日本外しの韓国は日本無しでは生きられないしかし日本は韓国無しでも生きられる | 滋賀県近江八幡市から日本国のリフォーム     ブログで言うDay 一級建築士・松井秀夫 

滋賀県近江八幡市から日本国のリフォーム     ブログで言うDay 一級建築士・松井秀夫 

滋賀県近江八幡市から地域の文化価値を活用し地域の活力を作る
近江の町家活用の事は、一級建築士・松井秀夫にご相談を。ID:yqy414


テーマ:

日本外しの韓国は日本無しでは生きられないしかし日本は韓国無しでも生きられる



新駐日大使・李氏 「相互交流で日韓関係改善を」


韓国の新駐日大使に任命された李丙●(イ・ビョンギ)氏は朴槿恵(パク・クネ)大統領から大変な指令をもらっている事が報じられています。


北朝鮮の核実験やミサイル発射などで朝鮮半島が揺れている中、米中韓という日本抜き体制で韓国は自国の優位性を世界にアピールしようとしていますが
その実態は日本がないと韓国はやっていけないわけで、韓国の新駐日大使は反日をエスカレートさせながら、日韓関係の安定化を朴槿恵(パク・クネ)大統領から指示されたことを明らかにした、というのです


産経さんの記事では
「韓国の新駐日大使に任命された李丙●(イ・ビョンギ)氏(65)は31日、ソウルで日本メディアと懇談、朴槿恵(パク・クネ)大統領から日韓関係の安定化を指示されたことを明らかにした。」

とありますが、この内容の表現をNHKさんの記事では

「イ新大使は懇談の中で、「パク・クネ大統領からは『日本との関係が安定するようにしてほしい』と言われた。」
とより具体的に書かれています

産経さんとNHKさんの記事では「若い世代の相互交流で関係を良くし、奨学金などを通じて知的な交流を増やしたい」と構想を述べた。」とか「李氏は慶応大客員教授の経験もあり日本に詳しい。」というところは同じ様に書かれています

が産経さんは
「ただ、歴史認識をめぐっては、韓国が求める「正しい歴史認識」は「客観的真実を備えている」と主張。日本統治時代の「慰安婦」問題などで日本側に態度変化を求めた。」という事や「慶応大客員教授の経験もあり日本に詳しい」が反日に関しても手ごわい交渉相手となりそうだ」と評している」ところがあり、この点は産経では書かれているがNHKには書かれて無いところに報道の違いが出ています

やはり、新駐日大使の一番の本音を語っているのは韓国の紙面に出ている内容にほかならないでしょう


【日韓】新駐日大使「韓日関係にも『信頼プロセス』が必要。日本の歴史認識を正したいが、日本なしで韓国は生きられぬ」
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1369931145/


新駐日大使の李丙ギ(イ・ビョンギ)氏が30日、「南北関係だけでなく韓日関係にも、(対話などを通じ信頼構築を目指す)『信頼プロセス』が必要」との考えを示した。来月4日の赴任を前に、韓国記者団と懇談した。


 李大使は、日本が正しい歴史認識を持ってこそ信頼が築かれると話した。どうすれば日本の歴史認識を正しくできるか悩んでいるという。

 最近問題となっている歴史認識に関する日本の一部政治家の発言に対しては、7月の衆院選を意識した可能性などに言及しながら、「こうしたことは克服していかなければならない」とした。

 また、「長い目でみると、日本を切り離してわれわれは生きられず、韓国なくして日本もありえない。大きな船が未来へ進んで行く中、暗礁のためにぐらついているが、この船が再び未来へと無事進めるよう、最善を尽くす」と強調した。


 大使は正しい発言だけをすればよいとした上で、「日本国民の良識を信じ、大きな枠組みで対応する」と説明した。韓日の指導者層、一般国民同士がともに通じ合えるよう、懸け橋の役割を果たしたい考えだ。


 政治家の交流について、韓日議員連盟の活動などを通じた対話が必要とした。高官交流に関しても「外交部長官を含め、高官交流を頻繁に行うべき」と述べた。


中央日報

http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20130530003200882&domain=6&ctype=A&site=0100000000&mobile


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

転載は以上ですが


「韓国なくして日本もありえない」と自己の立場を擁護する言葉を添えて、日本を切り離してわれわれは生きられずと本音が吐露されているところに、知日派の反日大使の本領が伺えるところであるわけです


日本無くして韓国はあり得ないですが韓国無くして日本はあり得のですから韓国の反日というものが如何に政府によって行われている事であるかが分かる分けで、この点では中国の動きも同じモノがあります


この韓国の動きに関して一番気になる動きはアメリカではないでしょうか、アメリカは自国を有利にする為に北朝鮮や韓国を利用しています、また北朝鮮も韓国もその様なアメリカの思惑を察知して(日本がアメリカからもっと武器を買い、日本がアメリカの言う事を聞く様に動く事で)好き勝手を実現させています


国としての歴史も浅く国の体制が脆弱な朝鮮半島の国は元々が中国の属国として成り立って来ていますから、強い国に迎合する事が国是となっているわけで、独立国家の日本とはまるで国の生き方という本質が違っているのです。


ですから、朝鮮半島の日本を除く米中ソがどのようにこの朝鮮半島の国を利用するか、そんな観点を持って今後の推移を見て行く必要があると申し上げたいわけです。


つまりアカン垂れの国なのに、その存在価値を米中ソが作っている(日本から金を取る為、日本を強くしない為の道具国家)つまり北も南も存在させられているわけで、彼らによって存在できているのではない点を頭に入れて、南北の動きを見る必要がある分けなのです。


ところで知日派と言われる方はアメリカ人にもいますが先の慰安婦問題ではアメリカの知日派と言わる方もウソを正そうとする日本の動きを、「それは日本の恥になる」と言って今の間違いをそのままにしておく様に、という発言をされていますが、日本で生れたからとか、日本の学校を出ているとか日本の軍隊にいたからとかという事と、親日とは一致しない事を冷静に判断しないといけないわけです



朴槿恵(パク・クネ)大統領の父で元大統領の朴 正煕氏は日本の陸軍士官学校出であり高木正雄と名乗っていた方ですが、大統領になった時に徹底して反日教育を始めたり、日本からの補償や在日韓国人にたいして本国に帰そうとせず当時の日本政府に圧力をかけて日本人以上の恩点を与える様にやってきているわけで、日本を知っているから日本に親しいやり方をする、と言うような考えは、世間ではなく世界知らず日本人の全くお人好しの考えであるわけです


第一お隣の国の為と思って戦後の大変な中、日本は中国や韓国に対し莫大な補償や援助をしてきていますが、その事がどう使われたかと言えば、日本を攻撃したり日本に圧力をかける武器や政治力の強化の為に使われて来ています


特に中国へのODAなどは日本を攻撃する為の核ミサイルやアフリカを中国化する為の費用に使われて、日本の先手先手をされる様に日本がお金を無償で差し上げているわけです


日本の国内の常識を世界に使うのはマダマダ遠い先の事なのです、世界の常識は隣人は信用するな、という事なのです。



はげみになりますので宜しくお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

ニコニコ記事一覧http://ameblo.jp/matsui0816/entrylist.html



1級建築士松井秀夫:近江八幡から日本国のリフォームさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス