明るい不登校サポート・心のとげをぬくシンガーソングライター岩本真弓のブログ@加古川 姫路 明石兵庫

明るい不登校サポート・心のとげをぬくシンガーソングライター岩本真弓のブログ@加古川 姫路 明石兵庫

「不登校で親子ともに傷つく必要はない」が持論。
高2、高1、小5の3姉妹と夫の5人家族。次女が小5から中3まで不登校でホームスクーラー。三女は小3からデモクラティックスクールに通う。
不登校の親が集える場、子どもが来れる場、親子参加型イベントを企画開催。

☆いわもとまゆみ のご紹介☆
クローバーはじめまして→★



▼1st miniアルバム【hug-ハグ-】
視聴とご購入はこちらから
CD→ https://hugmusic.base.shop
音声→ https://www.tunecore.co.jp/artists/Mayumi-Iwamoto

照れ 不登校を「力」に変える!無料レッスンプレゼント中です

→ ★詳しくはこちらから★

 

 


こんにちは。岩本真弓です。




正しいことを聞いてもうまくできないとき

自分自身にどんな対応をしていますか?





正しいこと。

例えば、不登校子を持つお母さんは

不安を手放して、ご機嫌でいてください。

そうでないと、子どもは負担になって

エネルギーを奪われてしまいます。





のようなことです。

これって、私もよく書いています。





不安を手放せるといいんですよ。

確かにそうなんです。





でも、実際はね

不安になるときがあるでしょう?





色んなことが起こる中で

ご機嫌でいられないときが

あるでしょう?





そんなときに、自分自身に

どんな態度で接しているかで

そのあとが変わってくるんです。





不安は手放さなきゃいけないのに

不安になっている自分はダメだと

「自分の未熟さを責める」のか





不安になっちゃうときもそりゃあるよね

人間だもんね、と

「自分の未熟さを受け入れる」のか。





あなたはどうですか?





これね、受け入れちゃってくださいね。




未熟な自分を否定せず、

そんな風になっちゃうよね、と

現状の自分、現状の気持ちをそのまま

認めてあげてください。





自分自身の未熟さを

そのまま受け入れることを

「自己受容」といいます。





自己受容して

不安に感じる自分を受け入れて

ゆるして

寄り添い続けると





いつのまにか

不安そのものが

小さくなっていくんです。





癒されてしまうんですよ。






望ましい自分じゃない自分である今を認めて

望ましくない感情を押し殺さずに

ちゃんと感じてあげて、




不安だ

腹がたつ

逃げたい

消えてほしい

どんなマイナス感情も





ぜんぶぜんぶ

感じてあげてくださいね。

そして

「そうなっちゃうよね」

「しょうがないよね」




と、超絶あまく

寄り添ってくださいね。




自己嫌悪に陥りがちな方は

「未熟な自分を受け入れる」を

やってみてくださいね。
 

 

 

 

照れ 不登校を「力」に変える!無料レッスンプレゼント中です

→ ★詳しくはこちらから★

 

 

 

 

 

 

兵庫県加古川市

岩本真弓

 

image


 

 

■明るい不登校ママの会

9月21日に開催します。

9月の明るい不登校ママの会 |


■不登校の始まり。腹痛は突然でした・・・
https://ameblo.jp/mayutin00/entry-12332197664.html
 

 

-------------------------

岩本真弓 ( 右矢印プロフィール )
 
アドラー心理学 勇気づけ講師