ヘミシンクピンポンパン

ヘミシンクピンポンパン

ヘミシンクと幽体離脱体験記

《お知らせ》

お忙しい中、いつも私のブログを応援していただき

ありがとうございます。



これまでの五作に次いで、新たにCD

6弾がPANDORAより販売されています。

タイトルはMASATO in Osaka2014125です。

先々週125PANDORAお話会でのライブです。



これまでのCDお買い上げいただいた方にも

御礼申し上げます。

企画、録音、制作、販売していただいた

PANDORAifさん、日月神事のMさん、

スタッフの皆さん、それにPANDORA

お客様に感謝いたします。



今回のCDには雄大な木星が描かれています。

当日会場では宇宙連合とのセッションが

行われました。

詳しいことはこちらを御覧ください。



ifさんのHP《 マサトCD予約注文受付》

http://www.pandora333.net/oshirase.html

ifさんのブログ《マサトCD発送》

http://xx69zz.blog91.fc2.com/blog-entry-80.html

GermaniaHP

http://germania.main.jp/









ヘミシンクランキング
ヘミシンクランキング

 

 

ところがヘミシンクにとって魂の救出活動は、ものすごく知覚力を向上させるのだ。知覚力というのはスピリチュアル的に言い換えれば、それは霊能力という意味だ。レトリバーバルは霊的力を爆発的に高める効果がある。

(続く)

 

《オリオン・ミッション…夢見る子どもたちNO339》

知覚力を高めるには、夢やヘミシンクワークを正確に精密に記録に取ることが最も大切なことなのだが、それができる人は限られている。自分自身に辛辣に向き合っている、そんな暮らしをしている人でなければできないだろう。

 

引きこもりとか、あるいはほぼ仙人みたいな生活になってしまうかもしれない。ほとんどの人は外に出て騒ぐことが大好きだ。人と人の繋がりを拡大し強化することが楽しいのだ。笑スピセミナーをハシゴしまくり、そこで出会った人たちとスピリチュアルな会話を楽しむ。

 

そんなことで霊性が高まったような気になるのかもしれない。実際には俗性に磨きをかけているだけなのだ。笑スピさんは貴重な時間資源を俗物思考に投資する。自らと向き合うことのできない、そんな笑スピさんにはレトリバーバルはぴったりだ。

 

ヘミシンクによるレトリバーバルはインスタント的霊性修行というほどには、適当でいい加減なものではなく、それなりにずっしりと重く手応えがある。もちろん3分でカルマ解消などと吹聴している似非霊能者のセミナーとは全く次元が違う。

 

しかしそのことによって多くの笑スピさんはレトリバーバルで自らを救世主や神様に祭り上げてしまうことだろう。私の周辺にはそのような神性と俗性の区別も見分けもつかないようなマンガ的低霊能者が何人もいた。あまりにもそれらしい知覚体験をしてしまうから自分で自分を騙してしまう。

 

倒錯し傾注することに何ら疑問を感じず、それどころか積極的にそのさかしま世界に埋没していく。その典型的な例が菌魂女ピロリーヌ香りだが、それはほんの一例に過ぎない。こういう馬鹿者は私がブログを始めた頃、私の周囲にほんとうに呆れるほどたくさんいた。愚かな笑スピどもの頭にあるのはヘミシンクによる霊能商売なのだ。

 

小遣い稼ぎが目的という、どうしようもなく下衆な連中だった。菌魂女もヘミシンクによってわずかばかりの知覚力を得ると、さっさとヘミシンクの看板を引きずり下ろしてしまった。そして生まれながらの霊能者をうそぶき始めるという無節操ぶりで、常識も知性の欠片も羞恥心もない。

 

傍で見ていてこちらが恥ずかしくなるようなモンスターおばさんなのだが、どうしたわけか鴨ネギ族や、羊人間シープルさんはこういう似非救世主にノコノコとくっついていく。レトリバーバルで急速に知覚力を高め、俄か霊能者となってしまった、このようなヘミシンカーは確かに危険だ。

 

ヘミシンクは危険だと宣うスピリチュアル界の警告がまさしく当てはまるのが、このようなマンガヘミシンカーたち…つまりヘミシンクで自分をヒーロー、ヒロインに祭り上げてしまえるような連中だ。笑スピどもはレトリバーバルによって霊能者になりたいという、まるで夢見る子どものような純朴な自己承認欲求を実現させようとする。

(続く)

マサト

 

 

 

 

 

 

 

ヘミシンクランキング
ヘミシンクランキング

 

 

過去記事には《参加者一人ひとりが「自分の家族との繋がり」を見るというワークだった》《自分自身の他の側面を統合していくこともできる》《非物質の側面を統合する事もできる》……

(続く)

 

《オリオン・ミッション…霊能への近道NO338》

そんなことを私は過去記事に書いていた。これはその時のセッション前に行われたフランシーンの講義の記録で、私のノートには上のタイトルと一緒に、そんなことを書いていたようだ。探せば見つかるだろうがもう過ぎたことだ。

 

フランシーンはヘミシンクの世界では伝説のトレーナーとも言われている。さすがに彼女の講義は人を引き付ける。そしてここに挙げたライフラインワークの主題は見事というしかないほどに人を魅了する。私は聞いていてゾクゾクさせられた。

 

残念なことに何故かこの人は一冊の本も書いていない。ヘミシンクセミナーに参加し、彼女の講義を聞いて、いくらか多少は見えるようになったという程度の子供ヘミシンカーが、アホみたいなヘミシンク本を次から次へと出版していた。

 

ヘミシンクで前世鑑定などをやって、にわか霊能者となったそのような子供ヘミシンカーは、スピリチュアル界では、ゲテモノ、キワモノ、笑いものにされていたのだ。そのことを思うと、本物がその体験や積み上げてきた知識や情報を書籍化し、公開しないのは実に残念なことだ。

 

本物は本などは書かないのだろうか。フランシーンや、ジョー・マクモニーグルには訊きたいことが山程あるというのに、彼らはほとんど書かず語ることもない。ヘミシンクの業界で幅を利かせているのは、もうどうしようもないほどマンガで、間抜けで、子供同然のヘミシンカーばかりだ。

 

怒りさえこみ上げてくるのだが、ヘミシンクの界隈はゴミとカスばかりで、馬さんや鹿さんがのどかに闊歩するフィールドになってしまった。ゾンビそこのけの認知症患者が集い合う麗しいお花畑みたいだ。そんなところにはいたくない。あの当時…2009年頃はまだそこまで落ちぶれてはいなかった…と思うのだが。

 

ライフラインはヘミシンク初心者がレトリバーバルに参加するための登竜門みたいなものだった。そのようなものが必要になるのはヘミシンクによる救出活動というのは、それほどまでに近寄りがたいものだからだ。

 

多くの人々がレトリバーバルには退いてしまう。それがいかにも妄想的であるためだ。何らかのこと…それがヘミシンクによる魂の救出なのだが…仮にそのようなことを、もし行えたとしても、まともな人ならそれによって自己不信だけが高まる。

 

そしてヘミシンクに対しても懐疑的になる。レトリバーバルに参入する前に、早くもヘミシンクに見切りをつけてしまう人々は、そのような考えに囚われてしまう。そのようなものは妄想モードを全開にしているだけなのだ。

 

ところがヘミシンクにとって魂の救出活動は、ものすごく知覚力を向上させるのだ。知覚力というのはスピリチュアル的に言い換えれば、それは霊能力という意味だ。レトリバーバルは霊的力を爆発的に高める効果がある。

(続く)

マサト

 

 

 

 

 

 

ヘミシンクランキング
ヘミシンクランキング

 

 

今もライフラインという言葉は使われているのだろうか。それ以前に今もアクアヴィジョンは存在しているのだろうか。私はそんなことも知らないのだ。しかし十数年前、ライフラインは私の記憶ではヘミシンク初心者にとってのレトリーバルのセミナーだった。

(続く)

 

《オリオン・ミッション…時には救世主のようにNO337》

オリオンを探索することは私にとっては長年に渡る夢だった。そこには一体何があるのか、それは書店や図書館に並んでいる天文学の書籍から得られるものでないことは確かだった。にも関わらず私はその方面を追求していた。

 

霊的宇宙??そのようなものを私が思い描けるようになるには、長い長い年月が必要だった。物質界に対して非物質界が存在するなどというのは、これ以上ないほどの戯言だった。それを覆してくれたのは88年89年そして91年と続いた光の体験だった。

 

《関連過去記事》

世にも奇妙な光の物語

https://ameblo.jp/masato356/entry-11321163651.html

光の紐…幽体離脱、バシャールがやってきた レビューⅫ

https://ameblo.jp/masato356/entry-12287882850.html

交差と反転…幽体離脱、バシャールがやってきた レビュー0xd

https://ameblo.jp/masato356/entry-12288187714.html

リアルファンタジア…幽体離脱、バシャールがやってきた レビュー0xe

https://ameblo.jp/masato356/entry-12288485454.html

オリオンの光…幽体離脱、バシャールがやってきた レビュー0xf

https://ameblo.jp/masato356/entry-12288777640.html

メッセージ…幽体離脱、バシャールがやってきた レビュー0x1a(26)

https://ameblo.jp/masato356/entry-12292111145.html

 

体験が人を変える。それ以来私の前にはアストラル宇宙が出現したのだ。私はそこを自由自在に探索できるようになり、物質科学とか宇宙に対する私の考えかた、感じ方は180度ひっくり返ってしまった。反転によって覚醒できる効果の一つが物質科学という宗教からの決別なのだ。

 

物質世界とそれを遥かに超える無限の宇宙が存在するのだ。しかし実際には自由自在というには程遠かった。それを可能にしてくれたのはヘミシンクだった。モンロー研究所のヘミシンクが日本に紹介される日まで待たなければならなかった。それにはなお10年かかった。

 

ライフラインというのはレトリーバルのためのセミナーだったと記憶している。レトリバーバルというのはヘミシンクによる救出行為なのだ。人が苦しんでいる人や動物を祈るとき、まったく同じことが起きていると思うのだが、ヘミシンクはそれを視覚化し人によっては体験化させる。

 

これは通常の祈りや、それにどこかのカルト宗教が行っている折伏などとは決定的に、本質的に違う。神や教祖様に委ねるのではないのだ。当事者が救出を行う。アストラル界で時には神のように、天使のように、あるいは救世主のように振る舞ったりもする。

 

救出するためには、ありとあらゆる手を使う。私の解釈ではヘミシンクによるレトリバーバルは、その救出プロセスの自己正当化的手段によって、自己救済をしているのではないかと思うのだが、まさしくこのライフラインセミナーで起きたことがそれだった。

 

私はベテルギウスを周回する朽ち果てた巨大宇宙船で、眠り続けたままの私の本体を救出したのだ。何が目的のセッションだったのか、ノートを探してももう見つからない。それが行われたのは2009年頃だった。今となってははるか昔のことで、わからなくなってしまった。

 

過去記事には《参加者一人ひとりが「自分の家族との繋がり」を見るというワークだった》《自分自身の他の側面を統合していくこともできる》《非物質の側面を統合する事もできる》……

(続く)

マサト