歌誌「覇王樹」3月号の歌(1)ご飯が炊けた | 新サスケと短歌と詩

新サスケと短歌と詩

短歌と詩を公開します。


テーマ:

 7月27日(火曜日)に、結社歌誌「覇王樹」2018年3月号が届いた。僕の歌6首(会員・準同人は、8首より6首選)から、(1)3首をアップする。


歌詠まぬむなしき時の過ぎにつつ

  昼時となる ご飯が炊けた


野の栗鼠が木の実を隠す様に似る

   菜の残りを冷蔵庫へと


朝五時に覚めてスマホとタブレット

  いじくっている愚かなことか

 

写真ACより、「ウィンタースポーツ」のイラスト1枚。

 

新サスケさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。