こんにちはまさやですニコニコ




今回はストーリーをおもしろおかしく書いてみました。
第6話とありますが、この話からでも十分ついていける内容になっております。
 

 
キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ
 
「かわいいね」
 
「本当に可愛い!ねぇ、内代さん!」
 
「そうですね可愛いですね!」
 
 
私達はこんな気持ち悪い
ぬいぐるみを女三人で取り囲み
「かわいい」を連呼して
一体何をしているのでしょう
 
原因は私の上司
名賀 沙冷子(なが されこ)先輩
にあります
この上司は私の憧れの先輩で
とても仕事が出来る
キャリアウーマンです
 
私は何度もこの先輩に助けられました
仕事でミスした時
男上司にセクハラを受けた時も
優しく助けてくれるのです笑い泣き
 
私はこの上司に会社を辞めるまでは
一生ついていく
そう決めた先輩なのですラブ
 
でもこの先輩にも弱点が
一つだけあるのです
それはSNSのいいね!の数に弱い
という事でした
 
この気持ち悪いキャラクターは
インスタントグリムでいいね!の数が100万を越えた凄いキャラクターなのですびっくり
 
私は何故なのか
正直疑ってしまいました
でも現実にこのキャラは
100万のいいね!を獲得したのです
そしてこの記録的ないいね!数に
私の憧れの先輩は
食いついてしまったのでした爆笑
 
そして私達は定番のインスタツアー
が決行されたのですショボーン
 
もちろんこんなキャラを
かわいいとは思わないはのですが
私はここで可愛くないとは
言えませんプンプン
 
だから私は
「そうですね、可愛いですね!」
と答えたのです
 
そして憧れの先輩は
私のお世辞に対して
 
一点の曇りなく
「これ欲しいね!爆笑
と言ってきたのです
 
私は嫌な予感がしました
正直私はこんな物の為に
お金をかけるのは耐え難く
こんな物を家に持ち込みたくも
無かったのですショボーン
 
私はだまりこんでしまったのですが
そうするとすかさず
「本当にこれいいですね
欲しいね、ねえ、内代さん
と私に話をふってきたのは
 
私の一つ上の先輩
森 安毛子 (もり あげこ)先輩です
この先輩も私が新人で入ってきた時
とてもお世話になった人なのです
 
仕事の事はもちろん
誰についていけば間違いない等
色々と教えて頂き
そして私と同じように
名賀 沙冷子(なが されこ)先輩を
尊敬する一人なのです
 
でもこの人にも弱点があるのです
とても頑張り屋さんで
とにかくその場を盛り上げよう
という気持ちが高すぎる
という欠点があるのでした
 
何故この性格を欠点と
いうのかというと
みんなの空気が悪い時に
無理矢理、その場を盛り上げようと
不自然な形で部下に
話をふってくるのです
 
今のやり取りでも
この気持ちの悪いぬいぐるみを
欲しがる上司の気持ちを盛り上げる為に
「本当にこれいいですね
欲しいね、ねえ、内代さん」
と私は話をふられて
困りはてているのです
 
もちろんこんな気持ちの悪い
ぬいぐるみは欲しい訳ないのです
真っ黒ボウズと言うネーミングと
外観全てがお世辞にもかわいいと
言える物ではなく
大人気!と書いてあるのが
余りにも疑わしいのです
 
こんな物を買わずに先輩二人に
失礼の無いような断り方を
必死に考えたのです
 
そして私は
「私は今日、5000円しか持って
来てないのです
こんなにかわいいぬいぐるみを
買いたいのは山々なのですが
渋々、今日は買うのを
やめておこうと思います」
 
と私は嘘八百を並べてしまったのですショボーン
 
そうすると憧れの先輩から
「残念ねぇ、内代さんショボーン
と私はねぎらいの言葉をかけられ
私はピンチを脱したのでした
 
私は込み上げてくる感情を押し殺し
「本当に残念です
と嘘をまたついてしまったのでした
 
すると
「そうだ!私がお金貸してあげようかウインク
憧れの先輩はまた切り出してきました
 
それに私は一瞬ビクッとなりましたがびっくり
ここは冷静に
「先輩にお金を貸して貰うなんて
そんな恐れ多いことは
決して出来ませんプンプン
 
と、かたくなに断りをいれたのです
「そう分かったわショボーン
と納得した先輩は
 
森 安毛子さんに
「あなたは買うの?ニコニコ
とまたキラーパスをとばしたのです
 
森さんはその問いかけに対して
今日、私達の会社の給料日だというのに
「わたし‥金欠でして‥残念ですが‥
真っ黒ボウズは買えません
と明らかな嘘をついたのです
 
その事を知ってか知らずか先輩は
「森さんも、残念ねぇショボーン
とさらっと流したのでした
 
これも先輩のいいところで
プライベートでも人の悪口や
後輩たちの詮索やいじめもせず
ただただ流行になんでもかんでも
乗っかる人なのです
 
そして憧れの先輩の決まり文句
「みんな最先端に乗り遅れちゃうわよウインク
と後輩たちに檄を飛ばして
 
 
このぬいぐるみを本当に
12000円も払って自慢気に購入したのですニヤリ
 
その時、流行りというのは
恐ろしいものだと私は実感したのでしたびっくり
 
何はともあれ
私はこのぬいぐるみを
購入することなく切り抜けた!爆笑
私はそう思ったのですが
 
どうやら私の考えが甘かったようですショボーン
このぬいぐるみを
「かわいい」と言ったことにより
 
私達、女三人は
蟻地獄に引きずり込まれるような
恐怖体験をすることになるとは
この時、思いもよらなかったのですショボーン
 
続く
 
キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ
 
 
このぬいぐるみの名前はkotoさんの名前の提案の真っ黒人間の真っ黒の部分のみ採用させて頂きました、kotoさんありがとうございます(^o^)
 

 
ここまで読んで頂きありがとうございますニコニコ
ではまたね✋