お久しぶりのブログ更新です。

新型コロナウイルスの件で色々と大変な状況になっていますね。。(>_<)
報道では少しずつ終息に向かっているようだけれど、
人によっていろんな状況下に置かれていると思うので、
簡単に「終息」という言葉を使って良いものかと悩みながらこの文章を打っています。
私自身の生活も、まだまだ「平常通り」とは言い難い部分もありますが、
できるだけ前向きな気持ちで過ごすよう心がけています。


そして、こんな状況下でのご報告となってしまいますが、、


2月に女の子を出産し、お母さんになりました!


日々成長していく娘が、可愛くて可愛くてしかたがないです。
こうして共に過ごす赤ちゃん時代、1日1日が本当に宝物だなぁとしみじみ感じています。
そして、そのように思える日々を過ごせていることに、心から感謝しています。




妊娠・出産も忘れられない貴重な体験!! ...のはずなのだけれど、
驚きと発見が盛りだくさんの育児によって日々記憶が上書きされてて、
だんだんと霞みつつあります...(^^;)
それでも「特別な日々」であったことは間違い無くて、
当時を思うと、とても温かな気持ちになります。

赤ちゃんの誕生を待ちわびる気持ち、お腹が大きくなっていく過程・身体の変化、、

赤ちゃんのことを思いながら、食事をはじめ、今まで生きてきた中で一番身体に気を遣って過ごしたなぁ。

周りの人たちの優しさや思いやりも、本当にありがたかった!

予定日が近づくと、早く赤ちゃんに会いたい気持ちももちろんあったけれど、赤ちゃんと一心同体で過ごす時間がもうすぐ終わってしまうことが少し名残惜しく、さみしくもありました。



出産は、噂通り「とっても痛い!」ものではありましたが、
「陣痛は赤ちゃんが生まれてくるために必要なエネルギー、喜びの痛み、幸せの痛みだ!」「出産は、赤ちゃんとお母さんの初めての共同作業だ!」という思いを噛み締めながら頑張りました(^^)

赤ちゃんが生まれた瞬間、きっと私は感動して泣くのだろうな、、と予想していたのですが、実際は、胸の上に乗せてもらった赤ちゃんがただただ愛おしすぎて、感動する余裕すらなかったです。

"愛おしい" って、こんなに胸の中いっぱいに広がるものなのだなぁ、と、妊娠から現在に至るまで、日々娘から学ばせてもらっています。



それから、昨年の夏に、
都心のマンションから、森の中にある一軒家に引っ越しました。

木々の緑が綺麗で、季節の野花が咲いてて、美しい鳥の声が聞こえて、
小さな畑でとれる新鮮な野菜が美味しくて、もちろん空気が美味しくて、、!

と、いいことばかりのようですが、お風呂に入ろうとしたら、足がたくさんあってニョロニョロと動く"ゲジゲジ"という虫が出没したりガーン
台風が来た時には結構長い期間停電してしまったりショック、、!
自然が豊富な環境故の困難も、日々経験中です霧

***

そんな感じで、、

音楽とは少し離れた生活をしていますが(あ、んでも、娘に毎日へんてこりんなオリジナルの歌は歌ってます。毎日がミュージカルのようです!)、

私の中に"新たなる大切な想い"が日々培われていることは、とても感じています。

いつの日かそれらが音楽になってあふれ出るような気もしています。

その時を楽しみに、
今は目の前の日々を慈しみながら楽しもうと思います。

ではでは、またね!

with love!!

繭子


************************
【繭子HP】http://mayucocoon.com
【Facebook】https://www.facebook.com/cocoon.child
【Twitter】https://twitter.com/cocoon_child
************************