おじょーず!Life☆in スイス

おじょーず!Life☆in スイス

スイス人ダンナ様(日本語ペラペラ&ちょっぴり乙女系)&2人の子供達とのスイスライフを綴って行きます♪

スイスでも新型コロナウイルスの感染者が報告されました。


予測できたことですが、やはり本当に入って来ると不安は増大。

 

家族や自分自身が病気になった時もそうですが、とにかくネットで検索してしまう。


そして、余計に不安に駆られるという悪循環。

 

これを今回の新型コロナウイルスについても適用してしまい、不安感いっぱいになっております。

 

こういった新型コロナウイルスの情報を「暗い情報」「不安をあおる」と書かれている事を目にすることもあります。


確かにそうかもしれませんが、自分が信用できる情報をピックアップして、これからの対策や行動に繋げていくことも、私は大切だと考えています。

 

昨日の記事で、備蓄についての我が家の状況についてお話しました。

(昨日記事はコチラ ※アメトピにも掲載

 

あの翌日、ダンナ様の会社帰りに長期保存が効く食料を買ってきてもらったんです。


あまりに爆買いするのも、本当に欲しい人の手に届かないといけないので、我が家は2週間ぐらいはいけるかな?ぐらいのお買い物をしてきてもらいました。

 

ラインナップはほぼダンナ様任せ。

 


米・パスタ・トマトソース・ツナ缶・シリアル。。。

 

そして




とうもろこし缶

・・・好きだよ。だけどさ、備蓄のメンバーとしてどうなのさ?

 


チョコレート、やっぱり買ったんだ。。。

・・・まあ、雪山で遭難した時に食べるメンバーとして入っているぐらいですからね。


しかし、私が好きなのはミルクチョコレートなんだけど。

(買ってきたのはカカオ55%のビター)

 

ダンナ様情報によると、スーパーでの除菌類は売り切れ。

お水も炭酸水は最後のパックを1つ買えただけとのこと。

 

「シュワシュワ(炭酸水)は売り切れてたのに、普通のお水はたくさんあったよ」

 

・・・ガス無しのお水がたくさんあるのなら、炭酸水はただの欠品じゃないのかね。

 

こういった対策中に、私の中で悩みが1つ。

 


食料棚を整理して出てきたいわしの缶詰。

 


賞味期限が思いっきり切れている。

 

日本食が手に入りにくい海外居住者の方ならお分かりいただけると思いますが、結構貴重ですよね、コレ。

 

「賞味期限」は「消費期限」ではない。

よって、食べることはできる。

 

加えて、備蓄を必要としている今。

 

これは万が一に備えて置いておくべきか。

 

でも、新型コロナウイルスがもっと拡大して自宅待機になった時に、これを食べて別の万が一な状態になったら。。。

 

ネガティブな性質の私。

悩みや不安は広がっていくばかりです。


一方のダンナ様。

備蓄用に購入したシリアルを、


「これ美味しそうよね!ファイバーも入ってるし♡ちょっと食べてみましょう!」


あ゛ぁぁぁぁぁ!!

開けるなぁぁぁ!!


開けるの、今じゃないでしょ。

備蓄よ、BICHIKU!!



「クリスピーで美味しい♡」


と、モグモグしているダンナ様。


『備蓄』の意味、分かってんのかね。


呑気なダンナ様とネガティブな私の性質を足して2で割ったら、普通の性質になるのかもしれませんね。。。

 

【お願い】
下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです!
(PC・スマホ・タブレット対応)
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

↓こちらにも1票入れて頂けると嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

 

「まぐまぐ!」より有料メルマガ『ojoの笑えるスイス生活』配信中です。
ブログよりもっとスイスにフォーカスしたお話や、ちょっと笑えるリアルなスイス生活のお話をお届け。
初月無料!いつでも購読解除OK!

ご興味をお持ちの方は、下のバナーをクリックして無料サンプル&詳細をご確認ください♪

皆さまのご登録、心よりお待ちしております。