前回の記事の続きです。

 

当時の合不合では、総得点(4教科または2教科)で合否判定をしていました。

 

しかし、科目間の配点は全く考慮されておらず、今考えれば、かなり大雑把なものでした。

 

例えば、灘や東邦大東邦は3教科入試なのに4教科で判定していました...びっくり

 

また、緑のボーダー(80%合格可能性のライン)はすでにあって、当時の親たちは、今と同じように我が子の成績と合否判定表を見比べて、う~ん、どうしたものかと、悩んでいたのでしょうほっこり

 

合否判定の対象校となっていた学校について、ボーダー得点が高い順に並べてみることにしました。

 

<4教科型(500点満点)>

375点 : 灘
370点 : 開成、筑波大駒場
365点 : 栄光学園

360点 : 武蔵、慶應普通部
350点 : ラ・サール、慶應中等部
345点 : 麻布
335点 : 駒場東邦
330点 : 学芸大世田谷
320点 : 巣鴨、聖光学院、学芸大竹早

310点 : 早稲田、暁星
295点 : 海城
275点 : 桐蔭学園
270点 : 浅野、東邦大東邦
265点 : 芝
255点 : 明大明治
250点 : 市川、千葉大付属

 

この時の合不合の平均点が248点だったので、偏差値50ぐらいの受験生は、市川、千葉大付属、明大明治が合格圏だったということですね。

 

ちなみに、開成の合格可能性80%ラインは370点。

 

合不合の男子受験生6699名のうち、370点以上は240名(上位3.58%)でしたので、この割合から推定される開成の合不合80%偏差値は68になります。

 

この偏差値は現在より低めですが、母集団のレベルが当時の方が高かったためと思われます。

 

では、ここ30数年の間に、各学校の難易度は変動しているのか?

 

当時の合格可能性80%ボーダー得点と、現在の合不合80%偏差値の関係をグラフにしてみました。

 

 

このグラフを見ると、最難関校のレベルは30数年前と変わらず安泰といった感じですが、それ以外はバラつきが大きいです。

 

例えば、現在、合不合偏差値63~64の学校(慶應普通部、武蔵、慶應中等部、ラ・サール、駒場東邦、早稲田、海城、浅野、市川)に着目すると、30数年前の合格レベルはバラバラです。

 

当時、これらの学校の合不合のボーダー得点は250~360点と110点もの差がありました。

 

またグラフの右上から左下に対角線を引いたときに、左上に位置している学校(水色に塗ったグループ)は難化したことを意味しています。

 

浅野や市川は当時よりかなり難化しましたねびっくり

 

このグラフには載っていませんが、渋幕、渋渋、広尾など新たな共学が誕生したことは、現在の合不合偏差値に大きな影響を与えています。

 

当時、合不合に掲載されていた共学はわずか9校でしたので、この30数年で、中学受験に共学の波が押し寄せたのは大きな変化です。

 

私が子どもの中学受験を通して感じた大きな変化は、中学受験熱の高まりにより、受験勉強の早期化・長期化が進んだことと、親のサポートが以前にも増して必要とされていることです。

 

「中学受験ロス」という言葉が生まれたのもこのような背景からでしょう。

 

30数年前の合不合資料には、受験校の決定に関して、以下のように書かれている。

 

「ともすると、子供の弱点には目をつぶり、たまたま良い成績のものがふくまれていれば、それが我が子の実力と考えてしまいがちな親心。しかし、試験は冷たく厳しいものです。力のある者が落ちることがあっても、力のない者が合格することはありません。後の「学校別合否判定表」で、合格可能圏までにある学校から受験校をお決めになることをお勧めします。」

 

「受験校を決定する際に、第一に考えなければならないことは、お子様の実力相応の学校を選ぶことが重要ですが、単に「合格できそうだから」という安易な考え決めてしまうのは後々に大きな問題を残します。合格し、入学することになれば、少なくとも6年間、大学の付属校の場合は10年間その学校にお子様の教育をゆだねることになるなる訳ですから、よくその学校の教育方針や教科課程の実態・校風・卒業生の進路情況・・・・・・など、内容を良く調べ、お子様の性格や将来進む方向に適した学校であるかもよく検討された上で決定することが大切です。」

 

全くその通りで、現在でも通用する色褪せていない文章ですね。

前回の記事の続きです。

 

合不合の判定資料と一緒に、中学入試の募集要項の抜粋も同封されていた。

 

▼これが同封されていた募集要項一覧。

 

当時の資料(男子版)をあらためて眺めていると、現在の中学受験とは大きく異なる点がいくつも見つかった。

 

3点ほど書きます。

 

①多くの学校が一発勝負(入試は1回のみ)だった。

 

現在の中学受験では、複数回入試は当たり前で、試験回数が1回の学校はごく少数です。

 

ところが、30数年前に複数回入試(男子)を行っていたのは、海城、攻玉社、芝、城北、桐蔭学園、聖光学院、京華、巣鴨のみ。

 

ちなみに、現在のように、3回以上入試を行っている学校はなかった。

 

昭和の中学受験の方が、ある意味シンプルでわかりやすいですねびっくり

 

②多くの学校が面接試験を導入していた。

 

当時、男子の中学入試で面接試験(本人)を行っていた学校は以下の通り。

 

浅野、海城、開成、暁星、慶應普通部、城北、京華、佼成学園、桐朋、獨協、日大豊山、武蔵工大付、明治学院、成蹊、成城学園、森村、筑波大付属、学芸大小金井、千葉大付属

 

さらに、保護者(同伴)面接を行っていた学校も多かった(下記)。

 

栄光学園、攻玉社、駒場東邦、千葉日大、日大一、明大明治、芝浦工大、成城、日大二、日大三、法政第一、明大中野、慶應中等部、玉川学園、茗溪学園

 

現在の中学入試は、午前・午後入試に加えて、試験当日に合格発表もあったりと、とても慌ただしくて、後日、保護者同伴の面接を行うなんて考えられないですねゲッソリ

 

当時の中学受験は、ある意味で「小学校のお受験」に少し似ていたのかもしれないキョロキョロ

 

③ゆったりとした受験スケジュールだった。

 

当時は中学入試を行っていた学校が少なく、また1回目入試と2回目入試の日程が離れていて、受験スケジュールがゆったりとしていた。

 

例えば、

海城の1回目入試は2月1日、2回目入試は2月8日。

城北の1回目入試は2月1日、2回目入試は2月11日。

聖光学院の1回目入試は2月2日、2回目入試は2月12日

というように。

 

余談ですが、インターネットもない昭和の時代に、試験当日に合格発表(構内掲示)をしていた学校がある。

 

どこかわかりますか?

 

 

 

正解は巣鴨中です。

 

 

 

最後に、当時の募集要項抜粋を基に、昭和○○年の中学入試スケジュール(男子)をまとめてみました。

 

 

現在の中学入試と比べると、もう、スカスカですよねーびっくり

 

特に1月受験なんて皆無に等しいガーン

 

ちなみに埼玉なんて、私立中はほぼゼロ。

(浦和ルーテルや秀明があったかもしれないが・・・)

 

開成の受験者は2月1日、2日と入試があり、3日は巣鴨を受験した人が多かったんです。

 

1月入試の市川(当時は男子校)を受験する人もいたなー。

 

 

そうだ! 市川などを受ける人は除いて、多くの受験生が2月入試ぶっつけ本番でした。

 

何となく、その当時の気持ちが蘇ってきた気がするキョロキョロ

 

 

現在、受験生をお持ちの親世代は、私もそうだったように、中学受験の経験者が多いのではと思う。 

 

昔の中学受験の経験をそのまま当てはめようと思っても難しい。

 

昭和の合不合の資料は、中学受験の状況は当時とは一変していることを、明確に示しているのだ。

 

親世代の時代とは大きく変わってしまった中学受験に、子どもたちは何とか必死に立ち向かっているんですニコ

 

フレーフレー! 中学受験生!

 

フレーフレー! 受験生を支えるご家族!

 

 

 

また続きを書きます。

前回の記事の続きです。

 

昭和から平成に変わったこの30年の間で「合不合判定テスト」は変わっているのか?

 

娘が中学受験の世界に入るまで知らなかったのですが、いつのまにか、塾の名前が「四谷大塚進学教室」から「四谷大塚」に変わっていました。

 

ちなみに、これは余談ですが、

「あぁー、よつやーおおつかーしんがーくーきょうしつーカラオケ

こんな塾歌がありました。。。滝汗

 

さて、昭和と平成の合不合の実施規模を比べてみたところ、以下に示すように、4科受験者数(男子)はほとんど変わっておらず、平均点も250点前後でほぼ同じでした。

 

■昭和○○年11月実施

 4科受験者数(男子):6699名

 

■平成30年11月実施

 4科受験者数(男子):6606名

 

一見すると、2つの合不合は同じように見えるのですが、実は中学受験の状況が現在とは大きく異なっています。当時は中学入試を行っていた学校が今よりはるかに少なく、合不合における合否判定対象校も限られていた(下記参照)。

 

■4教科判定校(男子)

<国立(5校)>
埼玉大付属、千葉大付属、筑波大駒場、学芸大世田谷、学芸大竹早

<私立(24校)>
浅野、麻布、市川、栄光学園、海城、開成、暁星、慶應普通部、慶應中等部、駒場東邦、攻玉社、芝、城北、巣鴨、聖光学院、千葉日大第一、桐蔭学園、東邦大東邦、灘、日本大第一、武蔵、明大明治、ラサール、早稲田

 

■2教科判定校(男子)

<国立(3校)>

学芸大大泉、学芸大小金井、東京大付属

<私立(19校)>

青山学院、学習院、京華、佼成学園、成蹊、成城、芝浦工大、成城学園、桐朋、獨協、日本大学、日大豊山、日本大第2、法政大第一、明大中野、明治学院、武蔵工大付属、立教、早稲田実業

 

▼これが当時の合否判定表。このような判定表が全部で3枚入っていました。

 

 

ちなみに、当時志望者が多かった学校を書くと、

 第1位  立教* 1363名
 第2位  巣鴨 1291名
 第3位  明大中野* 1235名
 第4位  慶應普通部 1230名
 第5位  学習院* 1128名
 第6位  早稲田実業* 985名
 第7位  筑波大駒場 960名
 第8位  早稲田 911名
 第9位  慶應中等部 886名
 第10位 市川 801名

 *2教科入試校

 

2教科入試を行っていた学校がかなりあって(立教、明大中野、学習院、早稲田実業など)、多くの受験生を集めていました。

 

また当時の合不合は、難関校志願者が多いのも特徴でした。

 

男子御三家中の志願者は、開成(680名)、麻布(655名)、武蔵(370名)であり、これらを合計すると、4科受験生(6699名)の約25%にもなります!

 

その併願校であった巣鴨、1月入試の市川中はとても人気がありました。

 

当時はSAPIXがなく(日能研、桐杏学園、山田義塾などはありましたが)、難関校を志望する多くの受験生が合不合受けていたんですね。そういった意味で、昔の合不合の受験生のレベルはかなり高かったと思います。

 

つづきはまた書きます。