こんにちは。30代ママのお金の家庭教師こと、海老原です。

初めての方はこちらにどうぞ♪

 

お客様の声 / 相談ガイダンス / メニュー / 家計術(メルマガ) / お問合せ

 


 

メルマガで書いたかもしれませんが、住宅ローンを借りる際の強力な助っ人=ローンシミュレーションとして、【フラット35】サイトのシミュレーター(『資金計画シミュレーション』)をおすすめしています。


◎ネットにつなげれば、個人情報を登録せずに誰でも利用可能

定年時(正確には60歳時)のローン残債が標準表示される

◎家族情報があれば、ローンを織り込んだキャッシュフロー表作成可

繰り上げ返済を織り込んだプランが立てられ、グラフで見られる


おすすめポイントはいくつもありますが・・・


<定年までに完済できるか?>

<今の生活レベルで返せる?/将来の家計収支は大丈夫?>

<繰り上げ返済を今後どの程度予定しておくとイイ?>


こうした事柄が一連の操作で確認できる!見える!!これが最大の理由です。


今日はそんな多彩な【フラット35】のシミュレーション機能の中から、繰り上げ返済に焦点を当ててご紹介しますね。

※試算には、『資金計画シミュレーション』を使っています


* * *
住宅ローンを組む際に気がかりな<毎月返済額のシミュレーション>だけでなく、「○年後に●●万円繰り上げ返済する」とどうなるか?試算可能です。

秀逸なのが、
「毎年●●万円ずつ繰り上げ返済する」
繰り返し設定ができること。

「ボーナスで毎年しっかり繰り上げしていきたい!」
そんな人にとって、返済イメージが借入時に確認できて便利!


繰り上げ返済をしたときとしないときの比較がグラフで見られるのでわかりやすい♪

こんな感じです↓


借り入れ額2500万円、25年返済(元利均等)、金利3.0%

18年後に394万円を繰り上げ返済する前提で計算

節約が苦手なだめだめ主婦ですが、、

※ご注意※

上記は試算例です。古い資料のため金利が高めですがご容赦を…


住宅ローンは、「借りて、ハイ、終わり!」ではありません。


金利は生ものです。

経済情勢に応じた返済プランの見直しは、家計改善の王道と言っても過言ではありません。せめて年1回は我が家の住宅ローン返済を再チェックしてくださいね^^


また、大黒柱の転職や子どもの私立進学など、借入当初の想定と環境が変わったとき、ライフプランの節目に真っ先に見直したい固定費でもあります。


繰り上げ返済を含め、無理なく定年までの完済プランを描けることが安心して住宅ローンを借りるポイントだと思います。

マイホームを購入するときは、土地(建物)の売買契約の関係からか、短期間に借り入れを決めてしまう人が少なくないようですが、実は、ご年収が高い人ほど要注意‼
老後資金まで考えた返済プランが必要です。

日々の節約も大切ですが、固定支出の改善はしあわせ家族への近道、家計に福を呼び込みます。

一緒に考えてみませんか?



***

●こんな想いで家計相談をしています【女性FPとして想うこと】

●FPって?家計相談でどんな話ができるの?と思ったら【無料ガイダンス】
●たくさんのお声をいただき、ありがとうございます【お客様の声】