相鉄線・羽沢横浜国大駅開通! | 麻布十番の 元・居酒屋オーナーで現・不動産屋@でんじゃらすお兄さんのためになるブログ!?

相鉄線・羽沢横浜国大駅開通!

明日、11/30に相鉄線が都内に乗入となります。

それに伴い、「羽沢横浜国大」駅が開業となります。

大学のクラスメートで、現在相鉄の開発事業を担当している友人の呼びかけで母校の近くに開業するこの駅に集合することになりました。

イマイチ、マイナー感のある我が母校ですが、こうして駅名になるのはちょっとうれしい。

開通した電車で駅に集まり、大学まで歩いてそのあとどこかに飲みに行く流れですが、卒業以来大学へは行ったことが無いので実に30年ぶりのキャンパスです。まあ、在学中もロクに通ってなかったけどw

まずはJR線「武蔵小杉」と繋がりますが、いずれは東横線とも繋がるんだって。

 

ちなみに、今回、相鉄線が新駅に向かって分岐するのは「西谷」駅からですが、ここは私が清水建設での最後の現場があったところです。

丘の上に凝った形状の煙突があるんですが、これを私一人で担当していました。

当時は「建築の俺がなんでこんな土木みたいな仕事やらされなきゃいけないんだ」と憤っていましたが、今となってはこんなに目立つモノをやらせてもらってよかったかも。

写真の右下に「プール入口」と書いている道路がありますが、煙突がほぼこの高さまで出来上がった頃に、なんと目の前でトビが単管パイプをこの道路に落としてしまい、スローモーションのように落ちていく単管がやがて下を走るクルマの左ドアを貫通するのが見えた時、もう私のキャリアは終わったと思いましたw

アタマが真っ白になった状態で100mの足場を一気に駆け下り、長い周回道路を(このまま心臓が止まってしまったほうがいいかも)と思いながら走って走って丘を下り、パイプがブッ刺さったまま路肩に停まってるクルマの助手席を見ると、なんと、きれいに両足の間をかわし床に刺さってました。

この件はさほど大きなトラブルには発展せず、これのせいで私が進退を問われることはありませんでしたが、ちょうど今後の生き方について思うところがあり、この煙突が完成したときに退社した、そんな思い出があります。

 

明日は久しぶりの仲間との再会を楽しんできます。

 

 

応援クリックは右のアイコンをポチだよ~→→ 不動産投資 ブログランキングへ