増田恵美です。

 

 

 

上平薫里さんのお母様が特選を受賞なさった日展。

午前中に行ってきました!

 

 

 

 

 

国立新美術館は何度か行ったことがありますが、日展は初めて。

地下鉄乃木坂の駅直結なので行きやすいのですニコニコ

image

 

 

 

日展て大規模なんですねビックリマーク

そして、どの作品も大きい。

制作にかかる時間、費用も大変なものでしょう。

 

 

 

 

 

工芸美術から見始めました。

この作品好きドキドキと思ったのは、東京都知事賞作品でした。

image

 

 

※撮影禁止の作品以外は撮影可です。

 

 

 

日本画で気になったのは、優しい色合いの藤の絵。

image

 

 

 

そして、漆作品です。

 

image

image

 

 

 

え…私って漆が好きだったんだびっくり

 

 

 

彫刻には余り興味がなくて、いっぱい並んでいる彫刻に驚く(笑)

image

 

 

 

洋画の会場に入ると、油絵具の香りがします。

 

 

気になったのはこの子たち。

優しい色合いで描かれた教会と天使。

image

 

 

枝垂桜のような優しいお花。

image

 

 

なのですが、パキッとした洋画も2点ほど好きだなという絵がありました。

どうやら、優しい色合いと、パキッとした黒っぽい絵の両方が好きみたいです。

これは新しい発見目

 

 

 

 

最後は「書」

 

image

 

 

 

 

気に入った絵の絵ハガキを購入しました。

欲しい作品の絵ハガキがないと係員の方に聞いている人がいたのですが、本人が希望しないと作らないそうです。

 

上平澄江さんの絵の絵ハガキも買いましたよ!

image

 

中央の絵です。

 

 

授賞理由が

 

現代の風景画であるといえる。都会の姿をガラスに映った光で表現している。技術的にも、ガラスを描くのは難しいにも関わらず、的確な描写力で描ききっている秀作である。 

日展のサイトから引用

 

ホントにね!ガラスに映った景色に見えるんです。

会場で写真も撮ってきましたが、見に行っていただきたいので載せないてへぺろ

 

 

 

11月25日まで、六本木にある国立新美術館です。

 

 

 

ついでにボナール展も見てきました。

image

image

 

ボナール展では、以前どこかで見たぞと思う作品があって、川崎市民ミュージアムにある作品でした。

こちらは撮影禁止。

 

 

 

芸術を見るっていいですね!

次はルーベンス展に絶対行くぞ!!

 

 

 

 

 

今日のディオネ。

 

今朝、ディオネが玄関から脱走しましたあせる

 

 

次男が出掛ける時に、私がディオネを抱っこして

「お兄ちゃん、いってらっしゃい」と玄関で見送ったのです。

玄関が閉まったので、ディオネを床に降ろすと…

 

 

 

 

忘れ物をした次男がまた玄関を開けたガーン

次男の足元をすり抜け、外に飛び出しましたあせるあせるあせる

 

 

 

 

慌ててスリッパのまま外に出ると、初めて出た外が怖かったのか、尻尾を下げて隣の家の車の下に入りました。

家から大好きなラムのクリーントライブを持って行っても匂いを嗅ぐだけで出てこない。

雨が降っていたのですが、傘もささず(怖がるので)捕獲作戦。

 

 

 

 

呼んでも出てこない。

大好きなおやつでも出てこない。

大好きなおもちゃでも出てこない。

 

 

 

 

出てきたのは、夫が投げた石でした。

ディオネのサイドをすり抜けて、車の外に出るように投げたのです。

 

 

 

 

ディオネの狩猟本能が発動!!

石を追いかけて出てきたところを捕獲できました。

 

 

 

 

もうね、寿命が縮まったえーん

 

 

 

 

本にゃんは、外が気に入ったみたいで、玄関の下駄箱の上で「開けて」と鳴きます。

二度と脱走しないように、今以上に気を付けないとですショボーンあせるあせるあせる