婚活5大苦を背負って38歳で結婚したマチコです。

マチコのプロフィールはコチラ

 

旦那君の職場の方々とそのご家族とニコニコ三浦半島の南端「城ヶ島」の海上釣り堀にいってきた。

※真鯛やカンパチ、イサキ等が釣れる。

 

3時間釣り放題で入場料¥2,160 ¥遊漁料8,640の合わせて¥10,800/人

 

この日は旦那君とマチコで40センチ程度の真鯛2匹づつ計4匹釣れた為、¥5,400人/匹ということになる。

なんて、しょうもない計算はご法度。3時間、あっという間だったけど気軽に楽しめるレジャーだ。親戚の子供たちを連れて行くのも危なくてなくていいかもしれない。

 

にしても。

海の釣り堀ははじめてだったんだけど、もっと釣れるものかと思ってた。

行く前は

マチコ「30匹くらい釣れたら、さばくの大変だから放流してよね」

旦那君「いやだ、全部もって帰るで。40匹は釣る自信がある」

 

 

なんて、話してたんだけど・・心配無用。

 

4匹なら、家のお隣のご家族へ1匹。近所に住んでる親戚へ1匹。ということで、2匹さばく程度がちょうどいい。

 

東京湾なんかいくと、キスが50匹とか釣れるんだけど。夜の10時くらいまで内臓を取り続けてると、血みどろの手がだんだん犯人っぽく思えてきたりなんかして。

 

「こうやって、慣れていくのか・・・」とか、妙な気持ちになってしまう。

 

そんなわけで、マチコ的には今回の4匹と3時間という短い時間での釣りは、ちょうどよすぎてとっても良かった。

 

そして帰り道。

 

旦那君の恐怖の車こだわり問題が勃発爆弾

アメトピにも取り上げて頂いた前回の記事「【旦那君】異常な車へのこだわり」コチラ

 

皆さん。これ何をしているかお分かりでしょうか。

 

帰り際、車に乗り込んだマチコの手に魚のうろこがついたのよ。サイズでいくと直径0.5センチ厚みは1mmもない。それを気を遣って、窓の外に放り投げようとした結果、↑の位置にヒラヒラと落下(笑)

 

その様子を凝視していた旦那君、発狂メラメラ

 

車から下車し、レシートをつかって取り除こうと奮闘するも、うろこは既に車と一体に・・・。

 

旦那君「もーマチコ、許さん!」

 

とかなんとか言ってる間に、マチコは、ブログ用の写真をパシャパシャと撮影イヒ

 

旦那君の神経質っぷり少しでも伝わったら嬉しい♪

 

では、今日はこの辺でグラサン

 

 

 

 

 

 

5日間無料メルマガ

 

 

個別相談の予約で本格的にご相談いただく前に、
まずは、LINE@から
マチコとお話したい方は、お気軽に♪