怒りを着る!格闘技好きのマリオンアパレル代表の日記
  • 24Apr
    • 「世界で」ではなく「世界と」

      夏のOPENに向けて海外通販サイトの立ち上げ準備をしています。「国内で戦っていたら、世界から置いていかれる。もっと外国人と戦わないといけないという危機感を感じさせてくれるようになった1年間でした」韓国の格闘技団体ROAD FC参戦後の下石康太選手がインタビューで語った言葉に刺激を受けています。マリアパも「世界で」ではなく「世界と」戦って行きます。マリオンアパレル下石康太のインスタグラム

      テーマ:
  • 22Apr
    • 2019年4月21日RIZIN15in横浜スタジアム

      昨日、RIZIN15に行って来た。大晦日のRIZIN14で川尻選手に勝った北岡悟選手がマイクで放った「明日もまた生きるぞ!」このシンプルかつ何でもない言葉がずっと頭に残っている。そんな北岡悟選手の試合がありました。プロとはなんぞや?ごく最近まで自分の中で「その仕事だけでご飯を食べれている人の事」でした。日本においてプロ格闘家と呼ばれる人の中で格闘技だけでご飯を食べれている人は少ないと聞く。しかし、そんな自分の浅はかな考えをぶっ壊してくれたのが北岡悟選手。どこが?と聞かれたら説明は難しいが、彼こそが昨日のRIZIN出場選手の中で1番プロ格闘家だった。明日もまた生きるぞ!

      テーマ:
  • 11Apr
    • 怒りを着よ!

      どんなブランドにもコンセプトがあって、そのブランドを作った経緯や思いがあります。「マリアパのブランドコンセプトって何ですか?」と聞かれる事が少なからずありますが、マリアパのコンセプトは「怒り」です。生きていると"怒り"という感情で溢れます。後々考えてみると”怒り”の大半は内なる自分へのものが多いのですが、そのどうしようもない感情を”着る”ことによって発散させよう!ドクロやゾンビなどの服を着て吐き出そう!ということです。・奇抜な髪形にする・タトゥを入れる・筋肉をつけるなど、自己主張の仕方は色々ありますがその中の一つとして”怒り”を着る!というのはいかがでしょうか?マリオンアパレルマリアパ代表Twitter

      1
      テーマ:
  • 01Apr
    • 2019年3月31日(日)東京・両国国技館でONEChampionship初の日本大会 観戦メモ

      2019年3月31日(日)、両国国技館で行われたアジア最大のMMA(総合格闘技)プロモーション「ONE Championship」に行ってきました。試合は自分が語るまでもなく全試合エキサイティングでした。ONE日本大会で感じた事を帰ってきて記憶があるうちにメモに取っていたので、記録として残しておきます。ONE Championshipはシンガポールで設立された団体ですが、2018年11月9日 (金) 、現地のシンガポール・インドア・スタジアムで行われた試合を観戦したのでONEがどのような雰囲気かはなんとなく知っており、両国国技館がどこまでその雰囲気に近づくのかも一つの楽しみでありました。結論的に言うと、現地の雰囲気をほぼそのまま持って来ているように思えた。現地と同じような空気感を感じたのは、例えば...・入場時にカバンの中身チェックと金属探知機・爆音と光の演出・観客席を盛り上げる光る棒もありました。・VIP入り口の受付、物販のレジ係のお姉さんが英語のみ・物販も現地制作ではなく、恐らく持ち込みではないか・シンガポール・インドア・スタジアムの方が広く感じたのですが、収容人数はインドアが12,000人で両国国技館が11,098人(B1Fアリーナ1,300席・1F桝2,600席・2Fイス2,600席)なので大差はないはず。この日の観客は5000人以下だったのではないかと想像。・開始時は空席が目立ったが、試合が後半になるにつれ徐々に埋まっていき、メイン時は、私のまわりは満席状態。これは、シンガポールでもそうだったし、韓国のプロモーションROAD FC観戦の際も同じだった。とくにシンガポールでは1試合めのスタート時、ほとんどお客さんがいなかったと記憶している。・外国人客の数が日本の他のプロモーションでは見た事が無いくらい多い↗SS席(5万円)いましたが、周りが外国人だらけでした。選手の関係者らしき人がたくさんいたように感じた。ONEのプロモーションを肌で感じて思ったことは、チケット売り上げだけの一つの興行としたら完全に赤字だなのではと思うんですが、ONEのビジネスモデルは恐らくチケット販売などそこまで気にしていない。かつPPVと呼ばれる有料の視聴コンテンツに支払われる対価による売上でもない。そして広告収入でも無いのだと今日実感しました。というのも、ONEの演出や試合数、選手規模から察しても(出場している選手のファイトマネー高そうだし)、莫大な予算を投下しているのではないかと思います。両国国技館規模であそこまでのお金の掛け方は普通ありえない。しかも通常目にするような大手の広告が少なくとも会場にはありませんでした。さらに印象的だったのは、ONEのアプリでは全試合無料で観れるという宣伝があったこと。ONEのビジネスの本丸はこのアプリにあるのだと思います。世界規模で考えると、全世界のレベルの高い格闘技の試合が無料で観られるアプリ会員の数が何十億人ともなれば色々な事ができるはず。そういえばONEのチャトリCEOが「ONEはFacebookのようなもの。」と言うのを何かの記事で見たことがあるけど、ONEに185億という巨額の投資をしたアメリカのベンチャーキャピタル、セコイア・キャピタルはこのビジネスモデルに乗ったのではないかと推測できます。PPV売上が半端ないUFCの40億ドル売却の話を知っていたので、ONEの場合もずっとこのパターンかと思っていましたが、そんな規模じゃなかった。大げさな言い方をすれば地球規模が「一つ」になる。そんな求心力があるのがまさにONE。格闘技はそれほど人を虜にする。今後の流れとしては、セコイアから巨額投資を受けているONEはとにかく投資をしなければならないはず。プロモーションにお金をかけまくるのは当然だが、今後は本気で世界中の優秀な格闘家と契約していくことが予想されます。しかもONEはMMA(総合格闘技)だけではなく、キック、ムエタイ、ラウェイの他にボクシングの世界タイトルマッチも行っているので、さらに勢力を広げていくものと思われます。PANCRASEと修斗がONEとパートナーシップを結んだのも当然の話で、話の規模が違い過ぎると感じます。今年10月に予定されている日本大会第2弾に続き、来年は4大会予定されているとの事。将来的に、月1回年12大会行われるなら納得である。というか天晴れである。「日本の格闘家はONEを目指せ!」と私が言うまでもなく、強い日本人選手のほとんどがONEに行く日もそう遠くないはず。何より両国国技館でONEを目の当たりにした選手の中にはこの舞台で戦いたいと思った選手がたくさんいたはずだ。でも、一つの世界規模の舞台で戦える環境が見えたことは選手にとっては希望ではないか。*2019年4月4日に写真を追加しました。

      2
      テーマ:
  • 31Mar
    • 兎に角、格闘家は食べる!杉山和史編

      「自分のブランドの服を格闘家が着ているのって凄くない?」自社ブランド宣伝のために開設したはずのツイッターアカウント「マリオンアパレル株式会社代表」がいつの間にか格闘技関連ばかりのツイートとリツイートで埋まっている。格闘技は本当に面白い!仕事どころではない!しかし、仕事をしないと生きてはいけない。大好きな格闘技と仕事を結び付けれないかと選手のSNSをチェックしているとスポンサーらしきブランドが付いてるいる選手が複数いる事に気づいた。「自分のブランドの服を格闘家が着ているのって凄くない?」まるで世紀の発明かのように書いているが、あらゆるスポーツ業界で大昔から行われている事である。テニスの錦織圭選手のユニクロやマイケル・ジョーダンのナイキのように。もし自分のブランドの服を大好きな格闘家が着てくれている姿を想像するとこれはやはり凄い事である。かと言って格闘技業界にはなんの繋がりもなく途方に暮れていたある日、「マリオンアパレル」でエゴサーチしていた私は格闘家自らマリオンアパレルの服を着てくれているの見つけてしまった。前置きが長くなりましたが、その格闘家こそが今回ご紹介の「杉山和史(すぎやま かつし)」選手です。格闘家の着用写真を見つけてはDROPBOXに保存する収集癖がある私ですが、一番多いのも杉山和史(すぎやま かつし)選手です。そんな杉山コレクションの中から今回は「食べる杉山和史」をまとめてみたのでご覧ください。杉山選手に限らず格闘家のSNSは「練習している」か「食べている」が中心の方が多いのが特徴的ですが、365日ほぼマリオンアパレルの服を着てくれている杉山選手だからこその「マリアパを着て食べる」コレクションが多いです。それではご堪能ください。タイトルは「マリオンアパレルを着てご飯を食べる杉山和史」です。杉山和史(すぎやま かつし)選手に少しでも興味をもってしまった貴方は迷わず杉山選手のSNSをフォローする事をお勧めします。貴方の心は貴方の体を離れて、この不思議な格闘技地獄の中に入ってゆくでしょう。そして、それは最高の満足をもたらします。杉山ツイッターを見てさらに興味を持たれた方はなんと5月26日に試合が決まっています。私はもちろん現地観戦です。杉山和史選手ツイッター杉山和史Wilipediaマリオンアパレル代表ツイッターマリオンアパレルインスタグラムマリオンアパレル通販サイト

      3
      テーマ: