ヘミシンクピンポンパン

ヘミシンクと幽体離脱体験記

《お知らせ》

お忙しい中、いつも私のブログを応援していただき

ありがとうございます。



これまでの五作に次いで、新たにCD

6弾がPANDORAより販売されています。

タイトルはMASATO in Osaka2014125です。

先々週125PANDORAお話会でのライブです。



これまでのCDお買い上げいただいた方にも

御礼申し上げます。

企画、録音、制作、販売していただいた

PANDORAifさん、日月神事のMさん、

スタッフの皆さん、それにPANDORA

お客様に感謝いたします。



今回のCDには雄大な木星が描かれています。

当日会場では宇宙連合とのセッションが

行われました。

詳しいことはこちらを御覧ください。



ifさんのHP《 マサトCD予約注文受付》

http://www.pandora333.net/oshirase.html

ifさんのブログ《マサトCD発送》

http://xx69zz.blog91.fc2.com/blog-entry-80.html

GermaniaHP

http://germania.main.jp/









NEW !
テーマ:

 

 

すると妙な返事がかえってきた。《どこかで屋台を引っ張っている》というのだ。そしてその声とともに暗闇からその場面が見えてきた。一瞬にして周りは白い世界に切り替わり、彼は屋台を引きながらゆるい坂を上っていた。周囲の白さは霧が立ち込めているのだろうか、それともこれは白い妖気だろうか。屋台の中には首が並べられていた。鍋の中では人の腕や足やぐにゃぐにゃした色とりどりの内臓が、ぐつぐつと煮込まれていた。ミンチのようなものが、浮かび上がっては沈み、沈んでは浮かび上がっていた。このミンチはよく茹でられた脳だった。

(続く)

 

――――――――――――――――――――――――

《9人殺して首を撥ねた男、白石隆浩容疑者…御霊が入れ替わるNO2》

切り落とした誰かの生首に小さな穴をあけて、頭蓋の中の脳を吸い出したのだ。この男は頭の中の神秘に魅せられているようだった。脳を吸い込み掻き出したのは一つだけ…であるようだったが、この男はその猟奇的行為を弁解するような感じを込めて、私にその異様な屋台のアイデントを送ってきた。悪いともすまないとも何とも思っておらず、ただ弁解し説明しなければと思っているのだ。

 

白「頭か首が…命なんだ」

「私は狂っていないし、サイコパスではない」

「冷静に生きている」

 

頭か首が命とは奇妙なこだわりを感じさせる言い方だった。この男にとって頭とはその中身の脳みそのことであり、首とは脳を保持した状態の頭のことらしいのだ。そのようなジャンル分けがきっちりとなされており、それは狂っていない証拠だという。彼は狂ってはいないということを強調したいようだった。

 

私「どのようにして人を殺したのですか?」

「ワンルームマンションで人を殺して」

「バラバラに切断してよく平気でいられますね」

白「入れ替わりだ」

「入れ替わるんだよ」

「君、わかるかな」

「相手が私の中に入り」

「私が相手の中に入る」

「私が殺したのは自分だ」

「彼女たちは私の中で生きている」

「私は自分を殺し、あの人たちを救ったのだ」

 

ワークをやっている間、私は終始一貫してこの容疑者と宗教カルトとの関りについて全く考えることがなかった。そのようなヴィジョンもなく、その方面との関係について想像を巡らしたり、考える必要がなかったのだ。しかしいま記録を取り直していて、ふとそのことについて疑問に思い始めた。《入れ替わり》とは!!この男は笑スピカルトの信者でもやっていたのだろうか。それとも笑ヘミか? 入れ替わりによって救済するといいうのは、神社系スピリチュアリストにこういう頭のイカレタのが結構いるのだが、ワークの後半に《殺しは人助け》だと、この男が喋るくだりがあり、こんな言葉を聞くとやはりオウムを思い出す。しかし容疑者が洗脳されているような感じはしなかった。

 

私「本気でそんなことを考えているのですか」

「狂人だと思われますよ」

白「いやそんなことはない、君ならわかるはずだ」

私「わかるかな? 私に」

「やってみなければそれは何とも言えない」

「やってみようかな」

「いや、それは無理だ」

「そんなことが実際にやれてしまうのは異常だ」

「お前はやはりサイコパスだよ」

「鬼だ、吉外だ」

 

白「私をサイコパスで片づけるのは簡単です」

「でもそんな風に簡単に殺していいのかな」

「私は9人も、本当はもっとだが…」

「死刑は確定している」

「だから簡単に死刑になる」

「サイコパスで狂人と判定されたら死罪を免れる」

「それでいいのかな…」

「お前たちは、そのときそんな判断をしたことを」

「私をサイコパスだと決めつけたことを後悔するよ」

「簡単に私を死刑にしたいのだろう?」

「あっという間に実行し、それで清々したいのだ」

「それならばお前たちは私と同じサイコパスだ」

「そんな疑問も思考も働かないのは」

「何よりお前たちこそがサイコだ」

 

私「その理屈はよくわかる」

「だから私は死刑には反対だ」

「死刑では軽すぎる」

「人を3人殺したら死刑、30人でも死刑」

「300人でも3000人でも同じくただの死刑!」

「これでは被害者の命は3分の1、30分の1」

「300分の1、3000分の1…軽くなるばかりだ」

「死刑支持者たちは確かにお前の言う通り」

「勘定も出来ない、感情もない、いかれたサイコパスだ」

「死刑では軽すぎる、死刑では気分は収まらない」

「だからお前をレトリーバルしてあげよう」

「正気を取り戻してから話をしよう」

(続く)

マサト

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

 

NO―5223 

2017年11月2日 木 PM9:50~

CD なし

 

ミッション

白石隆浩容疑者をヘミシンクで訪問してみた。

 

 

9人殺して首を切り落とした男が昨日(11月1日)捕まった。私は何故かこの恐ろしい男をレトリーバルするということについて考えていた。そしてまたそうしなければならないのだと思った。被害者のことは全く頭になかったし今もない。この事件の報道から被害者の顔も声も全く伝わってこない。今でも本当にこんなとんでもない事件があったのかと思ってしまう。なんとはなくこの人からサイコパスという感じは全くしなかった。

 

座間9遺体事件 「初めてうまく誘い出せた」容疑者、最初の殺害後に連続計画か

http://www.huffingtonpost.jp/2017/11/21/zama_a_23284857/?utm_hp_ref=jp-news

 

これまで何人もの異常殺人者をヘミシンクで訪れていたが、それらは全て人を人とも思わないようなサイコパスだった。ヨーゼフ・メンゲレや石井四郎と大差なかった。彼らがやったことは悪魔の飽食で、しかし何故か今回この容疑者にそのような感じが全くせず、それは私だけではないのだろうと思う。メディアの事件の報道は何処かゆったりと、のんびりとしており、それはこの事件のあまりの異常さが、人の感覚を麻痺させているからかもしれない。人は本当に驚愕した時はびっくりなどしない。むしろボ~っとしてしまうのだ。

 

《関連過去記事》

人類で最初に自殺した男NO1 

https://ameblo.jp/masato356/entry-12325662774.html

酒鬼薔薇聖斗かく語りきNO1~NO29

https://ameblo.jp/masato356/entry-12293874939.html

小金井女子大生刺傷事件、鬼畜岩崎友宏NO1~NO9

https://ameblo.jp/masato356/entry-12255825967.html

植松聖容疑者、相模原の障害者施設襲撃事件NO1~NO11

https://ameblo.jp/masato356/entry-12185534258.html

フロリダ銃乱射事件、オマルマティーン容疑者NO1~NO4

https://ameblo.jp/masato356/entry-12172196706.html

人を殺してみたかった女子大生NO1~NO5

https://ameblo.jp/masato356/entry-11986581205.html

鬼畜プレデターサイコパスNO1~

https://ameblo.jp/masato356/entry-11364069652.html

悪魔の飽食、関東軍731部隊、石井四郎訪問NO1~

https://ameblo.jp/masato356/entry-11604080103.html

寺内容疑者、女子生徒誘拐容疑で逮捕 NO1~NO4

https://ameblo.jp/masato356/entry-12146527077.html

ペチカの枡掻?それとも…笑スピさんからこんなコメントがきました(微笑)NO2

https://ameblo.jp/masato356/entry-12236302914.html

自称祈祷師龍神訪問 NO1~

https://ameblo.jp/masato356/entry-12100295333.html

角田容疑者は今なにをしているNO1~

https://ameblo.jp/masato356/entry-11489834162.html

 

鬼畜サイコパスの記事はもっとあるはずなのだが、これはほんの一部だ。検索の仕方が思いつかずわからなくなってしまい、いくら探してもこれ以上出てこない。逮捕された翌日ヘミシンクで容疑者を訪問してみた。

 

―――――――――――――――――――――――

目を閉じるとすぐに声が聞こえてきた。誰かと誰かがしゃべっている声だった。

《殺された方は?》

《不明です》

《だからパス》

そんなことを話していた。ここで突如爆発的な笑いがあった。狂ったような笑い声だった。

 

「キャハハハハ~~」

「すっすすす~~すごく楽しい!!!」

「この一か月、最高に充実していた」

 

姿は見えなかったが、この声が容疑者なのだろうと思った。たまらなく愉快なひと月を過ごせたらしい。それはこの容疑者の生涯で最高に充実したひと時だったのだ。

私「今、あなたはどこにいるのです」

 

すると妙な返事がかえってきた。《どこかで屋台を引っ張っている》というのだ。そしてその声とともに暗闇からその場面が見えてきた。一瞬にして周りは白い世界に切り替わり、彼は屋台を引きながらゆるい坂を上っていた。周囲の白さは霧が立ち込めているのだろうか、それともこれは白い妖気だろうか。屋台の中には首が並べられていた。鍋の中では人の腕や足やぐにゃぐにゃした色とりどりの内臓が、ぐつぐつと煮込まれていた。ミンチのようなものが、浮かび上がっては沈み、沈んでは浮かび上がっていた。このミンチはよく茹でられた脳だった。

(続く)

マサト

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

そうでなければ全く反対である場合もあるのだが、ガイドを見ればその人がどんな人なのかわかってしまう。当人と性格が全く逆になる傾向がある場合、ガイドは二人一組として現れそれを示してくれる。ドナルド・トランプがそうだったし、そのような人はそれほど珍しくはないのだ。

(続く)

 

―――――――――――――――――――――――――――

《密室レイプ事件、伊藤詩織さんかく語りき…成りすま師は踊るNO4》

二人一組でガイドという場合、一方が表でもう一方が裏という関係になっている。トランプのガイドはボーイという名で、トランプタワーで名前通りボーイをしていたが、表に出ているトランプとは似ても似つかない謙虚で、決して人前に出ることのないようなタイプのガイドだった。

 

《関連過去記事》

一つの肉体を分かち合うガイド…トランプ、アセンションを語るNO2~NO4

https://ameblo.jp/masato356/entry-12224460501.html

 

彼女の前世も見てみたいと思ったが私の関心はこれ以上続かなかった。この女性はガイドの傾向を強く反映し、外観からは想像しにくい純朴な方であるのだろうとは思うのだが、しかし周りの男性たちはこの人を放ってはおかないだろう。彼女もまたそこにちゃっかりと乗っかるという、したたかさもあるのだと想像してしまった。キャリアを積む女性ならばそれはあってしかるべきものなのだろう。だから餌食にもなるのだ。

 

断崖絶壁に囲まれた島のヴィジョンは非言語交信だった。それがなにを意味するのかいろいろ考えられるのだが、一つは日本国であり、もう一つは安倍政権なのだろう。この女性はそこにアプローチしようとし危険な博打をしたのだ。これはシリウスに対するアプローチであり、そのゲートは狭くて険しく強風が吹き荒れ、波が砕け散り、シリウスに接近しようとする彼女を遮るのだ。だがシリウスから拒絶されたことによって、この人はそこをむしろ素早く通過し、今頃はオリオンへと向かっているのではないかと思う。

 

シリウスというのはオリオンの低次波動であり、笑スピ笑ヘミさんが集いあっている、お花畑や砂場、政治レベルではトランプや阿部がそれにあたる。シリウス革命というのはその程度のものだが、ここで長々と過ごさなければ浄化も消化も出来ず、先に進めないような人々が圧倒的に多いのだ。スピ界のブラックボックス。未成年少女ホテル監禁レイプ事件を起こした、ロリコンヒーラー有本チャリ男も典型的なそんな一人だった。ヒーリング界はこんなロリコン変態を放置しておくのだろうか。

 

この男はインチキヒーリングにヘミシンクを取り込もうと、柄にもなく健気に米国モンロー研で行われたゲートウェイにも参加したのだが、数十万円をかけたすべてのワークで完全に撃沈してしまった。ヘミシンクCDの高い波動の前には、ただぐっすりと熟睡するだけで終わってしまったのだ。ガイドはこのような人種には決して霊界とか、非物質界とか、フォーカス世界へ、立ち入ることを許したりはしないのだ。

 

《ロリコンチャーリー関連過去記事》

踊る東京都グーミン族…舛添都知事かく語りきNO2

https://ameblo.jp/masato356/entry-12169183040.html

――2016-06-10の過去記事より抜粋――

すると《キィ~~~~~~~》とか《キャイ~~~~ン》というヒステリックに叫ぶ女の声が聞こえてきた。闇の中で口裂け女エミとロリコンヒーラーチャーリーがお笑いコンビを組んで例の阿呆ダンスをやっているのが見えた。阿呆ダンスというのはチャリ男がモンロー研究所のゲートウェイで披露したもので、この目立ちたがり屋の成りすま師のおかげでゲートウェイヴォエッジでの神聖なヘミシンク体験は茶番と化し、これだけにとどまらずアクアの新年会やライフラインセミナーまでこのロリコンチャーリーの阿呆ダンスに付き合わされる羽目になった。

いま思えばこのチャリ男は、はるばる米国の東海岸まで行ったゲートウェイで朝から晩まで一週間かけて行われた全てのセッションを全てクリックアウトしてしまい、つまりただ阿呆のように眠り続けただけで、全く何一つ収穫がなかったのだ。時間と金を溝に捨てたようなもので、それは世界一のおさわりヒーラーとしてのプライドが許さず、全員が集まった夜のブリーフィングでこの阿呆ダンスを披露し、それを参加者全員に躍らせることで、ぶち壊しにかかったのだ…8年経って今頃そんなことに気づいた。

私は笑スピ笑ヘミとは別の意味でお目出度い…のではなく私はこの男を信用していたのだ。この有名になりたい一心、世間の注目を集めたい、笑スピ界の指導者に納まり、迷える畜獣どもを支配し、操りたいという小汚い野望を持っただけの俗物、自称ヒーラーが、まっとうなヒーラーとして立ち直ることを信じていたのだが、どこまでも底なしのアホなのか、その後も問題を起こし続けていた。時が経てばメッキは剥がれ落ち、成りすま師ヒーラーの正体はいやが上にも外に出てくる。モン研から戻ってからのチャリ男はヘミシンクをあからさまに軽蔑し、《知覚力》という言葉をあざ笑い、アクアヴィジョンを悪の巣窟、マスさんをルシファーだと至る所に吹聴しはじめた。

 

その過程で、ゲートウェイで知り合った未成年の女性をホテルに誘い込み、治療と称して霊能セックスを一晩中やらかし、それが噂としてじわじわと広まり、その噂の渦中にいることに何と!!密かな快感と満足をおぼえるというような救い難い変態俗物だった。ヒーラーというのは本物であれ、偽物であれ、人の魂を弄び貪る傾向がある事を私はこのとき知った。ヒステリー女エミは生まれながらの扇動者で、これも支配者傾向の強い人物でレプティリアンだった。間の鈍さがだけが取り柄の女で、チャリ男の詐欺師的本質にいち早く感応し、エミとチャリ男の二人の組み合わせは実にぴったりだった。いったいどうしているのだろう。あれから何年も経っているのだ。

どこかで再会でもしたのだろう。あるいはミクシーだか何かで、コソコソとやっているヘミシンクのグループワークを通じて二人は又くっついたのかもしれない。それは非物質界でこの数年間のどこかで行われたのだ。 そうだった……エミとチャリ男はモン研にいる間はえらく仲が良かったのだという事をいま思い出した。この二人はフォーカス世界を通じて固く結ばれていたのだ。

二人を取り巻いていた闇の空間は、いつの間にか明るいステージと暗い観客席へと変わり、エミとチャリ男のお笑いコンビが例の阿呆ダンスを観客に披露しているところへ、舞台の袖から飛び出してきた舛添さんが加わり、阿呆ダンストリオが出来上がった。たしかこのチャリ男、考案の阿呆踊りはヒヨ子がピ~ヨ、ピヨと歌いながら右手と左手でヒヨ子の動作を模倣し輪になって回っていくという、救い難く子供じみた踊りだった。恐らく幼児でさえこんなものは嫌悪するだろう。エミとチャリ男と舛添さんにはこのダンスがピッタリとお似合いヨ!という非言語交信だったのだ。

――抜粋終わり――

 

伊藤さんと山口さんもこの、阿保ダンスでコンビを組めればいい仲になれたのだろうが、さすがにここまで低能俗物になることは出来なかったのだ。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

マサト

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。