明るい不登校サポート・心のとげをぬくシンガーソングライター岩本真弓のブログ@加古川 姫路 明石兵庫

明るい不登校サポート・心のとげをぬくシンガーソングライター岩本真弓のブログ@加古川 姫路 明石兵庫

「不登校で親子ともに傷つく必要はない」が持論。
高3、高2、小6の3姉妹と夫の5人家族。次女が小5から中3まで不登校でホームスクーラー。三女は小3からデモクラティックスクールに通う。
不登校のお母さんが集える場、親子参加型イベントを企画開催。
お母さんサポート

☆いわもとまゆみ のご紹介☆
クローバーはじめまして→★



▼1st miniアルバム【hug-ハグ-】
視聴とご購入はこちらから
CD→ https://hugmusic.base.shop
音声→ https://www.tunecore.co.jp/artists/Mayumi-Iwamoto

 

 

 

照れ 不登校を「力」に変える!無料レッスンプレゼント中です

→ ★詳しくはこちらから★

 

 

娘が学校に

行かなくなったとき

納得できる理由がほしくて

集めたもの。

 

 

娘に明るい未来の展望を

持ってほしくて

与えたかったもの。

 

 

それは、「いい事例」でした。

「エジソンも不登校だった」

「千原ジュニアもそうだった」

「家入さんも」

「オリィさんも」

 ・

 ・

 ・

 

本を読んだり、映像で

不登校のいわば「好事例」を

集めました。

 

 

 

親の私は確かにそれで救われて

娘の将来に期待もできて

この子はどんなオオモノになるんだろうと

ワクワクしたりしていました。

 

 

 

では、その好事例が

娘に役立ったかというと

まったく参考にならんかった

そうです。笑

 

 

 

そんな、特別に才能に溢れた人たちを

紹介されても

「この人たちは特別だから!」と

思っていたそうで。

 

 

 

もっと、普通の事例を

知りたかったんだって。

 

 

 

普通の人の不登校のその後は

どうなってるの?

 

 

 

その生き方を知りたかったんだって。

 

 

 

でも、普通の人は

本や映像にはなりにくいですよね!?

 

 

 

入手するのは難しそうですが、

確かに、娘のいうことは一理ある。

 

 

 

考えてみると、

親って、無意識に

我が子には才能あふれる何モノかに

なってほしいと望んでしまうのかもですね。

 

 

 

はい。エゴです。

 

 

 

既存の枠組みに合わなくて

不登校するくらいなんだから

 

 

 

V字逆転みたいな面白い人生が

待ってるんじゃない!?

 

 

 

何かやってくれるんじゃない!?

みたいな期待、してました。

 

 

 

経験者の娘いわく

 変な期待せんといて!

とのことです。

 

 

 

学校に合わない子の親を

健康的にやろうとすると

 

「”ふつう”のレールから降りる勇気」

がいるけれど

 

 

 

それと合わせて

「平凡さを受け入れる勇気」

もいるようです。

 

 

 

もはや修行のようですね。

 

 

 

 

照れ 不登校を「力」に変える!無料レッスンプレゼント中です

→ ★詳しくはこちらから★

 

 

※6月は明るい不登校ママの会はありません。

次回未定となっています。

 

 

兵庫県加古川市

岩本真弓

 

image


 

 


■不登校の始まり。腹痛は突然でした・・・
https://ameblo.jp/mayutin00/entry-12332197664.html
 

 

-------------------------

岩本真弓 ( 右矢印プロフィール )
 
アドラー心理学 勇気づけ講師