・症候」のご回復を心より御祈り申し上げます。

・重複に付き略・

--------------------------------------------------------------------------------

お名前:とくこ

よろしくお願いします。
1 年齢40歳 女
2 高速音で聴くと脳が活性化するというCDを
左耳だけでヘッドフォンで聴いていたところ突然耳の穴の周りに
ビッという電気がはしったような鋭い痛みがきて
耳が熱ぽくほてりがでたので、耳鼻科で診察をしてもらった。

外耳にできものや鼓膜に異常はなく中耳炎ではない・内耳の痛みとも違う。
聴力は低音が若干悪いがそんなに心配ない。と言われた。
痛み止めをもらい様子をみていたが、痛み止めを止めると鋭い痛みがでる。
2週間くらいたってから痛みが耳周辺だけでなく、左の眉の辺りや
左の頭・上の歯茎のあたりまで痛みが広がってきた。
再び耳鼻科でみてもらいCTをとってもらったが蓄膿症とかにはなっていない。

ということで神経内科を受診したが三叉神経痛とは違う。

と言われたが、一応セルシン・ミオナールを処方してもらった。

外出をして街を歩いたり、電車やホームのアナウンスなど大きい音
 のあるところでは、必ず耳がほてり、
それがだんだん中に移動して頭や顔に痛みがきます。

休みの日で自宅で音が少ない環境だと症状が和らぎます。
この痛みはどこからくるのかと痛みがないようにしたいので、
よろしくお願いします。

[2004年11月14日 7時45分56秒]

「ごらん下さいませおわり」

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2008年10月1日 22時50分39秒]






------------------------------

★アメーバブログ脳神経外科0020

右後頭部の耳の後ろ辺りが触れると、ピリピリ・チクチク痛く冷感

[2008年10月 1日 22時50分39秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/77302519262685.html

★テーマ:
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」+
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」+
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

------------------------------



------------------------------

★アメーバブログ脳神経外科0019

51歳・男性です。左手薬指の第一関節小指側が指で触ると痺れています

[2008年10月 5日 12時28分29秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/910229804300801.html

★テーマ:しびれ感・上肢末梢神経系

------------------------------






お名前:匿名希望

51歳・男性です。

4日前に朝、起きる時に首の左側の神経を痛めました。

次の日から左手薬指の第一関節小指側が

指で触れるとしびれています。

痛みはありません。

それと毎日横になって肘枕をしていた時に

左手薬指と小指がしびれていました。

今は指先に触れなければ、なんともありません。

心配です。

[2008年10月5日 11時22分53秒]



------------------------------



これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「臨床神経診断学」
からは
「多発性モノニューロパチー:mono-neiropathy(ia) multiplex」
(混乱しやすいが
「多発神経障害:ポリニューロパチー:
poly-neuropaty:poly-neuropathia」ではありません)
である。

「感覚障害・知覚障害」は
「異感覚:デイセステシア:dys-aesthesia」+
「錯感覚:パレステシア:para-aesthaesia」
です。

御相談者は「肩こり・頸こり・背中こり」」を御持ではないでしょうか。
もしも御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。
「緊張型しびれ(あだ名です)」です。

正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

しっかり治されるためには「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」を
御受診されるのが宜しいと考えます。


下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

#1
##1
「51歳・男性です。
4日前に朝、
起きる時に首の左側の神経を痛めました。

次の日から左手薬指の第一関節 小指側が指で触れると
しびれています。
痛みはありません。

それと毎日横になって肘枕をしていた時に
左手薬指と小指がしびれていました。

今は指先に触れなければ、なんともありません。
心配です。」
との事です。

#2
##1
「4日前に朝、
起きる時に首の左側の神経を痛めました。」
は「中枢神経系専門医」或は「「機能性末梢神経障害専門医」
の「診断」なのでしょうか。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からして
「「4日前に朝、
起きる時に首の左側の神経を痛めました。」

「元来からある「肩こり・頸こり・背中こり」」」の
「症状・症候」ではないでしょうか。

##3
いずれにしても
「頚椎・頸髄の障害」の「診断」はされてはいない
と仮定して御回答をさせて頂きます。


#3
##1
ちょっと難しいのですが
「機能性末梢神経障害」は「2種類」に分類されます。
=>##2

##2
1・
「多発神経障害:ポリニューロパチー:
poly-neuropaty:poly-neuropathia」

2-1・
「モノニューロパチー:mono-neuropathy:mono-neuropatia」

2-2・
「多発性モノニューロパチー:mono-neiropathy(ia) multiplex」
です。

##3
「4日前に朝、
起きる時に首の左側の神経を痛めました。

次の日から左手薬指の第一関節 小指側が指で触れると
しびれています。
痛みはありません。」であれば
「感覚障害・知覚障害」の「臨床神経診断学」からは
「モノニューロパチー:mono-neuropathy:mono-neuropatia」
です。

##4
けれども
「それと毎日横になって肘枕をしていた時に
左手薬指と小指がしびれていました。」
であれば。
=>
「多発性モノニューロパチー:mono-neiropathy(ia) multiplex」です。

##5
##3・##4から
総括的に考えれば
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「症状・症候」からは
「多発性モノニューロパチー:mono-neiropathy(ia) multiplex」
ということになります。
(「多発神経障害:ポリニューロパチー:
poly-neuropaty:poly-neuropathia」と混乱されやすいから御注意下さい。)


#4
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
#3のごとく総括的には
「2種類」の「機能性末梢神経障害」のなかで
「多発神経障害:ポリニューロパチー:poly-neuropaty:poly-neuropathia」
ではなく
「モノニューロパチー:mono-neuropathy:mono-neuropatia」
であり
「「それと毎日横になって肘枕をしていた時に
左手薬指と小指がしびれていました。」
との事ですから
「多発性モノニューロパチー:mono-neiropathy(ia) multiplex」
ということになります。

##2
これらの「機能性末梢神経障害」の「感覚障害・知覚障害」
の「症状・症候」ですが。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「尺骨神経:ulnar nerve 」領域の「しびれ感」との事です。

##4
「感覚障害・知覚障害」には
1・「知覚消失:an-aenthsia:アネステシア」
2・「知覚低下:ヒペテシア:hypo-aestaesia」
3・「知覚過敏:ヒペレステシア:hyper-aestaesia」
4・「異感覚:デイセステシア:dys-aesthesia」
5・「錯感覚:パレステシア:para-aesthaesia」
の「5種類」が御座います。

##5
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
上記の「4・」「5・」の何れかである。
=>##6

##6
理由は
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「しびれ」であり。
「感覚が低下」=「知覚低下:ヒペテシア:hypo-aestaesia」や
「感覚が過敏」=「知覚過敏:ヒペレステシア:hyper-aestaesia」
ましてや
「無感覚」=「知覚消失:an-aenthsia:アネステシア」
とは考えられないからです。


#5
##1
極めて判りやすくいえば
#4・##4の
「4・「異感覚:デイセステシア:dys-aesthesia」」は
刺激が加わらないのに「自発的しびれ」のある場合
の「症状・症候」を呼称致します。

##2
#4・##4の
「5・「錯感覚:パレステシア:para-aesthaesia」」
は「指で触ると」等で「不快なしびれ」が「感じられる」場合
を呼称致します。

##3
1・
「4日前に朝、
起きる時に首の左側の神経を痛めました。

次の日から左手薬指の第一関節 小指側が指で触れると
しびれています。
痛みはありません。」からは
=>
「錯感覚:パレステシア:para-aesthaesia」の「症状・症候」。

2・
「それと毎日横になって肘枕をしていた時に
左手薬指と小指がしびれていました。」からは
=>
「異感覚:デイセステシア:dys-aesthesia」
の「症状・症候」です。

##4
「今は指先に触れなければ、なんともありません。」
であれば
「異感覚:デイセステシア:dys-aesthesia」+
「錯感覚:パレステシア:para-aesthaesia」
の両方の「症状・症候」をもたれているが
「異感覚:デイセステシア:dys-aesthesia」の「症状・症候」
の成分が強いといえます。


#6
##1
上記より
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「多発神経障害:ポリニューロパチー:
poly-neuropaty:poly-neuropathia」
の成分を含んだ
「モノニューロパチー:mono-neuropathy:mono-neuropatia」
である。

##2
そして
「感覚障害・知覚障害」からは
「錯感覚:パレステシア:para-aesthaesia」の成分も含んだ
「異感覚:デイセステシア:dys-aesthesia」
の「症状・症候」でいらっしゃると
今現在は考えられます。


##3
「4日前に朝、起きる時に首の左側の神経を痛めました。」
との事です。
「起きる時に首の左側の神経を痛めました。」

「中枢神経系専門医」の「診断」ではなく
御相談者の「かん」での御記載と
仮定させて頂きます。


##4
御相談者の御相談内容要旨御記載

「しびれ」のような場合。

「感覚障害・知覚障害」の場合
一番困るのは「頚椎の疾患」と間違われることです。
=>##5

##5
「絵に書いた餅のようにまたは何かの一つ覚えのように
第5第6頚椎椎間板がすりへっていて「頚椎の弯曲」がおかしい或は
「逆弯曲」だと言われてしまいます。

##6
「臨床神経学的」に頚椎X線撮影の画像診断の「症状・症候」が
「臨床症候」と合致すれば何も問題もないのですが。

##7
このような事例では。
99%ほぼ100%の患者さんで「頚椎X線撮影所見」或いは
「CT・MRI」は「臨床神経診断学」と合致致しません。

##8
「41歳・男性です。
4日前に朝、
起きる時に首の左側の神経を痛めました。」
との事ですが。

##9
迂闊にも「「「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」
を早急に考えてはいけないということです。
一番困るのは「頚椎の疾患」と間違われることです。


#7
##1
御相談者は「肩こり・頸こり・背中こり」」を御持ではないでしょうか。

##2
もしも御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。
この「症状・症候」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」に伴う
「緊張型しびれ(あだ名です)」
の「症状・症候」です。

##3
「41歳・男性です。
4日前に朝、
起きる時に首の左側の神経を痛めました。」との事です。
=>
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんは
朝に最も御症状は強いものです。

##4
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
等ととよく間違えられます。

##5
ストレスには弱くなります。
「因果関係」を逆転すればストレスから「発生」するようにみえるが間違いなのです。

##6
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
「月木おち」(saturday-sunday-monday fall)]

##7
しっかり治されるためには「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」を
御受診されるのが宜しいと考えます。


##8
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、外用薬も用いて
場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)


#8
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」に伴う
「緊張型しびれ(あだ名です)」につき

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から


1・
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」特集10 [2] [2008年 5月17日 20時37分32秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/61066769792615.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/61066769792615.html
を御参照頂けますか。
=>
A4版で「20ページ分」あります。
このなかの
「緊張型しびれ(あだ名です)」につき
「補足1」にコピー致します=>「補足1」。




##2
また「機能性末梢神経障害」の「感覚障害・知覚障害」を
正しく診断されなかったために
翻弄されご苦労をされた患者さんの御相談
としてやや古いですが
2・
「11月からまたしびれ感と右肩の痛み [2] [2005年12月 8日 13時37分 0秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/649268457274051.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/649268457274051.html
を御参照頂けますか。

コピー致します=>「ごらんくださいませ★★★」

##3
「緊張型」の「症状・症候」は
「頭痛系の「症状・症候」」というより
「ふわふわ感」・「くらくら感」或は
「しびれ感があり記憶がおかしい。悩んでいます。」
の如き「症状・症候」できます。






山本クリニック 世田谷 東京
山本クリニック 世田谷 東京


#9結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からの
「感覚障害・知覚障害」は
今現在御記載の「症状・症候」であれば
「臨床神経診断学」からは
「モノニューロパチー:mono-neuropathy:mono-neuropatia」であり
「錯感覚:パレステシア:para-aesthaesia」
です。

##3
けれども御相談者の御相談内容要旨御記載前後
から深く考えれば
「多発神経障害:ポリニューロパチー:poly-neuropaty:poly-neuropathia」
であり
「錯感覚:パレステシア:para-aesthaesia」+
「異感覚:デイセステシア:dys-aesthesia」
である。

##4
##3からは
典型的な「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
に伴う
「緊張型しびれ(あだ名です)」の「症状・症候」です。

##5
しっかり治されるためには「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」を
御受診されるのが宜しいと考えます。

##6
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっしゃいます。
全く「病態名称」すらちんぷんかんぷんなこともあります。

##7
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##8
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。



上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++


#3
-------------------------------
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんには
特有の「しびれ感」=「緊張型しびれ」(あだ名です)
があります。


「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
では「特有な「しびれ感」」が「症状・症候」としてでます。


##1
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に
絵に書いたような「しびれ感」があるのが特徴ですが如何でしょう。

##2
まずほかの手指には来ません。

##3
男性が腕時計を眺める上肢の部位にしびれ感があるのが
特徴で御座います。
如何でしょう。

##4
また手のひらが赤く霜「降り状」の白い斑点がないでしょうか。


##5
これらの「症状・症候」は朝方強いという特徴
が御座います。

##6
この「しびれ感」は
「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」
が原因と間違われることが多くこの場合は厄介です。

##7
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である
「キアリ・アーノルド奇形」
「脊椎空洞症」等と間違われることがあります。

##8
上肢に「しびれ感」のある患者さんは下肢にも
また下肢に「しびれ感」のある患者さんじは下肢にも「しびれ感」の
有ることが多いものです。

##9
下肢の「しびれ感」の場合は足指の親指・薬指の根元、
・足の甲(足背部)・踝・外側大腿に「しびれ」がきます。

##10
下肢の「しびれ感」の場合膝の裏が「糊付けされたような」
「張り紙様の硬さで「張って」いることが多いものです。

##11
おおくの場合「末梢循環障害」とりわけ「下肢静脈還流不全状態」
で疼痛性歩行障害にいたることが御座います。

##12
またこの「しびれ感」はおかお特に下口唇に「しびれ感」
を併発することが御座います。

##13
また「しびれ感」とも異なるのですが
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の
患者さんは「肘関節」の「甲」のほうに「軽い疼痛」があるのが
特徴でも御座います。

-------------------------------


補足1おわり」
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





-------------------------------
「機能性末梢神経障害」の「感覚障害・知覚障害」を
正しく診断されなかったために
ながいこと翻弄されご苦労をされた患者さんの御相談
としてやや古いですが
2・
「11月からまたしびれ感と右肩の痛み [2] [2005年12月 8日 13時37分 0秒] 」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/649268457274051.html


http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/649268457274051.html

を御参照頂けますか。






------------------------------

★アメーバブログ脳神経外科0019

51歳・男性です。左手薬指の第一関節小指側が指で触ると痺れています

[2008年10月 5日 12時28分29秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/910229804300801.html

★テーマ:しびれ感・上肢末梢神経系

------------------------------