聖なる樹のセラピー日記

聖なる樹のセラピー日記

こんな面白いこと、だまってられない!

過去世を書き換えると、
人生が変わる!
楽しくなる!
自由になる!
 
 本当です。読んでみてね。

さて、先日(8/4)の講座ではポジティブYokoさんがリクエストに応じて遊びに来てくれました。

 

 

相変わらずポジティブパワー全開!! で、同席していた生徒さんたちは「すごい元気をもらえる~!」って。

 

 

いつも「幸せ!」「楽しい!」を連発のYokoさんが、珍しく「マサコさん、話し、聞いて下さい!」って。

 

 

中学生のお子さんが部活に入った、

保護者間でグループLINEを作り、連絡事項等を回すことになった、

(くじ引き?で)Yokoさんがそのまとめ役になった。

 

 

後日、ひとりの保護者から、自分だけグループに招待されていないとクレームの連絡があった、

確認したところ、招待はされていたので、本人の勘違いか、手違いと思われる。

 

 

招待されていると連絡するも、「来てない」と言い張り、Yokoさんのミスを責めるかのような手厳しいメールがくる。

 

 

Yoko:明らかに相手の勘違いだし、ほかの保護者もそれに気づいて、「私から(証拠を見せて)、言ってあげようか?」と申し出てくれたんだけど、まあ、いいやと思って、

 

 

Yoko:いやな思いをさせてごめんね、これからは気をつけるね」みたいな連絡したの。

自分に非がないのはわかってたし、今までならそれを突きつけるとこだけど、今回はすんなりと、彼女が気が済むのならまあいっか、って思って。

 

こっちがそういうふうにしたら、向こうも、「自分も手伝えることがあったら協力するので言って下さいね~」みたいな返事がきて、穏便に終わったの。

 

 

自分にとって、今までにない展開だというYokoさん。

 

 

 

そうですよね~。

正論をぶつけても、相手はきっと自分は間違ってないと言い張るか、

 

あるいは、ほらほら、あなたが間違ってるのよ! と証拠を突きつけてねじ伏せたところで、仮に相手が自分の勘違いと気づいても、Yokoさんに対しては嫌な感情を残すことでしょう。

 

 

私も同じような経験をしたことを思い出しました。

それは8年前のことです。

 

 

以前講座を習った先生とたまたま再会したのをきっかけに、友人も加わって、3人で「解放」の練習を行ったときのこと。

 

 

私が先生のブロックを解放することになりました。

 

 

「子供のことをやってほしい」というリクエストに応えて視ようとしたところ、(それよりも、こっちをやらなきゃ)というイメージが降ってきたので、

先生に、

「ほかにやった方がいいものがあるみたいなので、そっちでもいいですか?」

と聞いてみました。

 

 

先生は黙っていたので、了承を得たものと思い、視にいくと・・。

 

 

途中で、先生がはっとした顔で、

「私は子供のことを視てと言ったのに! (頼んでもいない)人の領域に勝手に踏み込まれるのは、私は嫌なの!」

 

 

そして、こう言ったのです。

マサコさんは信用できないから、(友人の方を見て)○○ちゃん、やってくれる?」

 

 

頭の中が真っ白になりました。

 

 

ちゃんと説明したよね?

許可を得たよね?

 

 

でも、先生ですから言い返すことも出来ず、その場では飲み込むしかありませんでした。

 

 

あんなにいつも「人に対する言葉に気をつけましょう」と、「人を傷つける、傷つけられる」ことに敏感な先生が、本人に向かって「あなたは信用できない」なんて・・・。

 

 

翌日、友人と電話で話していたら、

「マサコさんがほかの解放が浮かんできたから、それをやってもいいですか? って聞いたのに、なんで先生、あんなこと言ったのかと不思議に思った」

と言います。

 

 

私:え~、なんであの場で言ってくれなかったの?

 

 

友人:だって、先生に向かってそんなこと、言えないじゃない。

 

 

先生にメールを送って抗議しようかしら。

先生の勘違いですよ、ほら、友人だってちゃんと聞いていたんですから、って。

 

 

ところが、「どう思う?」と聞くと、友人が、「私ならほっとくかな」って。

 

 

私:え? そうなの?

 

 

友人:うん、別にもういいやって。

 

 

そうなんだ~。

そっか。

私も思い直しました。

 

 

考えてみれば先生は繊細な方なので、

「私はちゃんと許可をとったし、友人だって聞いていましたよ、あなたが聞いてなかっただけですよね?」

なんて言おうものなら、気にしてしまうかもしれません。

 

 

それにこのとき、私は青森の霊能者、木村藤子先生のことを思い出していました。

あのとき、私は椅子に座っていただけで、一言も言葉を発していないにも関わらず、罵倒されたのです。

 

 

★この話です下矢印

 

しかし、それは「揺さぶり」であり、短時間で「気づき」を得るための強行手段でした。

先生はその役を演じさせられただけです。

 

 

それで、今回も先生は私のために「演じさせられた」のではないかと思いました。

 

 

これほどベテランの人であっても、自分の勘違いから人を傷つけることがある。

 

 

それはきっと私だって同じ。

知らないだけで、人を傷つけてることがあるかもしれない。

 

 

友人同士なら指摘できても、私が「教える」立場であれば、生徒さんたちはやはり飲み込むかもしれない。

私だってそうやって許されているんだと。

 

 

人はそんなふうに互いに許し合っているのだと。

 

 

今回のYokoさんの話を聞きながら、相手の間違いを指摘して正論を振りかざしたところで、お互いに嫌な感情が残るだけなのだから、

 

(自分は悪くないのだけれど)相手の気持ちに寄り添って、

「そうだね、嫌な思いをさせてごめんね」って言ってあげるのも「愛」だなと思いました。

 

(もちろん内容にもよりますが)

 

 

私:Yokoさん、それって、「愛」がある方にしかできないの。

愛のある人がそうやって見本を見せてあげるんだよ。

そしてね、その人はいつか自分が逆の立場に立ったときに、

(ああ、自分も以前そんなふうに愛を持って接してもらった)って気づくときがきて、次の人に同じようにしてあげられるの。

そうやって、愛を学んだ人から順順に教えていってあげるんだと思うよ。

 

 

なぜなら、私自身が今になってそう思えるからです。

 

 

ある日突然、気づく時がくるのです。

「あのとき、もしかしたら私の方が間違っていたのに、相手はそんなふうに言ってくれたのかも」って。

 

そのときはわからなくても、ちゃんと潜在意識には残っているのだ思います。

 

 

正論では、人は変えられない。

人は、愛でしか変えられない。

 

 

歳を重ねるごとにその想いは強くなります。

 

 

本当に人は愛を学ぶために輪廻転生しているのだなあって。

 

 

人は「愛」の生き物なので、魂に戻ったときは、相手への憎しみや怒りはすべて手放して許しています。

 

(ですから生まれ変わって、相手に復讐したり仕返しをしたりすることは100%あり得ません)

 

 

逆に、相手へ行った「愛と裏返し」の言動は、罪悪感、後悔、自責の念となって残り、転生しても持ち越してきます。

 

 

だからこそ、今の時代、「解放(清算)」が必要なのです。

 

 

その解放を手伝うために、かつての被害者が転生して関わってくるケースもとても多いのです。

 

 

過去世を視るたびに、その仕組みに感動します。

 

 

ベル 過去の記事をまとめて読むなら電子書籍!

 

 

    一年分の全記事が一冊になっています。下矢印


 

ベル 姉妹版ブログ

『聖なる樹のヒプノセラピー物語』も読んでね!  

 

 

 虹おすすめメニュー

プペコンとにかく人生が楽になる!

      右 心のデトックス1day講座       

プペコン潜在意識の世界を知りたい!

      右 ミラクルセラピー講座

プペコン直観を磨いて引き寄せ体質になりたい!

      右 レイキ伝授

プペコン「聖なる樹」のHPは!右 聖なる樹