詩「住所印を洗う」 | 新サスケと短歌と詩

新サスケと短歌と詩

短歌と詩を公開します。


テーマ:

 年刊詩集「詩集ふくい2016」(福井県詩人懇話会・刊)が届いたので、それに寄せたソネット形式の僕の詩、「住所印を洗う」を紹介します。


  住所印を洗う


ソネット「住所印」で書いたことだが

詩友 故・織田栄さん作の

住所印を愛用して来た

字は古体字である


それが近ごろ

印影がぼやけるようになった

線がくっついて

鮮明な字にならない


ゴムが崩れてきたのか

作り直すのも大変だろう

印面をよく見ると


インクのカスが詰まっているようだ

印面を食器洗剤で洗って拭くと

きれいな印影が出た


新サスケさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス