クラシコブログ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-10-18

休日用ジャケットの代わりに… DREW&COのガウン

テーマ:ジャケット

昨年辺りからアメカジ回帰してしまった為、休日にジャケットを着る機会がめっきり減りました…

しかし、GジャンやミリタリーJKばかり着てると、たまには色気のあるイタリア物を着たくなる天邪鬼な私(笑)

そんな時にジャケットほどカタくなく、気軽に羽織れて色気を出せるのがガウンかなと。

そこで今回購入したのは、イタリアはDREW&COのガウン。
















以前にダブルのニットJKを購入した際に紹介した通り、2014年より開始した新興ブランド。

ラルディーニのニットを担当してる事で有名に。

デザイナーのアンドレア氏がLAに留学した際にアメリカのヴィンテージ物に傾倒していたとの事。

どうりで同じヴィンテージ好きな私も惹かれていく訳です(笑)
















生地はウール80%×ナイロン20%の二者混。

Tシャツの上に着ると若干チクチクしますが、お洒落は我慢かなと(笑)

インパクトがありそうな3cmピッチのヘリンボーン柄ですが、ダークブラウン×ネイビーの組み合わせなので落ち着いた印象に。
















着画がこちら。

デニムシャツにジーパン、デニムクラッチとデニムづくしのコーディネートですが(笑)

ガウンニットを入れるだけで「どカジュアル」にならずオトナの品格を保つことができます!

またベルトはど真ん中ではなく、左右どちらかにオフセットしてテキトーに結んで熟れ(こなれ)感を出したいところ👌
















同じブラウン×ネイビーの組み合わせで比較。

ダメージデニムを合わせてカジュアルダウンさせるJKスタイルが好きだった3年前のカッコは、今着ても「アリ」だと個人的に思います(JKにジレ合わせはもう無しかな笑)。

ただ、より楽ちんに肩肘張らずオトナの色気とリラックス感を出せるガウンの方が、気軽に取り入れられるのでお気に入りです😊

ウエストのベルトが最初気恥ずかしく感じますが、すぐに慣れますので(笑)
2018-10-08

Giabs ARCHIVIO(ジャブス アルキヴィオ)のドローストリングパンツ

テーマ:パンツ


単身赴任先の愛知県から自宅に帰宅したらビームスの紙袋が🛍

気になる中身は、お直しから戻ってきたGiabs ARCHIVIO(ジャブス アルキヴィオ)のドローストリングパンツ。

何故、今回ジャブスを選択したかと言うと…















※2018A/W  UAオリジナルパンツ

この春夏、超お気に入りだったUAオリジナルのドロストパンツ。

当然、秋冬モデルも購入予定でしたが、どうも生地感がペラペラなような…

まぁ、この価格帯(1万円代前半)としては頑張ってるとは思いますが🙏💦

という事で、生地感もしっかりしたドロストパンツを探したら、ジャブスにたどり着いたって訳です。
















今回選んだのはMASACCIO(マサッチョ)なる定番モデル。

本来マサッチョはノープリーツ仕様だが、コイツは1プリーツが入ったビームスのエクスクルーシブモデル。

キャロット(もしくはボンタン笑)シルエットがトレンドの今、即座に顧客ニーズを取り入れるあたりは、さすが別注王ビームス!

















生地はウール98%×ポリウレタン2%とストレッチの効いたサージ素材。

秋冬生地なので若干チクチクしますが、逆に冬の寒さにも対応してくれそうな予感⛄️

ウエストにはゴムが入ったシャーリング仕様になっており、食後も楽チン♫

裾の処理は、カジュアルに穿きたかったので元々の仕様を変えずシングルのタタキで。
















ジャケット:1969年製 ファティーグJK
シャツ:1970年代製 ラングラー 
靴:オールデン UA別注オペラスリッポン

トップスは古着で外し、靴は王道のスリッポン合わせで。

もちろんベルトはせず、更にドローストリングも堅っ苦しくリボン結びなどせずリラックスした雰囲気で穿きたい気分♨️

裾幅は17.5cmとかなり細い為、レングスも短めに詰めないとクッションが出来てしまいます💦














ロールアップすれば、アッパーにボリュームが出てしまうスニーカーにも合わせられます👟

先日購入したバンズのオールドスクールに合わせても違和感ないかな、と。

ちなみに178cm/68kgでジャブスのサイズ46がジャスト👌

私がこのパンツを発見した9月中頃には、全店舗で既にラス1…😱

こう言う売れ線アイテムをバシバシ入荷して大量販売することでアパレル側に儲けてもらいたいです(笑)
2018-10-07

バンズ Old Skool(オールド スクール)

テーマ:

最近、息子(小3)が履いてるバンズがカッコよく見えてしまい…

思わず真似したい衝動にかられる私(笑)

妻よ、悔しいがナイスセンスだ💦
















とりあえずABCマートに行けば色バリも豊富に揃ってるだろう、と予想し訪問。

狙いは当然、息子と同じモデルのオールドスクール。

そこで見つけたのが…
















チョコレートなる名前のダークブラウンカラー。

たまたま履いていったオールデンのスエードタッセルローファーと同じような色味に一目惚れ✨

で、店員さんにサイズを伺うと…















※アメリカ本国流通モデル

「もう10ハーフの一点しか在庫がありません」ってウソでしょ⁉️

何の変哲もないこげ茶のオールドスクールが、そんな人気なのか🤔

すると店員さんが説明を開始…














※日本国内向けモデル

「この色はアメリカ本国で流通してるモデルで、ABCマートが直接買い付けてます。この(写真の)ように箱が違うので、すぐに見分けられます」

長いので改行(笑)

「どうせ買うなら本場アメリカで売られてるモデルが良いってことで、毎シーズン入荷後すぐに売り切れるんですよ」とのこと。

現行のバンズにそんなコダワリがなんて全く知らなかったです😵

結局、デカ履きサイズの10ハーフを購入することに💦














と言うことで、オールドスクールの親子コーデが完成!

ちなみに履き心地は、履き口にクッションパッドが入っている為、フットカバーで履いても痛くないのがコンバース オールスターとの大きな違い😂

カジュアルコーデにしか合わせられないけど、家族サービスの際に活躍してくれそうです👌
2018-10-04

新型登場!BMW 3シリーズ(G20)

テーマ:
※BMW公式instagramより


とうとう発表されましたね!

フルモデルチェンジされた3シリーズが✨

コードネームはG20で、私も乗ってる先代F30からの進化具合が楽しみです🎵

















サイドのキャラクターラインも複雑になり、より有機的なデザインに。

また伝統のCピラー(枠窓)デザインであるホフマイスターキンクや、リヤのL字型ライトも健在で、一目で3シリーズだと分かります。

インテリアも液晶メーターパネルやシフトレバー、センターコンソール等のデザインが一新!

そして…サイドブレーキがやっと電動に(笑)

















上がMスポーツで、下がスタンダード。

ボンネットフードがグリルまで伸びてくれたのも、新型の良ポイント!

レザーシート&ウッドパネル好きの私としては、早くラグジュアリーラインの画像が見たいところ。

でも…そろそろラグジュアリーラインって名前、ダサいのでやめてほしいです(笑)

以上、新型3シリーズでした〜。
2018-09-30

1967年製 M-65 フィールドパンツ

テーマ:古着


マイブーム真っ只中(笑)の6ポケット軍パン。

この度、ようやくヴィンテージの1本を手に入れました。

それが、この1967年製 M-65 フィールドパンツ。














※ネットで拾いました

M-65 フィールドパンツ、極寒時に画像のライナーを装着できるよう、かなり太めのシルエットなのが特徴です!

後ほど着画像を載せますが、想像以上に太い💦

逆に、極太パンツにトライしてみたい方にはオススメかも🤔
















M- 65 フィールドパンツの特徴として、極太シルエット以外に、このフロントポケットにフラップが付いてるのも分かりやすい特徴かと。

ちなみに生地はコットン50%×ナイロン50%の二者混。

コットン100%サテン織りでしなやかな生地が魅力のベイカーパンツとは全く違った生地感で、かなりゴワゴワしており武骨な印象。
















M-65 フィールドパンツ、名前の通り1965年にデビューしており、この個体は3年目の1967年製の初期モデル。

そして初期モデルにのみ搭載されてるのが、このシルバージップ

今回の個体にはスコービル社のグリッパージッパーが搭載されてます。

この後、ブロンズ色のブラス(真鍮製)ジッパーに変更されますが、理由は耐久性と開閉のし易さ。
















今回購入した個体は、NOS(New Old Stock = デッドストックの意)をストーンウォッシュして味出ししてるモノ。

ヘム(生地の端)にアタリが出て雰囲気がありますが、古着特有の匂いや汚れが無いのもNOSストーンウォッシュの特徴。

最近はこういう古き良きモノをリメイクする業者さんが出てきており、素晴らしい取り組みだと感心しちゃいます☺️

ちなみにウエストが多少緩ければ、写真のアジャスターベルトで調整可能と、ミリタリーモノは本当に機能的です。















最後は着画で📸

ご覧の通り股上もかなり深い上、太もも〜裾にかけて容赦なく極太なシルエットです(笑)

こんな極太シルエットのパンツには、あえて華奢なスリッポンを合わせたい気分。

参考までに、178cm/68kgの私でウエストS/レングスLを選択。

ヴィンテージとは言え全く流行ってない為か、この個体でも7,000円台で手に入ります(笑)

お手軽に極太シルエットの軍パンを試してみたい方にはオススメです。
2018-09-24

2018年AW チェックジャケットのトレンド

テーマ:ジャケット
ここ数年流行ってた大柄のチェックジャケットも落ち着き、一昨年辺りからハウンドトゥース(千鳥格子)が定番だった?とは個人的な感想。

今年のトレンドはどうかな?

と、色々なセレクトショップのディスプレイやカタログを拝見すると…














※インターネットより拝借


ありゃりゃ、また大柄のチェック柄が台頭してる模様💦

英国的なクラシック回帰トレンドの為なんですかね😅

昨年くらいからクラシコ的なドレススタイルが好きになった方には新鮮かもしれません!

しかし、私のようなクラシコ的なスタイル好き歴10年選手になると…














※My ワードローブ

今シーズン物とそんなに変わんないっス(笑)😂

フラップ付きやチェンジポケット等のディテールは変化してるんでしょうが、どうしたらNewアイテムをゲットしたい気持ちになるんでしょうか…

セレクトショップ各位による素敵なご提案を、お金を貯めながらお待ちしております🙇🏻‍♂️
2018-09-09

1960年代初期モデル Lee 100J WESTERNER(ウエスターナー)

テーマ:古着

9月に入り若干涼しくなったものの、まだまだ半袖が快適な気温💦

そんな残暑が厳しい中で紹介するのがGジャンで申し訳ないです😂🙏

今回購入したのは1960年代初期モデルのLee 100J こと通称ウエスターナー。

デニムのGジャンばかりで食傷気味だったので、生成色のGジャンが新鮮です✨
















購入したのは愛知県豊橋市にある老舗古着屋のDOWN TOWN(ダウンタウン)

実は転勤で名古屋市内に異動になった為、なかなか来られなくなる事も手伝い購入を決意。

もちろん、流行ってもなければトレンドでもないアイテムです(笑)

ただし、この個体には手を出したくなる大きな理由が。

それは…














着丈がLONGなんすよ✨✨

実はREGULARがほとんどで、LONGはレアだったりします。

しかも生成色で汚れが目立ちやすいウエスターナーで状態が良い個体も少なくなってきており、満足のいくマイサイズの個体が益々見つからなくなってきてます💦















左:REGULAR丈(ネットより拝借)
右:購入したLONG丈

ご覧の通り、一目瞭然で着丈の差が分かるかと思います。

おそらくウエストの帯の幅分くらいの違いがあるかと。

LONGはリーバイスで言う所の70505に近い着丈感で、とてもコーディネートがしやすいです👌















最後に、当ブログ読書の興味が全くないであろう、この個体のディテールを無理矢理にご紹介(笑)
襟タグはMR無し、胸ポケットのピスネーム(黒タグ)はRのみで、恐らく1962年〜63年辺りのモデルかと思われます。

そんなウンチクはさて置き、シャツJKを羽織る感覚で着られる生成色のウエスターナーLONG仕様、気軽に楽しんで着ていきたいです。
2018-08-26

古着屋 OKIDOKI(オキドキ )でデニムリペア Part 2

テーマ:古着屋


貧乏リーマンの私が手を出せるヴィンテージデニムは、決まってダメージのある格安なモノばかり…😢

そこで、Gジャンのリペアでお世話になった古着屋オキドキに再び持ち込みました。

ちなみに上のデニムはベルベルジンで購入した501ZXX、下のデニムはサファリで購入した501XX革パッチ。













リペア前
リペア後

早速リペア前後の比較を📸

デニムリペアのカリスマである「おいちゃん」さんの手に掛かれば、ここまで綺麗な状態に戻していただけます!

破れたポケットも、アーキュエイトステッチ跡の雰囲気を壊さないよう綺麗に叩いてくてます。

また解れた裾のステッチはユニオンスペシャル(と言う旧式ミシン)でコットン100%の糸を用いてチェーンステッチを入れ直してもらいました。












リペア前
リペア後

もう一本の501XX革パッチモデルもご覧の通り、綺麗だと姿で戻ってきました😊

またロールアップした際にリペア跡がなるべく目立たなくなるよう、接着芯をギリギリの狭い範囲の使用で収めてくれてます。

こう言う穿く人のシチュエーションを考えてリペアしてくださる所に、デニムリペアのカリスマたる由縁を感じざるを得ません!

今後もデニムリペアはオキドキに出し続けることは言うまでもありません。















ヴィンテージのデニムパンツもかれこれ6本集まりましたが、クローゼットの肥やしにならないようガンガン穿いてやります。

もちろん、汚れたらビヨンデックスで洗濯し、破れたらオキドキでリペアしてもらいながら👖

以上、オキドキでデニムをリペア Part 2でした。


リンク先
東京都渋谷区富ヶ谷1-9-15 下岡ビルB1F
Tel:03−6407−8525 
営業時間:12:00〜21:00
※月曜日はリペア担当不在
2018-08-24

1980年代製 コンバース オールスター ハイカット

テーマ:古着

暑さのピークも超え、そろそろサンダルのシーズンも終了。

すると履きたくなるのがスニーカー👟

今回購入したのは、1980年代製のコンバース オールスターのユーズド品。

マイサイズ(US 10)のデッドストックはなかなか見つからない上、出てきたとしても高額なので手が出ません😭













※ネットで拾いました

「新品」に拘るなら日本未発売のCT70(1970年代製チャックテイラーのレプリカ)を選択するところですが…

どうしてもレプリカの域を超えられない、と言うよりオリジナルの雰囲気とは別モノなので、今回はパス🙏

また人気がある為、ニセモノが流通してるので、ネット通販で買うのも注意が必要です💦













※ネットで拾いました

デッドストックで買えるとすれば、最後のMADE IN USAである1990年代製。

現在15,000〜20,000円で買えるので、割と現実的な価格帯かと。

しかし、見た目に現行モデルとの差がほとんどなく、ヒールパッチにMADE IN USAと記載されてる程度の差💦

しかも、私の学生時代には東京靴流通センターで4,000円位で買えてたので、全く食指が動きません😭














そこで今回目を付けたのが1980年代製のオールスター。

私の学生時代(1990年代)には既にプレミアが付いており、オールスターの取り扱いで有名だった渋谷の古着屋ヌードトランプではデッドストックで15,000円前後のプライスを付けてました💵

見た目でも現行モデルと違いがあり、1980年代製の方がスリムでスタイリッシュ。

また最大の特徴は、写真青枠内の1980年代製まで使われてた補強用の当て布のステッチ。

このステッチの有無でヴィンテージ感が全く変わってくるから不思議なディテールです。














オールスターもかれこれ5足目。

オールスターの良い所は、バルカナイズ製法で作られてる為、経年劣化による加水分解に怯えることなく長く履き続けられる点です!

ちなみにバルカナイズ製法とは…

スニーカーの本体とソールの間に固まってないゴムを挟み、専用の釜に入れて高温で圧力を加えながら硫黄等の加硫剤を加える事で、ゴムを硬化させて接着する製造方法。














このバルカナイズ製法、キャンバス生地とゴムという二つの異素材を強力に接着し一体化できる上、しなやかで剥がれにくいのが特徴。

またスニーカー本体とゴムソールの境目を補強する為にラバーテープが巻かれているのがバルカナイズ製法の見た目の特徴。

ちなみにヒールパッチのMADE IN USAの文字は、あっという間に削られてしまいますね😅












実際に穿いた図。

ヴィンテージリーバイスとの相性は、言うまでもなく最強!

しかし、ベタベタなアメカジ色が強く出ちゃいますね(笑)

これから涼しくなったら、ウールパンツや軍パンに合わせたい気分です。
2018-08-16

名古屋アメトーク納涼会2018

テーマ:オフ会


お盆も絶賛勤務中の我々💦

その労をねぎらうべく、納涼会をしました🍻

今回は名古屋にある韓国料理のお店「MUN3」アリエルさんがチョイス🇰🇷

















流石グルメブロガーを自称するアリエルさんチョイスのお店!

お店の雰囲気が洒落てるだけでなく、料理もとても美味しい👌

また、デートで来てるカップルも多かったです💑
















アリエルさん持参のイルミーチョの巾着袋。

皮革の質感がとても良く作りがしっかりしてるので、これは一生モノになりそう!

明るめなブラウンが私好み😍
















そしてitさんが古着屋Feeetで行われたインディアンジュエリーのトランクショーでGETしたサンダーバードのピン。

ボルサリーノに付けるなんて、マジで洒落てます👍

私もトランクショーに行きたかった😢

















そんなオフ会参加時の私のカッコ。

レミレリーフのポケTだけだとガキっぽくなっちゃうので、1980年代製ビッグマックのシャンブレーシャツを肩掛けで。

パンツは全く流行ってない6ポケットのカーゴパンツで、1990年代製のUS ARMY。

アリエルさんが火付け役の軍パン、密かなマイブームだったりします🙊















最後は久しぶりの集靴👞

上から時計回りに、バンズ→オールデン →オールデン →ジョンロブ。

何の打ち合わせもしてないが、何故か全員スエード靴と言うカブり方(笑)

ちなみに誰もジャケットすら着ておらず、全くクラシコ臭のない集まりですが、大人(オッサン)のカジュアルファッション談義も楽しいもんですよ👌

以上、久しぶりのオフ会ネタでした〜。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス