大阪府河南町議会議員 佐々木きえオフィシャルブログ Powered by Ameba

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

コメントありがとうございます。

コメントを自分で管理していないので、

全く気が付かなかったネガティブ

 

 

 

 

コメントありがとうございます。

ご連絡先がわからないので、

ブログで回答しますね。

 

 

星たか さんからのコメント↓

 

石川こども園

子供が通ってましたが年々悪くなってますね。

こども園になる前くらいまではよかったですが。

用品備品購入強制や延長保育時間の変更など、民間なのでしかたない気もしますがお金儲けしか考えてないのか?と思う事もありますね。

同じ公営のこども園でも中村と石川で預かり時間が違うのはどうかと思います。

役場だけの審査だけでなく、保護者などのアンケートも実施してほしいものです。

それでこそ本当の子育て支援かと思います。

 

 

 

 

 回答↓


右差し石川と中村で預かり時間が違うこと、

知りませんでした。

教えていただいてありがとうございます。


担当の職員さんに確認してみると、

土曜日に

石川は18:00まで、

中村は19:00まで

だそうですね。


住民さんからの要望なので、

石川こども園に伝えて要望してくれるとのことです。

 

あと、保護者アンケートとありますが、

町政全般に言えることですが、

役場主導で一部の住民の意見を聞いて

町政運営している現状から、

たくさんの住民が気軽に意見を言える仕組みを作って

町政に反映できるようにしないとダメですね。

せっかくラインでの情報発信をしているので、

住民さんからもコメントできるようにしてくれと言っています。

 

 

 

 

 

 

星高橋 さんからのコメント↓

 

今年度は理由があって非課税世帯になり就学援助の申請をしました。

ただ援助の事を知らず、今月になってからだったので今年度の分はほぼ受けれないと思います。

申請した月からしか受けれないからです。

申請は5月半ばまでの受け付けですが、非課税世帯か通知がくるのは6月です(一学期内であれば頭から援助)。

ずっと非課税世帯で援助の事を知ってればすぐ申請できますが、知らなければ気付くのが遅れると思います。

援助の知らせも4月のみなので6月に非課税世帯の通知が着ても気付かない。

私はたまたま知人から教えてもらいました。

苦しい思いをしていても助けてくれません。

せめて申請を出した年度分は遡って援助を受ける事ができるようにはならないのでしょうか?

そのようにしてる自治体もあるようです(年度末まで受け付けていてその年度分補助)。

こども1番課とか積極的な子育て支援を目指している河南町なんですから年度内の申請は認めて欲しいです。

なんとかならないものでしょうか?

 

 

 

 

 

回答↓


右差し非課税世帯への就学援助の受付は

一応、5月までの期限になっているそうですが、

事情によりけりで年度途中の受付もするそうです。


遡ることはできませんが、

非課税世帯と決まる前から申請はできるそうです。


なので、「来年は非課税かも…」と心配になったら

申請しといてください。


もし、援助対象じゃなかったら、

「対象外」の通知を受け取るだけなので。


役場の職員さんに確認すると、

就学援助のお知らせは年に1度、

子どもを通じて

各家庭にお手紙を渡してもらっているそうです。


でも、

「子どもを通じてお手紙を渡してもらってる」 

という時、

それがキチンと保護者に渡っている可能性は

50%くらい(佐々木調べ)。


育児をしていると、

ランドセルの奥底で

ぐちゃぐちゃになって眠っているお手紙を

期限が切れてから見つけるなんて

日常茶飯事チーン



 


だから、お知らせの方法だけは

もう少し工夫してくれとお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

他にもコメントを複数いただいていますが、

住民相談を優先に回答していきますね。








 

いつも応援ありがとうございます。

 クリックしていただけると励みになりますラブラブ

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こめ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>