早いですね~、今日は一月の最終日です。

そして今週末は立春ということで、

春の準備も考え始めたいところです!

 

そして新築完成間近となれば、

ますます心躍るのではないでしょうか。

 

水害からの復興という視点からみたら

手放しで嬉しい訳ではないかもしれない。

けれど楽しい気持ちで住んで頂きたい、と打ち合わせをして

選んでもらった壁紙は思いがけないほど大胆

 

 

想像していたよりインパクトのあるデザインなので、

提示された品番を再確認したくらいです。

でも落ち着いた色合いで、圧迫感もありませんね。

これはトイレタイムが楽しくなりそうです!

 

また、ネコちゃん達の為に設置した棚には

喜んで乗ってもらえるといいな~、と期待しているので、

お住まいになられて落ち着いたら遊びに行きたいです♪

 

 

2階に工夫したところもありますので、

私がお客様より楽しみにしているのかも。

 

”わくわくが止まらない”

 

って感じですよ~。(島田)

 

長く勤めていると気付かなかった事。

それは、まだまだ”危険な家”が多いという事実!

 

先週のテレビ番組、「クローズアップ現代」見ました?

タイトルはズバリ!

”実は危ない!ニッポンの寒すぎる住まい”

 

なんと、

日本の住宅の約9割20年前の断熱基準を満たしていない

って話しなんです。(え~!そんなにたくさんの住宅が!!)

 

それに冬のリビング室温18℃をクリアしているのは

全国でも北海道・新潟・神奈川だけで、

一番寒かったのが香川県だなんてびっくりです。

 

 

壁や床下に断熱材が入っていなかったり、

入っていてもかなり薄かったりするのでしょう。

 

   

 

窓もすき間だらけの古い木製サッシとか

外の気温をダイレクトに伝えてしまうアルミサッシだったり。

そんな家で日が当たらない中廊下に絨毯を敷いても

暖房している部屋との温度差

血圧が急に上下して命にかかわる状態になりかねません。

 

松山工務店としましては、

その事実をより多くの皆様に知っていただくためにも

様々なカタチで発信していかなければ、と思ってます。

住宅で”健康寿命”を延ばす。

当社の使命ですぞ!(島田)

今住んでいる家に不満がある時

あなたならどうしますか?

 

①リフォームする

②建て替える

③そのままで住み続ける

④引っ越しする

 

賃貸でないなら①か②ってところかな。

 

①は小さな修繕程度の工事から大規模リフォームまでありますし、

②の場合も2世帯にするとか建てる大きさで様々

予算で考えるとしても、

リフォームの見積りが○○万円以上なら建て替えましょう、

というほど明確な基準はなく迷いますよね。

 

リフォームの打ち合わせで見積りを検討していくうちに

建て替えに変更する事になったケースもありました。

 

  

 

このお宅は玄関の向きを移動したので

外壁の補修が必要となり、

ならば、と2階までの一面を張り替えてスッキリ仕上りました。

そして階段を掛け替えたら段差が上がりやすくなり、

窓の鍵に手が届くようになったとの事。

 

ただ金額だけを比較するのではなく

将来的な住まいのイメージを多方面から検討する為に

是非、私達と打ち合わせをしてみませんか?

話せば長~いお付き合いになっていく事でしょう(^^♪ (島田)

あけましておめでとうございます!

・・・でも、今日はもう10日ですね~。

 

皆さんはとっくにお正月気分が抜けているかと思いますが、

昔、大工さん達は”松の内”の15日を境に

仕事始めをしていたそうですよ。ウラヤマシイ

 

 

 

そして、1月17日頃からは立春前の「冬の土用」に入ります。

この期間には土工事などの(土を動かすこと)を避ける、

という考えもあった為、

基礎工事なども行わないのが一般的です。

*現代はそうも言ってられないスケジュールもあります。

 

この、1年で4回ある土用期間の中でも

「夏の土用」丑(うし)の日 がよく知られていますね!

季節の変わり目は気候が不安定になり体調を崩しやすいので、

気を付けて過ごしましょう!っていうご案内みたいなのが”土用”かと。

 

生活や仕事の中にこういった陰陽五行説に由来する考えや

行事なども多く、知れば知るほど興味が深まります。

 

…それにしても、

お正月明け早々に風邪をひいてしまった私は

”もっと大人しくしてなさい”って期間?笑

いえいえ、今年は”更に地に足のついた仕事を”と改めて思うのです!

今年もよろしくお願いします☆(島田)

社長の松山です。

今年は兎年ですね。

 

少し調べましたら【兎の上り坂】ということわざを知りました。

兎は後ろ足が長い為下り坂より上り坂の方が得意だそうです。

何事においても上り坂とは苦しいものですが、

今年は兎年にあやかり今までにない挑戦の年にしてみようと思います。

 

 

 

そこで、今年はモデル住宅を新築します!

しばらく完成見学会や構造見学会を実施しておりません。

やはり当社の住宅を知って頂くには現物を見て頂く事が一番です。

構造見学会を5月。完成見学会を7月に目標とします。

ご案内の際は、是非皆様ご来場下さい。

 

皆さま方に於かれましては、

兎のように跳び回れるほど飛躍の年でありますように

ご祈念申し上げます。

 

本年も社員一同「温もりづくり」を大切に活動して参ります。

よろしくお願い申し上げます。