松田学オフィシャルブログ Powered by Ameba

松田学オフィシャルブログ Powered by Ameba

日本を夢の持てる国へという思いで財務省を飛び出しました。国政にも挑戦、様々な政策論や地域再生の活動をしています。21世紀は日本の世紀。大震災を経ていよいよ世界の課題に答を出す新日本秩序の形成を。新しい国はじめに向けて発信をしたいと思います。


テーマ:

 松田学の新著「サイバーセキュリティと仮想通貨が日本を救う」(創藝社)について、前回から何回かに分けて、本書の内容を簡単にご紹介しながら、このタイトルの意味するところを解説しています。

前回の記事はこちらです↓

https://ameblo.jp/matsuda-manabu/entry-12396569234.html

Amazonでコンピューターサイエンス、暗号通貨ランキングで1位をつけたりしている本書は、おかげさまで良い評価をいただいております。

 前回は、人間(生体)や社会と自然界の間に介在する中間機能(道具→文明、巨大システム)がバーチャルな時空である電脳空間に依存する度合いを強めれば強めるほど、その信頼性、安全性が強く問われ、サイバーセキュリティは「未来社会の番人」であることなど、本書の3章までをご紹介しました。

 今回は、本書の第4章「サイバーセキュリティ完成への道筋」の中から、特に暗号技術の部分について取り上げ、 簡単に解説いたします。

 サイバーセキュリティの要諦は実は「情報セキュリティ」にあり、その脅威のほとんどは、情報の送信者が情報を暗号化し、受け手がこれを復号化するまでを防御する「エンド・トゥ・エンドプロテクション」によってカバーされることは、前回も触れました。


●完全な「エンド・トゥ・エンドプロテクション」へ

 2010年代に入り、サイバーを直接攻撃せず、通信途中に第三者が割り込んでデータを変更する技術が発達しました。これを中間者攻撃(MITMA)と言います(※図参照)。公衆無線LANの普及も、サイト内容の書き換え、利用者が送る情報の改竄や成りすまし、閲覧履歴の盗み見などの被害を発生しやすくしています。


 エンド・トゥ・エンドプロテクション自体は、従来からその必要性が提起されてきたものですが、完全なものは存在していませんでした。その理由は、後述のように、「鍵の配送問題」が存在することです。もし、この難題を克服する暗号技術が開発され、完全なエンド・トゥ・エンドプロテクションが実現すれば、その普及、実装、活用によって、サイバーセキュリティにとどまらず、人類社会全体に大きな可能性が拓かれることになります。

エンド・トゥ・エンドプロテクションを完全に実現するためには、a)「遠隔同期」、及び、b)両者間で用いる完全暗号(Complete Cipher)が必要となります(図※参照)。ここでの重要課題は、「遠隔認証」のために必要なa)の「遠隔同期」が、いかに中間攻撃者による介入を排除して「適切な情報生成者と使用者をシンクロさせる」ことで行われるかでした。

これを完全な形で実現するために、「Remote Synchronization」技術の実現が必要です。すなわち、「Remote Synchronization」の実現→適切な情報生成者と使用者をシンクロさせる「遠隔同期」の実現→中間者攻撃を受けることのない「遠隔認証」の実現→完全なエンド・トゥ・エンドプロテクションの実現、という関係になります。


●遠隔認証と暗号技術

そもそも「遠隔認証」の方式としては、お互いに前もって共有している情報を交換する形態として、かつては「山」と言えば「川」と答える方式があり、現在は、各種の遠隔認証の技術が存在します。

通信手段の発達によって、遠隔地の間で情報を伝える技術は進歩しましたが、戦争時などでは、敵の動向や作戦を把握するための盗聴や、敵を欺くために間違った情報を送り、間違った判断や戦略へとミスリードすることが行われます。情報の秘密を守るために暗号技術が必要とされ、長い年月をかけて進歩してきました。

ドイツ軍が使用していた暗号通信「エニグマ」や、その暗号解読を容易にするためにアラン・チューリングによって開発された世界初のコンピュータ「BOMBE」などが知られています。

太平洋戦争では日本軍が使用していた暗号通信機が米軍側に盗まれ、日本の情報が容易に入っただけでなく、この暗号機を使って送信までなされていたとの未確認情報があります。暗号機が盗まれると、盗聴されるのは分かるとしても、偽の情報を流された時に、それが偽物だと気付かないのは、通信相手が本物かどうか認証する方法がないからです。

ここで問われるのは、認証が必要となった場合に、遠隔の相手を完全に認証することが可能なのかどうかです。現在は、通信を通してID やパスワードを送ることで認証する仕組みが採られている場合が多く、これだけでは簡単に盗まれるため、様々な工夫がなされています。しかし、通信を介してやり取りする情報を用いて認証するのは、通信上で情報を取られて成りすましに合う危険性を根本的には排除できず、遠隔の相手を完全に認証することは不可能とされてきました。

従来より暗号技術の課題とは、錠前と鍵との関係において、①錠前の完全性(開けられない、解読されない)と、②鍵の配送(相手に安全に配送される)の2つをいかに完璧なものにするかにありました。現在広く使われている暗号技術は、「公開鍵方式」と呼ばれているものです。

例えば、アルファベットをずらして暗号化するシーザー暗号の場合、ずらして表記するという法則を示す「アルゴリズム」(ある種の問題を解くための計算の手順、方法)が「錠前」だとすれば、アルファベットを何文字ずらしているかを示すものが「鍵」です。

●「配送問題」を抱える「公開鍵方式」の問題を克服する

公開鍵方式とは、元の文を暗号化するときの暗号鍵と、暗号文を復号化するときの復号鍵を別のものにする非対称鍵方式の暗号アルゴリズムのことで、暗号化には、誰もが入手できる公開鍵を使い、復号には、自分だけが持てる秘密鍵を使用します。あらかじめ他人に公開しておく公開鍵は、相手が自分宛のデータを暗号化するときに使用します。また、自分で保管しておく復号鍵は、公開鍵で暗号化されたデータを復号するときに使用します。

例えば、AがBにデータを送信する場合、AはBが公開している公開鍵でデータを暗号化し、そのデータをBに送り、Bは送られてきたデータを秘密鍵で復号化します。秘密鍵がなければデータを復号化できません。

ただ、公開鍵方式も中間者攻撃に対応できないことが判明し、偽物の公開鍵が出回ることがあり得ることが指摘されているなど、公開鍵方式は十分な堅牢性を有しない技術であることが広く認識されるに至っています。これに代わる方式が未だ存在していないため、仕方なく公開鍵方式が使われているのが実情です。

さらに、最近では「量子コンピュータ」の登場によって、従来は天文学的な長時間をかけた計算も容易にできるようになり、公開鍵方式は解かれてしまうことが予想されています。それへの対策として、量子コンピュータでも解読に膨大な時間を要するアルゴリズムの開発が着手され、解決は「量子暗号」の開発にあるともされていますが、この量子暗号方式も、完全には安全な鍵の配送ができないという指摘があります。

これまで完全なエンド・トゥ・エンドプロテクションが実現しなかったのは、暗号鍵の配送問題が解決しておらず、情報の生成者が暗号化してから使用者がこれを復号化するまでの間、中間者攻撃の可能性を完全には排除できなかったからです。

この問題を克服するために必要なのは、情報の生成者と使用者との間で、秘密情報をあらかじめ共有し、特別な暗号技術を用いて互いの同期をとる排他的な遠隔認証の方式である。「Remote synchronization」とは、この技術を意味する言葉です。

このRemote synchronizationを用いるなら、互いにネットワークでつながっていなくても(互いに同じ時刻に同期を取らなくても)、同期が可能になるとされます(この技術は「非同時同期」と呼ばれまする)。その技術はIoT等の基盤インフラになるとともに、仮想通貨の次なる形態としてのクリプトキャッシュ(暗号貨幣)の実用化など、社会の仕組みを大きく変えることが予想されています。


 詳しくはぜひ、本書をお読みいただければと思います。本章の内容について、引き続き、ご紹介していきます。

 

松田学のビデオレター、第92回は「サイバーセキュリティーを巡る危機管理・その2」

チャンネル桜87日放映。

 こちら↓をご覧ください。

 

 


テーマ:

 松田学が新著「サイバーセキュリティと仮想通貨が日本を救う」(創藝社)を上梓しました。おかげさまで、Amazonコンピューターサイエンス、暗号通貨ランキングで1位をつけております。何回かに分けて、本書の内容を簡単にご紹介しながら、このタイトルの意味するところを解説したいと思います。

  まず、下図が本書の目次です。「はじめに」では、財務官僚だった私が衆議院議員を経て、東大でサイバーセキュリティの研究に携わるようになり、そこから今度は仮想通貨(暗号通貨)の世界に入っていき、いつの間にか、未来社会を展望する絶好のポジションに立つことになった経緯などが記されています。

そして第1章では、このブログでも、次の2回にわたる記事で論じた「第四の波」を中心に、「未来社会の番人」と位置づけるべきサイバーセキュリティが、これから人類社会がさらなる科学技術の進歩で幸福な未来を手中にする上で不可欠の前提として、ますます価値を高めていくことになることを述べています。

・人類に訪れる「第四の波」その1~来たる技術的特異点に私たちはどう向き合うのか~松田学の論考↓

https://ameblo.jp/matsuda-manabu/entry-12391528974.html

 ・人類に訪れる「第四の波」その2~中間機能ゼロ社会の衝撃[未来社会の断面図]~松田学の論考

 https://ameblo.jp/matsuda-manabu/entry-12393570833.html


 第2章では、実際に松田学が衆議院議員として視察で訪れたスウェーデン、デンマーク、エストニアといった高度情報化社会の姿について述べています。そこでは、マイナンバー制度が導入されて間もない日本では考えられない利便性や効率性、さまざまなイノベーションの可能性が実現しています。

しかし、その前提となるのもサイバーセキュリティ。ましてや、AI(人工知能)IoT、ビッグデータ、スマートグリッド、自動運転、フィンテック、ブロックチェーンといった情報技術が急速に日常化するに至り、これらが人類社会で加速度的に進展していく現在、電脳空間の信頼性、安全性の確保は喫緊の課題です。

世界で最初に本格的なサイバー攻撃を受けたエストニアは、その経験をどのように活かそうとしているのか、サイバーセキュリティの世界大会であるブラックハットや、世界中のハッカーたちが万人規模で集まるデフコンを訪問したときの様子なども併せて、この第2章では、海外の事情を紹介し、そこから筆者なりの見方に基づいて大事な論点を抽出しています。


 第3章は、サイバーセキュリティをめぐる日本の現状と課題です。日本がすでに日々、受けているサイバー攻撃による経済的、社会的損失は莫大なものです。いまや、国家安全保障の領域は電脳空間へと大きくシフトしています。


 本章では、日本として取り組むべき政府や各企業の実態を踏まえながら、法制面も含め、真の課題の所在を明らかにしようとしています。

 技術面の課題としては、サイバーセキュリティの相当部分を占めるのが情報セキュリティであり、特に注力すべきなのが、(1)改竄、(2)盗取、(3)成りすましといった情報への攻撃への対策としての「エンド・トゥ・エンドプロテクション」(情報の暗号化から復号化までの防御)であることなども浮き彫りになっています。

 また、技術面の対策にはキリがなく、結局は、人的、社会的な要因に着目し、トータルな視点からサイバーセキュリティを捉えなければ、その完成度は高まらないことについて、全体的な鳥観図も示しています。

本章の第4章以降については、次回以降、ご紹介いたします。

 

松田学のビデオレター、第91回は「サイバーセキュリティーを巡る危機管理」

チャンネル桜724日放映。

 こちら↓をご覧ください。

 

 


テーマ:

 トフラーが提唱した「第三の波」は情報革命でしたが、その帰結として近未来の人類に訪れようとしているのが「第四の波」。この地球上に誕生して以来、道具から始まって、機械、産業や文明、国家など、自らと外界との間に介在する「中間機能」を高度に発達させることで生存域を拡大してきた人類が、今度は、中間機能と一体化する…。そのとき、人類は自分自身の生体を変革させていく存在になる。


私が提唱する「第四の波」については、前回のこのブログでも『人類に訪れる「第四の波」その1~来たる技術的特異点に私たちはどう向き合うのか~』で述べたとおりです。↓

https://ameblo.jp/matsuda-manabu/entry-12391528974.html

巨大化し、いまや私たちの生存に不可欠な中間機能は、情報技術の急速な進歩によって、リアルではないバーチャルな世界、電脳空間によって支配される度合いがどんどん高まっています。IoTAI、フィンテック、自動運転等々、加速度的な進歩を続ける科学技術が拓く夢のような未来社会が語られていますが、その行き着く先にどんな人類社会が待っているのか。


今回は、想像力を膨らまして、現在の科学技術が到達した地点をベースに、そこから実現可能な未来の断面図を、少しばかり描いてみます。

●予想される未来社会と人間の姿

-「ピア・トゥ・ピア社会」の到来

未来においては、距離を超えて点と点が直接触れ合う、距離を超越して自らの周囲のすべてが隣り合わせになる社会が到来するかもしれません。それは、ある漫画で描かれた「どこでもドア」の感覚の実現です。「時空」のうち「空」が消滅する。ユーザーにとってもはや、ネットワークは見えず、存在しないものとなる。あるのは自分と相手だけである。直接握手ができる…。

これまでの二次元の図表によるプレゼンテーションは、三次元の空間を眼前に現出させることにより、よりリアルな形で可能になるでしょう。

「どこでもドア」とは、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』に登場する秘密道具です。片開き戸を模した道具であり、目的地を音声や思念などで入力した上で扉を開くと、その先が目的地になります。ドアのノブに意志読み取りセンサーが組み込まれているため、場所の指定は「いつもの空き地」と言えば近所の空き地になり、「どこでもいいから遠く」と言えば適当な場所になるなど、曖昧な指定が可能です。

「どこでもドア」以外に、これまではSFの世界とされてきたタイムマシン、「ワープ航法」なども、いずれ人類が実現する術を発見する時代が訪れるとも言われています。ちなみに、現代の最先端の物理学や数学では、0次元「点」→1次元「線」→2次元「面」→3次元「立体」→4次元「時間」→5次元「意識」→6次元…から14次元まで法則性を持って定義されるようになっているとされます。

-複数の人生を同時に生きる。

「私はあくまで私である」というアイデンティティの信頼性が確立することによって、これを前提に、バーチャルな時空を介して、様々な種類のリアルな「自己」の形成と活動の可能性が広がっていくかもしれません。そこでは、「一人二役三役」、「多重人格」が、本人の人格の完全認証を前提にして実現することになります。一人一人の人間としての可能性が大きく拡大していく社会が到来するでしょう。

-健康と長寿が保証された人生とヒトの能力の飛躍的向上

健康の確保のため、すでに、ネットワークとつながったウェアラブル端末の人体への装着が進んでいます。パソコンが組み込まれたコンタクトレンズや、膀胱内の尿の量を測定するデバイスの身体への埋め込み(老人ホームなどでの介護の効率を著しくアップ)なども実用化されていく流れにあります。身体に装着するデバイスの微細化が進み、将来は、デバイス不要の健康管理、健康増進も可能になるでしょう。

未来においては、例えば、外出先で身体のどこかに痛みが発生した場合、自動的に応急措置が施されて痛みが除去され、その後、いつでも好きなときに、医師の診断と処方がメッセージとして眼前の空間に現れ、遠隔からの治療が施され、必要な薬が自動的に配送されるということも、十分に考えられると思います。

加齢による脳機能の低下を補うデバイスを脳内に装着する技術がいずれ実用化されると言われています。いずれ、こうしたデバイスがネットワークとつながることで、脳や神経系統の機能が強化され、人間の能力を飛躍的に向上させることも可能になるでしょう。

医療技術の進歩により、現在も毎年、人間の寿命は延びています。「人生百年時代」が言われるようになっていますが、飛躍的に能力を向上させた人間が、150歳を超える健康寿命を手にするようになることが考えられます。

ただし、「死にたくても死ねない」未来社会において、人間の存在のあり方をどう再定義していくかが大きな課題になるでしょう。そんなに長生きしていったい、何をして生きていくんだ、もっと早く死にたいよ…、そんな声が聞こえてきます。

バーチャルリアリティ(VR:virtual reality)という言葉があります。仮想であるという意識を消してしまうほど、まさに現実感覚でリアルな世界を体験できます。極端なことをいえば、たとえ身体機能がなくなっても、脳だけ生存していれば、バーチャルリアリティの世界で人生をさらにエンジョイし続けられる時代が到来するとも言われています。

-ヒューマンオーグメンテ―ション(人間拡張)

人間の能力向上に関しては、東京大学大学院情報学環においても、「ヒューマン・オーグメンテーション(Human Augmentation)」の研究が開始されています。これは例えば、AIが人間の能力を超えるシンギュラリティにどう向き合うかというテーマとも密接に関連しているものだと思います。

従来は、コンピュータはあくまで人間が一定の目的のもとに組成したプログラミングに従って特定の機能を発揮する装置に過ぎず、人間の能力が全体としてコンピュータの能力を上回っていることが想定されてきました。

しかし、すでにコンピュータが自らディープ・ラーニング(深層学習)を行うようになり、2020年頃には言葉の意味を理解するようになるとされており、2030年頃には、これまでの機能特化型の人口知能から汎用人口知能へと進化し、2045年頃に到来するとされるシンギュラリティを迎え、AIが全体として人間の能力を上回るようになったときに、人類がAIに支配される時代が来ることも懸念されています。

このことの真偽はともかく、少なくとも、AI革命によってコンピュータ(AI)が人間の能力を上回っていく流れにある中にあって、「オーグメンテ―ション」により人間とコンピュータが一体化し、ヒトそのものが進化すれば、「人間+コンピュータ」がコンピュータ(AI)の能力を上回る状態が実現することになると考えることが可能です。これにより、人類はシンギュラリティで懸念される事態の克服へと向かうのかもしれません。

東京大学大学院情報学環の「Human Augmentation」という講座では、人間と一体化して能力を拡張させるテクノロジーの可能性が研究されています。これは、人間とテクノロジー・AIが一体化し、時間や空間の制約を超えて相互に能力を強化しあうIoA(Internet of Abilities:能力のインターネット)という未来社会基盤の構築を視野に入れた学問体系を目指すものです。

 具体的には、下図をご覧ください。同講座のホームページから引用したものです。

-人間が人間らしく思う通りに生きていける社会

ヒトが人体として有する機能は、①五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)により外界からの情報を得る、②思考、感性や直感などによってこれを分析・判断して意思を形成する、③身体機能(手足などの身体の動作、発声や表情・目つきなど)をもって外界に働きかける、というものです。これら人体機能には著しい制約があるため、人類は人体の外側に中間機能を生み出し、これら人体機能が中間機能を操作することにより、人類は生存と発展を確保してきたといえます。

いずれ訪れる未来社会では、ヒトは中間機能を操作することなく、ヒトと中間機能が一体化することを通じて、自らが本来具有しているこれら3つの身体機能のみによって、生存、発展していく存在へと変化することが考えられます。

自らの人間として有する力だけで、直接的な「手触り感覚」で思う通りに生きていく、そのような個人が好きなように人々と結びつき、直接触れ合っていく、こうした世の中が実現する可能性が科学技術の発展を基礎にして開かれていくかもしれません。

これは、人間のあらゆる営みが人と人、人とリアルな現実との直接の触れ合いによってなされていた、かつての人間社会に回帰する姿であるともいえます。

●「未来社会の番人」としてのサイバーセキュリティ

以上はあくまで、科学技術の発展が現実にもたし得る可能性の一端について素描してみたものですが、これが人類社会に本当に幸福な未来をもたらすかどうかは、高度に発達した情報システム全体を支える電脳空間の安全性と信頼性にかかっています。

ヒトと中間機能が一体化する「中間機能ゼロ社会」は、その背後において、多くの人々にとって目に見えないバーチャルな電脳空間が支配する巨大システムが支えることになります。情報空間と実空間が一体化し、人間(生体)と実空間(外界)との接触がより直接的になされるようになったとき、そして、ネットワークとつながる中間機能と人間とが一体化したとき、情報空間に対する破壊、攪乱、改ざん、盗取、成りすまし、フェイク情報の流布などの「攻撃」がもたらす被害は極めて甚大なものとなります。

 それは、人間に埋め込まれた無数のデバイスを通じて人間の生命に直接関わるだけでなく、人類の存続自体を直接的に脅かすものとなるでしょう。

現在、サイバーセキュリティは国家安全保障上の課題として、各国でも強く認識されるに至っています。また、サイバーセキュリティをビジネスとして数百の企業が各分野でツールやサービスの提供を行っています。

しかし、人類の未来社会に向けた科学技術の番人としてのサイバーセキュリティのミッションを強く意識した取り組みは、未だ不十分です。

 「第四の波」の到来に当たって、科学技術の進歩に人類が安心して未来を託せるようになるためには、サイバーセキュリティの進歩だけでなく、その「完成」が求められているとすらいえます。

まさに、「サイバーセキュリティなくして、人類に明るい未来なし」です。

 

詳細につきましては、松田学の新著「サイバーセキュリティと仮想通貨が日本を救う」(創藝社)の第1章「科学技術の進歩とサイバーセキュリティ」を、ぜひ、お読みください。

 

松田学のビデオレター、第90回は「気象と技術の想定外~不確実性をリスクに転換する将来投資を」

チャンネル桜713日放映。

 こちら↓をご覧ください。

 

 

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース