歌誌「覇王樹」9月号より(1)僕の歌(1)3首 | 新サスケと短歌と詩

新サスケと短歌と詩

短歌と詩を公開します。


テーマ:

 8月26日(日曜日)に、僕の所属する結社歌誌「覇王樹」の、2018年9月号が届きました。

 僕の歌6首(出詠8首より選)の、(1)3首をアップします。

 

土曜日の朝の食卓 仕事場に

  いますと妻の書き置きがある

 

小判型豆腐をつまむ何故なのか

  「男」の文字が刻まれている

 

底ごもり啼きごえ凄き山鳩の

  幾年を経て歳老いたのか

 

写真ACより、「楽器」のイラスト1枚。

 

 

新サスケさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス