岩丸の携帯日記

岩丸の携帯日記

CinemaSuondWorksという会社で
遅延気味な日々を追いかけ記録…(かなり…)

つらい時も…、悲しくても…
笑顔を忘れないでいて

足りないものだけ、数えてくらせば
とてもつまらない世界だ

貴方の目の前、大事な人だけ
見つめてくらせば良い…

空に…月が出る、みんなの上に…月が出る。

「つまらない世界」より

6月です。今月の弊社のラインナップです。

 

先ずは、これです。

横浜聡子監督作品「いとみち」

主演は、駒井蓮ちゃん。

青森県で去年の秋に撮って、今年仕上げてました。


高校生のいとちゃんは、強い津軽弁の人見知りな女の子。可愛らしい服が着れるメイドカフェでアルバイトを始めたのだが、そこにいるのは…自称22歳のシングルマザーや、漫画家を夢見る先輩。頼りなげな店長と怪しげなオーナー。お客もお客で変わった面々。

家で待っているのは、津軽三味線の名人のおばあちゃんと大学教授のお父さん。

そんないとちゃんにも友達が出来た。

しかしある日、メイドカフェ存亡の危機が…。


録音、自分担当しました。久々の映画です。

音響効果は、弊社の渋谷。

カラコレは関谷さんで、本編は原ちゃん。


6/18が、青森先行上映

6/25から全国ロードショーです。


 

 

高岡早紀主演のドラマ「リカ」「リカ・リバース」の映画版

松木創監督作品「リカ 自称28歳の純愛モンスター」

 

主演が高岡早紀さんってだけで、想像してください…。

幼い頃から愛に恵まれなかった雨宮リカは、夫像、結婚像、家庭像に少女のような憧れと純粋さを持つ、自称28歳の女性。そして運命の男性に出逢った時、彼女のピュアな愛情は炸裂し、手段を選ばない最恐の“純愛モンスター”と化していく。

 

録音を弊社の渡辺が担当。

効果の担当は同じく廣中桃李。



杉岡知哉監督作品「Biitersand」


ある日、主人公の吉原は高校時代に思いを寄せていた絵莉子と再会する。しかし2人の高校時代には、思い出したくない忌まわしい過去が。その過去を拒絶する絵莉子。吉原は、ある計画をたてる…。

仕上げを、監督と同級生の弊社の齋藤が。
音響効果は、これまた弊社の渋谷。


ドラマです…。

6/27より、毎週日曜日10時から
NHK BSプレミアム「ライオンのおやつ」

「ライオンの家」と呼ばれる、とある島にあるホスピス。若くして余命を告げられた主人公・雫が「ライオンの家」へ来るところから話が始まる。「ライオンの家」には、入居者が自分の思い出のおやつをリクエスト出来る「おやつの時間」があるのだが、雫はおやつを決められずにいた…。
雫は、人生最後の時間に何を残し、どう過ごすのか…。

録音を弊社の吉田、仕上げを鈴木が担当。


6/15深夜よりON AIR開始
「REAL⇔FAKE 2nd」
クイーンレコード所属のステラクラウンズは、メンバーの海外留学を境に活動休止中だったが、朱音がクイーンレコードの社長に就任する事で活動を再会する事になる。しかし、社長になった朱音は、ステラクラウンズのライバルグループとしてアストラリングをデビューさせる。2つのグループのメンバーには、因縁があるのだ。そして活動再会を邪魔すように、ステラクラウンズのメンバーのスキャンダル事件が起こる。

録音を自分と弊社の渡辺、仕上げを自分と加藤が。


気になる物がありましたら、是非に…。



是非に…
是非に…
是非に…

あれとあれは、是非に…。

延期になった東京ドーム大会への前哨戦

Road to Wrestle Grand Slam 後楽園ホール3連戦の2日目

まずは5.25の後楽園

 

辻君、1人4番勝負の3試合目

第1試合 vs チューズ・オーウェンズ

テクニシャンの曲者、テキサスヘビー級チャンピオン

頑張れ辻君、日本での夜明けは近いぞ…

 

第2試合は、ザック .& DOUKI組と、高橋 & 石森

24日の配信のラストで、タイチのコロナ感染告白でわかりましたが、そういう訳のタッグだったのですね。そりゃなんとかしてもらわねば。

 

ザックの試合は、面白いんです。

 

第3試合は、天山とワトのコンビとタマ・タンガのGoDの現タッグ王者

 

永田さんと小島がアメリカ行ったのに対して、同年代で1人日本で気を吐く天山。…天山、凄いんです。

 

第4試合は、後藤 & 石井 & YOSHI-HASHIに田口監督が加わり、内藤 & SANADA & 鷹木 & BUSHIのロスインゴと対決

 

内藤さんの狙いは、ここなんですね…

石井さんとバッチバチに…

 

ここで気を吐くのは…

 

監督…です。

…読めない、この人は…読めない…。

いつスイッチが入るのか…

 

内藤さんがNEVER6人タッグに行く意味が…今一つわからない…

 

SANAやん…、いやいや…

BUSHI…、いやぁいやぁ…

 

かまって欲しいんだろ…っていう石井さんの言葉は正解ですよね…。

どっちでもいいぞ、遊んでやるって…

 

後楽園3連戦の2日目メインは、飯伏と棚橋さんの久々タッグと、オスプレイの留守を何とかしないといけないコブ & Oカーンのコンビ

前にも書きましたが…

コブが…良いんです…。

 

試合は、飯伏君が決めましたが…

もし今、誰かプロレスラーになって良いと言われたら、コブと言います。

 

あの体…身体能力…プロレス頑張ってる姿勢…、欲しいです。

 

棚さんと飯伏くんで、明るく終わる後楽園2日目

 

 

 

コブちゃんバックステージ

「俺はプロレスラーとしての誇りを持っている。

だからお前が『ペッパーランチ』でも『いきなり!ステーキ』でも『すしざんまい』でもどこで食事してても、後ろから現れて攻撃を仕掛けたりしない。攻撃していいのはリングの上だけだ。今日みたいにタッグマッチでも構わないが、早くお前と1対1で試合がしたい。いったいいつになるんだ?」

うんうん…、やっぱり、今誰かプロレスラーになって良いと言われたら、ジェフ・コブって答える。

 

 

そんな後楽園ホール大会3連戦も最終日、5.26

この人が現れました…

病み上がりのオカダ・カズチカ

元気そうなんで安心です…。

 

 

第1試合の、辻君チャレンジマッチ

この日は、鷹木慎吾

 

貼り倒しました…

今のハツラツおじさんは、かなり手ごわいですよ。

でも、これで良いと思います。

頑張れ辻君、日本での夜明けは、きっと近いぞ…。

 

 

 

第2試合は、棚橋さん & 天山 & ワト 組 vs 高橋 & チェーズ & 石森組

 

皆して、モンゴリアンチョップ

 

やっぱ、天山…凄いんです。その存在感が…。

 

第3試合は、ザック & DOUKI vs タマ・トンガ & タンガ・ロア

 

タイチのいないタッグ選手権、前哨戦

 

やっぱ、横浜スタジアムだったんだろうな…

タイチ & ザックのベルト奪取と、第ゼロ試合で、DOUKIと邪道のシングルマッチ

 

 

第4試合は、飯伏 & 本間組 vs ジェフ・コブ & グレート-O-カーン

 

これも、幻となった横浜スタジアムでの飯伏とコブのシングルマッチ

やっぱ、今はコブになりたい…。

私は、そう思う…

 

エンパイヤ…補強するでしょ…

オスプレイの留守の間。

 

あぁ。これも幻のX登場っていうシナリオだったんだろうな…。

 

 

第5試合、後楽園3日目の最後は…

 

後藤 & YOSHI-HASHI vs 内藤 & SANADA

何ですが…BUSHIさん、見学です。

 

YOSHI-HASHIとバチバチにやりあっても…

 

 

最後は内藤さんが決めて…

 

 

NEVER6人タッグへの挑戦表明…

 

 

良いんだけど…

なぜ?…という疑問がね…。

 

きっと何か考えてますよね…

まぁ…待ちましょう…。

 

出場しようとしていたエッセが…


フロントのストラットタワー上部に亀裂発見

以前、学習しました。
これは確実に…リタイヤパターン。

なので、急遽、出場車を変更。

スズキアルト36、タイキの車に変更。
急遽ですので、突発的な事が多々。

練習用に組んだ中古タイヤでの出場。
しまった…、あくまでも練習用のつもりだったので、ホイール…レース用じゃない…。
これは自分の失敗…。

タイキ、コウキ兄ちゃん、N村くんでレースに挑みます。


ぶっつけ本番なんですが、予選走ってみて、5番グリッド。

ECUを新たにしたのをつけて、どうだろうと思っていたら、予想外のタイム…8秒台で走ってます。

36…早くなってる。


こうなって来ると、順位が争えるところでの戦いになるので、おじさんは一歩引いて見てます。※手足の痺れで、乗る気なかったですが…。


同じ36の事故を横目に…

確実に早くなって、レースで戦える車になってる…。これは、執念の結果ですね。

後は、頼みますね…

36レース仕様の先駆者の道が…


あっ、昼飯済ませた後に、もう1杯…ARYさんお手製の豚丼頂いてます…。

ありがとうございます…。

36レース仕様の先駆者への道が…開けましたね。

リッター9キロって、レースでは珍しく、他チームに比べ給油の心配も無しで、まだ行けるよ…と驚きの連続…。

周りの想像以上に早く、「36、今どんな感じですか…」と聞きに来る人多数です。

最後にトラブルあったものの、電子制御車特有のもの。

7秒台で、36がLinkサーキットを走るとは思ってませんでした。

元々、36で走り始めたのシャチョーなんで…
感無量じゃないですか…

総合7位、クラス3位という成績は驚き。


面々は明日、エビスサーキットへ

私は仕事あるんで、新幹線で帰京します。
運び屋、終了

2年ぶりにいます。

福島のLinkサーキット。



明日の東北660耐久レースの為に、前のりで車持って来ました。いわゆる運び屋です。


それでも、この山の斜面を利用したLinkサーキットは、走って面白いコースなんで。


久々のフリー走行。

…前回は、2年前。

初で乗るN村君、あっという間にコツ掴んで、1分9秒台へ…

自身も痺れた右側をテンションで押さえ、9秒台へ


ここからは明日の本チャンの耐久レースに向けて、燃費計算走りにシフトチェンジ


回転数押さえて、燃費いくらで走れるか…
その時のタイムは…と


いずれにしたって、サーキット場走るのは楽しい。


坐骨神経痛と頚椎の椎間板ヘルニアの事は、忘れておく…(笑)

明日、また来ます。



コロナの陽性患者が出て、横浜スタジアムと東京ドームと言う大きな大会が順延となってしまいましたが、再開の5.22名古屋大会。

Road to Wrestle Grand Slamというシリーズ名ですが…落とし処がありません。横浜もドームもないので…。

それでも名古屋のお客さん900人…ありがたいですね。


再開一発目、託されたメインは

棚橋弘至・田口隆祐組 vs 鷹木信悟・BUSHI


オスプレイがあんな事になっちゃって、ベルト返上って、俺…準備万端だぜ

さすがハツラツおじさん!

この間、負けたばかりですが、鷹木はそれで良いんです。


ライブ配信の後楽園3連戦、初日の5.24。

オカダ・カズチカのコロナ感染告白のニュースが入って来ます。別に言わなくても…。


メキシコ修行に行きたくても行けない辻くんが、第1試合チャレンジシングルマッチが続きます。今日は高橋裕二郎。

解説のタイチが、1番辻が勝ちやすい相手と言ってますが…、そこはなかなか。


第2試合はザック & DOUKI組が、チェーズ・オーエンズ & 外道との試合。

本日、相方のタイチは解説席に座ってるので、外から2人の試合を見てます。


それにしても英国の関節王、ザックの試合は…面白い。


タッグベルトもそうなんですが…

タイチ・ザック・DOUKIで、NEVER無差別6人タッグのベルトを巻いてもらいたいと…切に…切に…願う。

2人でも盛り上げないとね…

健気な2人だぜ…


第3試合

天山 & 本間組 vs タマ & タンガ with 邪道


横浜でやると思われてた、タッグの選手権は…宙ぶらりん。



横浜宙ぶらりん案件が、もう一つありまして…

それが飯伏とコブのシングルマッチ。


第4試合

飯伏 & ワト vs コブ & グレート-O-カーン


飯伏がね…良いんです、殺気が…。

この人、ベルトの呪縛から解き放たれてる時の方が魅力的なんですかね…。



それとね…コブは、やっぱり魅力的。



オスプレイ欠場中のユナイテッド・エンパイアを何とかしないといけないのはOカーン広報部長なんですが、コブちゃん…魅力的すぎる。

もっと行って良いんですよ…。


メインは、棚橋弘至とNEVER無差別級6人タッグ王者の後藤 & 石井 & YOSHI-HASHIが、内藤 & SANADA & 鷹木 & BUSHIと対決。


IWGPへの道をどうするのか…

前回の挑戦者と次回の挑戦者の争いとするのか…、ジュニアの時みたいに三つ巴…、はたまたトーナメント戦…と興味は尽きないのですが…


内藤さんの物語は…、こっちなんですね…と

まぁ…成り行きを見守りますよ…

面白くしてくれるなら…

してくれるでしょう…


「俺達は、元気ハツラツの象徴だ!」とは、鷹木さん。

簡単に言うと、もう一回やらせろ!…という事。


で、サプライズは、最後にありました。


だから、俺もかかってたって事だよ、コロナに…と、突然放送中のタイチの告白。



他人事じゃねぇんだよ…と



物凄い説得力…。



これを受けてか…
デスペまで告白…




重ね重ね、他人事じゃないという事…。

坐骨神経痛の発症で、右足が痺れ

頚椎の椎間板ヘルニアで、右手が痺れ


今度は、歯周病からの入れ歯の危機に見舞われる…。



20年以上、見てもらって信頼をおいている歯医者のK先生。

どうすか…

「歯周病の治りが予想以上に良いので、入れ歯は据え置きで。ただし、月一で見せに来て下さい。油断しちゃ駄目です」と、50過ぎたおっさんの私を今だに君づけで呼ぶK先生。

とりあえず、今そこにある危機は、脱した…。

雨の花園、ホッとする…。

担当作品のアフレコの為に

スタジオに戻らねばならない、K宮さん。

ので…

代打で本日は私が現場へ



初っ端一発目は、スーパー銭湯での撮影

目の前には、素敵なマッサージチェアの誘惑が…。
撮影は、ずっと奥の方の、サウナルームで行ってます。
座って、コインを入れて、夢見心地の誘惑が…

次は、とあるお蕎麦屋さんをお借りしての撮影。店内に居場所が無いし、本日だけの代打なので…、大人しく外の1角に構える。

もう…、蚊が飛び回る季節です。
蚊取り線香が無いと、あっという間に、あいつらに囲まれます…。

でも、横を見ると…、バケツが灰皿として置かれてます。

おかげで大人しく身を潜めていようと思っていたものの…「あれっ今日は代打ですか?」とか、「あっ、珍しい人がいる…」とか、「呼んでも来てくれないのに、呼んでない時にいるし…」とか…、挨拶に事欠かない。
監督になったKくちゃんとも雑談…。

次…。

待ち時間の間に、現場仕切ってるジェロとミッキーとおやつタイム。

杏仁豆腐は飲み物です。…という飲み物。
確かにドロッドロの杏仁豆腐が入ってました。

本日のラストは…

皆既月食からのスーパームーンを横目に…
夜の都内、牽引撮影。


最近の牽引撮影って…、こんな台車に車乗っけて、やってるんだと関心…。


聞けば、アメリカ行って、トレーラー業者を数多く回って、手に入れた代物だ…そうです。
特注だ…素材です。

凄いね…ミッキー…
「凄いですね」
「でも、このままだと、終わるの朝ですよ」
それは…まずいね…。

撮影用に、台車に載せられたタクシー

牽引車の中から、見た風景

牽引の撮影は、その度その度にセッティングを変えるので、時間がかかる。

皆既月食は、とっくに終わり
スーパームーンの事も、もう忘れてる…。

K監督とHラインP
「だから俺は時間かかると言ったんだ」

…いやいや、俺代打だから
…今日だけだし

こんなコロナ過ですが

給与日は、やって来ます。



無事な月末を過ごす為には

無事な入金。


感謝してますよ、本当に…。



木村花メモリアルマッチ 「またね」後楽園大会メイン

 

点と点が繋がり、線となって、新たな物語を作ります。

 

 

3試合目がメインです。

 

誰が出るかは、入場曲がかかってからのお楽しみ。

で…出てきたのは…

桃野美桜、なつぽい、朱里、朱崇花

 

桃野は、長与千種の遺伝子を継ぐマーベラスの選手。木村響子さんがデビュー戦の相手。そして数少ない花ちゃんのプロレス同期生。

ちっちゃい印象…。

 

なつぽいと朱里は、スターダムの貸し出し枠と思いきや…。なつぽいは、花ちゃんとお互い新人時代に切磋琢磨した関係だと。

朱里姉さんがいるのは、試合としては心強い。

あちこち参戦してるんで、その繋がりなんだろうと…。

 

朱崇花さんも始めて見る選手。

聞けば、花さんがプロレスラーになって始めて出来た友達、そしてタッグパートナー。タッパがあってカッコいい。

2人のタッグチーム「フロウリッシュ」の入場曲として使っていた大門さんという方の生歌で、登場。

 

 

対するコーナーに立つのは…

花さんがスターダムで立ち上げたユニットTSCで、花さんに魔法をかけられた米山香織の化身…という設定のDEATH山さんが登場。

因みに今の名前は…無理矢理ヒールユニットの大江戸隊に入れられて…不機嫌さんですが、今宵はDEATH山さん、復活。

これは嬉しい(笑)

 

小波選手も、花ちゃんのTSCメンバー、元TSCメインメンバー。

現在は、ヒールユニット大江戸隊メンバー。

TSCから花ちゃんいなくなり、残りのメンバーで試合続けてましたが、ユニット解散権をかけた試合で、ジャングル叫女を裏切る形で、大江戸隊入り。

 

ちなみに…

花ちゃん、TSCの前に所属していたユニットは、大江戸隊。

これは…小波の決意と当時受け取りました…。

 

で、本日のサプライズ。

花ちゃんと同時代に、大江戸隊で組んでいて、今は引退している花月さんと葉月さんが、一日限りのリング復活。

これは…リアルタイムで見ていた人は…テンション上がるんでは…。

花月さんは一日限りの復帰を公言してましたが、葉月さんは完全サプライズ?

 

試合はね…、桃野がね…、良いんです。

とにかく楽しそう…。

 

DEATH山さんが決めポーズやってると、朱崇花と一緒になってリングサイドでDEATH山ポーズ決めたり、なつぽいとの連携がうまかったり、明るくて楽しいのが、こっちまで伝わってくる。

 

でも、桃野がDEATH山さんと小波の連携に倒れた時に…

小波の視線、ちょっとの間、リングに飛び込むジャングル叫女

DEATH山・ジャングル叫女・小波の…TSC・いえっさーポーズで…泣けてしまった…。

 

にしても、この日1日の為に体作って、復帰した花月さんと葉月さんは、凄い…。全然…まだいけるじゃん…と。

お母さんの響子さんも、途中で試合に介入(笑)

 

試合は、朱崇花さんが葉月さんを丸め込み、ラ・マヒストラルで勝利。

 

線が繋がるっていうのは、こういう事かと満足しかけたら…

朱崇花「終わるの、早すぎない?」

花ちゃんの親友という特権で、花月さんとシングルもういっちょ要求。

花月「もう、一般人やぞ!」

 

ここから、エキストラマッチ

朱崇花 vs 花月

 

これが…本当に引退した人か…というくらい、花月さん動きが良い。

試合、面白い。飛ぶし回るし、客のせるし…

凄すぎ…。

リアルタイムで、この人見てたら…確実にファンになってたな…。

 

最後は、いえっさーで、しめ…

 

 

よかった…良い興行だった。

 

男女の境を飛び越えて、団体の枠にとらわれず

響子さんたちのやりたかった事がこれだったのか…

これは、1団体の追悼興行では、ハマり切らなかったかもですね。

うん…良い興行だった。

 

と思ったら、まだ続きが…

ビデオメッセージ…TAJIRI登場。

そこから、花ちゃんと関わりのあったレスラーたちの「またね」のメッセージ。いるわ…いるわ…いろんな面々。

武藤啓司さんで納得し、ケニーオメガに驚き、ジャガー横田さんで泣きそうになる。

 

またね…は、バイバイの意味じゃないって、そう思わせてくれた。

凄く…凄く…、とても良い興行でした。

 

 

 

 

花ちゃんが、最後に所属していたスターダムは、この日、甲府で興行を行い、スペシャルマッチとして…

岩谷麻優 vs ジュリアの一戦を地方興行で解禁…

試合は、15分時間切れ引き分け…

 

花ちゃんの最後のライバル…、ジュリア

最後の対戦相手…、岩谷麻優

 

武道館メインでも、おつりが返ってくるカード…

 

試合後、ジュリアは、今日は戦友の命日だと言いました。

戦い続けることが、一番の供養だと…。

 

岩谷は、ジュリアと花ちゃんとお客さんに、またね…と言いました。

 

Twitter、お借りします。

 

 

 
 
 

 

木村花は、生きている…。

 

よしっ会場に行こう…。

 

またね…、いえっさー!

あれから1年経ちました。

木村花が、この世から命を絶った日です。

 

女子プロレスを再び見るきっかけとなったのは、新日のドーム大会で木村花の試合を見たから…。将来が楽しみで、この子を軸に、女子プロをもう一回見てみようと…そう思わせてもらいました。未来がね…見えました。

その未来が消えました。

どうでもいい、くだらない言葉の積み重ねで。

 

悔しくて、切ない日が、5月23日です。

が…そのメモリアルマッチは、楽しく元気になれる興行でした。

 

 

後楽園行こうと思ってましたが、チケット即完売でした。

なので、配信にて。

 

元々は、スターダムがこの日、後楽園ホールを押さえていたそうです。

しかし、お母さんであり、元女子プロレスラーの木村響子さんが中心となったメモリアルマッチに、譲ったそうです。

 

 

オープニングは、ジャングル叫女の挨拶。

あの事実を最初に受け止めたであろう…1人。

 

怪我でスターダム欠場中ですが、この人が戻ってこないと、スターダムの木村花の物語は次へ進めない。

でも、出てこれるって事は元気だ…と信じたい。信じてますよ、強い叫女で戻ってくる事を。

花ちゃんのユニット、トーキョー・サイバー・スクワットの決めポーズ、イエッサー。

 

ダンスユニット登場。。

花ちゃんがプロレスやる前、ダンスを習いに行ってた頃の、ユニットのメンバーが集まってくてたそうです。

楽しいのは、一番です。

 

さぁ、試合開始。プロレスは、3試合。

 

第1試合 沖縄プロレスの今

沖縄プロレス提供試合。

HUB・シーサー王・エイサー8組対翔太・FUMA・ミルマングース

 

…すみません、初めてみます、沖縄プロレス。

 

大阪プロレスのS・デルフィンが、かつて沖縄で行っていた地域密着型プロレスが沖縄プロレス。そこに花さんの母親の木村響子さんが参戦していた頃、地元テレビ局発信のアイドルユニットに花ちゃんが参加してた…という縁。

今はそれぞれ各団体に散っていった人たちが、この日の為に再集結。

デルフィン色の楽しいルチャの試合。

 

第2試合 変則バトルロイヤル

花ちゃんにゆかりのあるレスラーによる変則バトルロイヤル。なぜ変則かというと…あるポイントで変則的に入場してくる人がいる…と。

 

バトルロイヤルって試合として難しいです。

アクセントになる人がいて、それぞれがそれぞれの役割を全うしないと、グダグダになりかねない。

 

そして、入場するメンバー…ほとんど知りません。不安…。

正直、グダグダにならなければ良いな…そんな思いでした。

 

退場順の記録が残っているので、参照させてもらいます。

 

女子プロレスラーの面々は、ほとんど知らない。

宮崎有紀って、JWPだっけ…まだやってるんだ…えっ、今はWAVEなんだ…くらい。

春日萌花とチェリーはフリーの選手。DASH・チサコ、橋本千鉱、岩田美香は、センダイガールズの選手。高瀬みゆきは、アクトレスガールズ。中森華子は、ピュアJ。

…すみません、知りません…ほぼ。

 

で、男性陣は…

芦野祥太郎、児玉裕輔、ツトム・オースギ、バナナ千賀は、フリーの選手。阿部史典は、BASARA。新納刀は、MIKAMI。がばいじいちゃん、九州プロレス。めんそーれ親父は、元の沖縄プロレス。ランジェリー武藤…わからん、全然わからん…。

…失礼だけど、大丈夫なのか、この面子で。

 

と思っていたら、いきなり特別枠でスペル・デルフィン師匠登場。…師匠!

 

そういう事か…。これは…逆に…誰が出てくるか楽しめるパターンだ。その中で、今上がっている面々で、他より目立てる輩がいるのか?…だ。

 

続いて、怨霊登場…まだやってるんだ、怨霊。

怪奇枠??暗黒プロレス組織666…、はぁぁぁぁ…。アイガー・アンドラス宮城・宮本裕向、ラム隊長…知らん。

アイガーはLLPWのあの人で、アンドラスは大江戸隊にいた人で、宮本はデスマッチの人で、ラム隊長・・・はぁぁぁぁ。

まぁ、これはこれで…面白い。

 

で、旧姓・木村花(旧姓・広田レジーナさくら)登場。

広田さくら・・・まだやってるんだ。

相変わらず…面白い、木村花・完コピ(笑)

 

で、デスマッチファイター葛西純…登場。

センダイガールズの岩田という子が大ファンらしくて、近日公開される葛西のドキュメンタリー映画のチケットにサインを求む。

何だ…何だ…面白いぞ、岩田…覚えた(笑)

 

黒い弾丸、田中将斗登場。そして新崎人生登場。

もの凄い数の…拝み渡り…見たかった…。それは不発。

新崎人生の拝み渡り…自分もされてみたい。

 

最後は、CIMA登場って、なんだこの空間。

何気に、インディー団体オールスター戦になってる…。心配して損した。豪華じゃん(笑)

 

最後に残ったのは…

 

田中将斗とCIMAの一騎打ち、これは…見たい!

あれっ…ラム会長が残ってる(笑)。

 

最後の最後は、オーバーザトップロープで、ラム会長の勝利。

 

なんじゃこれは(笑)

 

で、マイク…

 

ラム会長、花ちゃんの幼馴染だそうです。

プロレスやる前から、友達だったそうです。

ラム会長、史上最年少の小学生プロレスラーだったそうです。

 

「彼女とは、良い思い出しかない…。心残りは、リングで一緒に戦えなかった事。」自身の心の中で、花ちゃんとずっと一緒にリングに上がるそうです。

 

良いエンディングのバトルロイヤルでした。…納得、ほんわか。

しかし、この豪華な面々は…。

人の繋がりに恵まれてた…という事。

皆、花ちゃんに未来を見てたという事。

 

そしてメインは…

 

つづく

 

またね、その1