新宿区文化財が一つ増えました。 「几号水準点」です。 | 市谷八幡通信
2017年04月30日 11時29分00秒

新宿区文化財が一つ増えました。 「几号水準点」です。

テーマ:ブログ

水準点の位置が設置当初から移動していない事、保存状況が良く、近代土木史上、貴重なもとして新宿区文化財に認定されました。

 

 

 

 

 

※几号(きごう)水準点とは明治初期(明治初年からとも、明治7年、明治9年からとも)に高低測量を行うために設けた基準となる測量点です。 イギリス式の測量法に従って漢字の「不」に似た記号を不朽物(恒久的に残るであろうもの)に刻印したり、「不」を彫った標石を埋めて水準点としました。図のように掘られた几号に専用の器具をつけると椅子(ベンチ)のようになり、英語でいうとBenchmarkと言います。パソコンの性能測定のベンチマークテストの語源ともなっています。

几号水準点

ichigayakamegaokahachimanguさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス