ヘミシンクピンポンパン

ヘミシンクピンポンパン

ヘミシンクと幽体離脱体験記

《お知らせ》

お忙しい中、いつも私のブログを応援していただき

ありがとうございます。



これまでの五作に次いで、新たにCD

6弾がPANDORAより販売されています。

タイトルはMASATO in Osaka2014125です。

先々週125PANDORAお話会でのライブです。



これまでのCDお買い上げいただいた方にも

御礼申し上げます。

企画、録音、制作、販売していただいた

PANDORAifさん、日月神事のMさん、

スタッフの皆さん、それにPANDORA

お客様に感謝いたします。



今回のCDには雄大な木星が描かれています。

当日会場では宇宙連合とのセッションが

行われました。

詳しいことはこちらを御覧ください。



ifさんのHP《 マサトCD予約注文受付》

http://www.pandora333.net/oshirase.html

ifさんのブログ《マサトCD発送》

http://xx69zz.blog91.fc2.com/blog-entry-80.html

GermaniaHP

http://germania.main.jp/









ヘミシンクランキング
ヘミシンクランキング

 

 

それはプレアデスの宇宙ではたぶんその通りなのかもしれない。しかし無限の宇宙オリオンから見るとき事実は、どんな小説よりも異様だ。太陽系はあなたの内部に存在している。太陽系の各惑星はあなたの脊椎に沿って存在しているのだ。

(続く)

 

《オリオン・ミッション…あなたが空海になる日NO376》

希望の惑星である金星とシャンバラは繋がっている。そして絶望の惑星地球とシャンバラと地球内天体ア・ラ・カンは一つに重なっている。金星とシャンバラは共に未来に存在しており、そこにはあなたの未来がある。

 

しかしアセンションの渦中にあるあなたが目撃するのは、その未来のスタート地点なのだ。金星にあなたの今を見るというのは、そのような意味だ。あなたがそうで在ってほしい未来を思い描けない場合、ずっと今のあなた…足踏みし続けるあなたを見ることになる。

 

これは私一人が言っていることではない。私一人の体験によるものではないのだ。経験豊富なヘミシンカーの中でも、とりわけ力強いワークを行っている人たちは、金星に未来の自分自身や未来の地球…となるはずのそのスタート地点を知覚している。

 

あなたがアセンションを選択している人なら、金星は希望に満ちた未来の地球としてあなたの前に出現する。空海は千年以上前にそれを体験した。今アセンションによって人類の三分の一が、空海が辿ったその金星の軌道に入っている。

 

そのときあなたの内なる太陽が再び輝き出す。それは輝きをやめてしまった暗黒太陽として、あなたの脊椎の最上層部で長い眠りについていたのだ。大日に炎が点火される日が迫っている。金星とシャンバラがえがく未来は実は鞍馬山に刻印されている。

 

《関連過去記事》

ウエサク祭、ヒマラヤ水晶、満月の光を浴びるNO1

https://ameblo.jp/masato356/entry-12166871912.html

エデンの園で戯れるディセンション、金星が導くアセンション 7

https://ameblo.jp/masato356/entry-12113647955.html

2011年から2017年、希望と絶望、滅亡というアセンション 6

https://ameblo.jp/masato356/entry-12113339723.html

体外離脱、プレ・ウエサク祭NO1~NO3
http://ameblo.jp/masato356/entry-11241690565.html
ウエサク祭の夜と月と布袋
http://ameblo.jp/masato356/entry-11873739475.html
幽体離脱 午前3時30分の月、ウエサク祭NO1~NO9
http://ameblo.jp/masato356/entry-12035578359.html

 

 

地球の内部、素粒子の内部、物の内部には無限の宇宙が広がっている。《内部宇宙》という真実は意外とこんな風に…つまり地球空洞説のような形で人、々の脳裏に浮上してくるのかもしれない。それは真面目な研究者を刺激し、高名な天文学者や物理学者さえ、湧き上がる無意識の衝動によって珍説を披露せざるを得なかったのかもしれない。 

ウィキ《地球空洞説》
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E7%A9%BA%E6%B4%9E%E8%AA%AC

彼らの着眼点はそれほど悪くなかったのかも知れない。しかしオリオン的思考に至るにはスウェデンボルグのような体験が必要なのだ。その体験なく内部宇宙、死と生の反転という現象を語れば、それはさぞかし前衛的な奇妙奇天烈で難渋苦渋の《反転の哲学》を生み出すことになる。
(続く)

マサト
 

 

 

 

 

 

 

ヘミシンクランキング
ヘミシンクランキング

 

 

その力を獲得した彼らは、たちまち人類支配者であるレプティリアン、トカゲヘビ族に取り込まれてしまうのだ。笑スピさんたちが、まさにそれそのものなのだ。馬さんと鹿さんにつける薬は、その優れた超知覚力を自らに向けてみることだ。何が見えているのだろうか?

(続く)

 

《オリオン・ミッション…本当のあなたは金星にいるNO375》

そんな人達が自らの内部に見つけるのは、程度の低い子供じみたエゴだ。愛も善意も良識も常識の欠片もない自己中心主義がそこにある。ナチスの理念に見え隠れしている邪悪さは、まさにそれそのものだ。おそらくそんな人々は自分自身が見えないだろう。

 

究極のエゴは見たくないものは見ない。見たいものだけを見る。そんな選択をしてしまう。笑スピさんや笑ヘミさんがやっているのが、まさしくそれだ。どうすれば本当の自分が見えるのだろうか。ヘミシンクや深い瞑想は、真のあなたを教えてくれる。

 

しかし我を忘れてしまうほどの、深い瞑想にどれだけの人たちが到達できるのだろう。長い修業期間と、その上に一般社会にあまり必要ない奇妙な才能が必要だ。さらにその上に瞑想を教えてくれるマスターが必要だ。しかしそのマスターは果たして本物なのだろうか。

 

あらかたの人々が自称瞑想マスターとか、成りすま師瞑想指導者につかまり、金を失い時間を奪われ、自分を発見するどころか見失ってしまうのだ。オウム真理教は典型的な例だが、ミニオウムはそのへんにいくらでも転がっている。瞑想は多くの人を迷走させている。

 

ヘミシンクは聴覚が備わっている万人に可能だ。大した指導者もなく、独学でやれてしまうという利点が、笑ヘミさんを大量に生み出してもいるのだが、所詮その程度の人達は長くは続かない。3年もすればやめてしまう。人畜無害で道端に転がっている空き缶やゴミと変わらない。

 

アクアヴィジョンが教えるヘミシンクには進歩とか進化がまったくない。アセンションの深化によって、人類全体に大変化が押し寄せているというのに、相変わらず、いつまで経っても幾つになっても、モンロー研究所原典主義から離れることがない。

 

中心になって教えている指導者に成長がないからだ。ヘミシンクであなたの本当の姿を見ることができる。いちばん簡単な方法は金星に行くことだ。ヘミシンクで、あるいは幽体離脱でも構わないが金星に行けば、そこにあなたの現在を見つけることができる。

 

あまり期待してはいけない。大抵の人たちはそこに、思わずがっかりしてしまうような自分を見ることになる。それがあなたの本当の今の姿だと気がつくには、いくらか時間がかかるだろう。私にはそうしたことを教えてくれる人などいなかったため、3年ほどかかってしまった。

 

お陰で私は金星が未来の惑星、未来の地球であることに気づけたのだ。金星が希望の星であり、火星が滅亡の星であり、地球が絶望の星であることを知ったのは、ヘミシンクによる自己探索の賜物だった。あなたには金星は、地球の軌道の内側を回っている《惑星》とか《天体》にしか見えていない…のではないだろうか。つまり物として見ているのだ。

 

それはプレアデスの宇宙ではたぶんその通りなのかもしれない。しかし無限の宇宙オリオンから見るとき事実は、どんな小説よりも異様だ。太陽系はあなたの内部に存在している。太陽系の各惑星はあなたの脊椎に沿って存在しているのだ。

(続く)

マサト

 

 

 

 

 

 

 

ヘミシンクランキング
ヘミシンクランキング

 

 

宇宙連合のUFOは、そのような形であなたの前に顕れたり消えたりしている。魂とはこの波動のことだ。あなたの意識はこの魂から分離し、いつの頃からかこの魂の世界を客観的に覗き見る存在へと降下し、魂を忘れてしまった。分離された意識はいま霊と呼ばれている。 
(続く)


《オリオン・ミッション…空洞宇宙起源論NO374》

低波動の中に堕ちてしまった人々は直接生身の体で、シャンバラの高波動に入ることは出来ない。堕ちたプレアデス人である、人類の物質科学がつくり出した探査装置や、超高深度まで掘削できるマシンも何の役にも立たない。

 

それは深さの問題ではないのだ。プレアデス人の知覚は物の正面や表面しか捉えることができない。しかしアセンションによって、人々が眠れる知覚背面を蘇らせる日は迫っている。そんな人達が増えれば、物質科学の性質は否応もなく変わっていく。
 

そしてそう遠くない日にシャンバラを…そして地球内天体ア・ラ・カンを見つけるだろう。占星術が説く影の天体、ラーフとケートゥが実在することにも気がつくだろう。堕ちたプレアデス人の知覚は、無限の宇宙オリオンの中にあっては盲目も同然だ。

 

現代の科学も物質の波動性には気がついている。彼らはいつかこのシャンバラゲートを発見することがあるかもしれない。あるいはもう見つけているのかもしれない。しかしその時にシャンバラは通路を封鎖し、既にこの地上に出現しているだろう。 

 

地上とは地表のことであり、シャンバラの浮上とはあなたの魂である内部宇宙が、物の表面に現れる、つまり反転することを意味している。地球の内部や素粒子の内部構造は、もちろんあなたの魂のことにほかならないのだ。

 

シャンバラとは内部空間、内部宇宙のことであり、内部が外に現れるというのは、それはあなたがシャンバラになることを意味している。そのときゲートを通ってシャンバラに行く必要はなくなるのだ。ある日ある時、私はこの地球内部空洞説のバリエーションの一つとして、宇宙が地球の中に存在しているという《空洞宇宙起源論》について、ただぼんやりと考えていたことがある。 

 

それはどうあっても思い描くのもバカバカしい限りの説だったが、私の関心は空洞宇宙起源論よりも、むしろ人はどうしたら、こんなバカげた妄想を思いつき、それになりふりかまわず、囚われることができてしまうのかという方向にあった。空洞宇宙を否定する、あるいは黙殺無視するのは簡単だ。

 

しかし少なくともそんな人達がいる、あるいはいたという事実がある。中には生涯をその研究にかけてしまうという、そんな科学者もいた…らしいのだ。彼らにはおそらく知覚背面が働いていたのだろう。プレアデスの次元を超える知覚力の持ち主たちが、尽くナチスの手中に堕ちてしまったのは残念なことだ。

 

そんな霊的感性の持ち主たちが、尽く優生思想にかぶれ、劣等民族?!の抹殺に異議を唱えなかったというのは、この種の知覚力がもつ恐ろしい側面でもある。知覚背面、知覚内面…このような超知覚力を獲得した人々は《私は選ばれた》《私は特別な人間》という禍々しいエリート意識に染まってしまう。

 

その力を獲得した彼らは、たちまち人類支配者であるレプティリアン、トカゲヘビ族に取り込まれてしまうのだ。笑スピさんたちが、まさにそれそのものなのだ。馬さんと鹿さんにつける薬は、その優れた超知覚力を自らに向けてみることだ。何が見えているのだろうか?

(続く)

マサト