増田恵美です。

 

 


東京はお盆です。

「え?7月なの?」と驚かれますが、東京は7月なんだわよ!

(東京でも市の方では8月の所もあるようです)

 

 


今日は実家に行き、ご先祖様にご挨拶をしてきました。

 

image

 

 

 

 

実家で両親と話をしていて、母の98歳の友人の話になりました。

 

実家のそばに住んでいた弁護士さん(父の会社をお願いしていました)の奥様で、津田塾大学で英語を教えていらっしゃった方です。

 

(私が中学生の頃、英語を教えてもらいに通っていました^^)

 

 

 

 

今は、アメリカに住むお嬢さんと一緒に住んでいますが、年に一度帰国をして、鎌倉に住むお嬢さん宅に1ヶ月ほど滞在をしています。

帰国する度に、母をお食事に呼んでくださるの。

 

 

 

98歳になっても。週に3回の体操教室、ドイツ語とフランス語のお歌のレッスンなど、週に5日は外に出かけるようにしているそうです。

 

 

 

もうほとんど目が見えないので、移動はタクシー、飛行機はファーストクラス。

なぜ日本に住まないのか。

 

 

 

お嬢さんに言われたそうです。

「日本は老人に優しくないからアメリカにいた方がいい」

 

 


大学で英語を教えていた方ですので、アメリカに住んでも言葉の問題はありませんもんね。

 


 

 

欧米に旅行をすると、ハンディキャップパーソンに優しいです。

障がい者だけではなく、小さな子供釣れ、老人が優先ですもの。

 

 

 

今日のニュースでも、4ヶ月の乳児の悲しいニュースが報道されていました。

 

 

 

日本のママは、1人で子育て頑張り過ぎている人だらけ。

私も息子たちが小さい頃は、1人で外出するなんて夢のまた夢。

食べたい時に食べられない。

トイレに行きたくても行けない。

夜泣きをされては、一緒に泣いていました(T_T)

 

 

 

日本では、子供をベビーシッターに預けて外出なんかした暁には、子育て放棄なんて言われちゃいますからね(笑)

 

 

 

 

あ、こんな話を書きたかったのではなく、今日の面白かった話!

 

 

 

実家でお昼ご飯を食べて、一緒に行った長男とお昼寝しました。

(なぜか実家に行くと腑抜けになって眠くなる~あせる

 

 

 

で、私は20分くらいで目が覚めたんだけど、長男が起きません。
 

「ちょっと散歩してくるわ」と、1人で商店街に出かけました。

 

 

 

 

途中で母から電話があり

「〇ちゃん、目が覚めたよ。『ママがいない』って泣いてないから大丈夫」

 

 

 

あははっ!

息子たちが小さい頃、実家に行った時だけと、息子たちを置いて一人で出かけてたからね。

 

 

 

〇ちゃんは、もう23歳ですからにひひ

 

 

 

 

 

 

AD