高校英語! | 宮城で良心的に授業をするプロ家庭教師もりたのブログ

宮城で良心的に授業をするプロ家庭教師もりたのブログ

宮城で家庭教師指導をする「家庭教師のもりた」の日常を綴った日記です。
日々のことから教育論、入試情報など、色々発信していきたいと思います。

高校英語の指導は大変です。文法も複雑だし、単語は中学英語とは段違いに多い。

 



僕が考える、高校英文法のつまずきやすいかつ出題されやすい4大分野は


不定詞(特に形式主語、形式目的語、原型不定詞)

分詞(特にhave+O+分詞、分詞構文、with+分詞+分詞)

関係詞(特に前置詞+関係詞、関係副詞、複合関係詞、関係詞what)

仮定法


だと思っています。


それにもう一つ付け加えるとしたら、比較かなと思っています。



もちろんこれだけ勉強してればいいってものではありませんからね、まんべんなく勉強は必要ですが、特にって意味です。



あとイディオムもあります。テキストで王道なのはネクステージ、学校によってはヴィンテージとかですかね。

量が異常に多い!

なので、特に大事なところを重点的に覚えてもらう感じですかね。ネクステですと、262ページあたりに、頻出イディオム70というコーナーがあるから、そこを確実に覚える。

あと個人的に、prevent O from 〜ingと、be used to 〜ingのような、toの後なのに動名詞がくる厄介なやつは、覚えとくべし。



後は単語をしっかり覚えて、読解練習。


センター試験だと読解問題の方が配点が高いから、そちらでがっつり点数を稼いで、かつ文法を固めてさらなる点数アップ…というのが理想ですが…言うは易く行うは難しなのが現状。

まぁどの教科でもそうなんですけどね。




うおりゃー、頑張ろ。






誠心誠意授業いたします!

詳しくはクリック!
家庭教師のもりた公式サイト

 

 
 



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村






家庭教師 ブログランキングへ