blog marion
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-02-12 19:13:14

春よ来い

テーマ:アートフラワー
年末に 年賀状を書いてないからと連絡をいれると 病で伏せていると。

うん?
鬼の撹乱?

まだ 片付けや工務店まわりで 毎日が終わっているのを、見舞いしなきゃと、根つきは駄目だし、とか考え ばっと 明るく春よ 早く来い!と 願いつつ ブーケにした。
片付けしていて 昔買っていたオーガンジーのガーベラが10本ほど出てきたの、これ お気に入りだったのよね~。
淡いpinkだったため チューリップとかあわせてみるけど 微妙に色  素材があわないの。
入れ方は ブライダルのワイヤーリングだけど、パコバゴで supportを作りました。

ワイヤーは薔薇の葉で隠しました。
スノードロップの葉かで lineをだして 遊んでみました。

薔薇   ガーベラ  アネモネ  スカビオサ  忘れな草  マム sp薔薇  秋色紫陽花  パンジー  スノードロップ ほか

友達に電話をかけたら もう仕事やってたわ。
遅かった…?
2018-01-25 23:06:40

最近の私

テーマ:プリザーブドフラワー



昔 昔 カルトナージュで作っていた和の箱に 花を入れました。

初期の初期の作品で 出来上がりの悪いこと!
捨てるにしのびなく まだ保管していたようです。


皆さんは雪で滑ったと話されているなか 私はかなり分厚い板でできた 踏み台 に蹴躓き 転びました。転んだ弾みに踏み台で右顔面にこめかみから頭部にかけ打ち付け、今も腫れ 青地み、瞼にはアザが。目を動かしても痛い!
お腹にもアザが。本人より 人から それだけ腫れていて痛くないの?と。痛いに決まってるじゃない!
皆さんは 雪で転ばないようにしてくださいね。

転んだ瞬間 痛さのあまり 鏡の前に。顔が20センチほどライン上にへっこみ ショック受けました。
2018-01-24 06:20:00

貫一とお宮

テーマ:
貫一 お宮のお話は有名ですね。

実話だと思っていましたら、尾崎紅葉の新聞に記載されていた小説でした。
尾崎紅葉も ここ起雲閣にて執筆活動をおこなっていたようです。

主人公は自分の姿とだぶらせて書かれているそうですが、銅像がたつくらい有名な話となりました。



部屋には硝子ばりで中に入れない箇所もあります。
旅館ですので 間取りは左右使用が反対のみで ほぼ同じです。


また寒くなりましたね~。
低い温度で夜中に暖房をつけて 水道等の凍結を避けるため対処していました。

手先の荒れは 引っ越しの作業による油分が無くなったためで、足用のひび割れcreamを薬局で薦められ 少しましになりましたが、しもやけで病院にかけつける人も増えたそうですね。
私だけじゃなかったんだ…。
2018-01-22 06:46:00

玄米カイロ

テーマ:その他


知り合いがヨガの先生から作っていただき 原価で買ってきた 玄米カイロです。700円なり。

電子レンジで温めて使用します。

私のは玄米の香りが少ないのですが、米の水分が蒸発し ぬくみがで、使っているうちに 外気の水分をまた含むそうです。

表面だけ温めるわけではなく 円赤外みたく お腹の心底まで温めてくれるそうです。

玄米  炒りぬか  塩  2 対 2 対 1の割合で入れると 柔らかくなるそうです。
玄米だけでもOK。

布は綿または麻で。
化繊はまた金糸はレンジだと燃えてしまいます。

約一年ほどで中身を変えたほうが よりベターです。

ちなみに ネットでは1200円で販売されています。

私のは中に乾燥させたヨモギが入っています。

sizeは自分が好きなように作り 肩用や 腰用などと使い分けると良いですね。

皮膚の弱い人には刺激になりますが、唐辛子も入れるとよいでしょう。

レンジで温めると 玄米の香りが凄くしますよ。
2018-01-21 09:52:40

文豪と旅館

テーマ:
熱海の起雲閣の続きです。

洋館を彷彿させる造りを過ぎると 途中3部屋ほど 開放してあります。
純和風な造りで、落ち着いた佇まいに。
ここの花はかなり上手い!
片隅にはどこにでもある 簡単なテーブルと椅子が。
谷崎潤一郎  志賀直哉  山本有三 氏の名前が見えますが、ここの部屋で執筆活動をしていたようです。

庭も広く 都心からも近く 落ち着いた空間、色々想像をはべらすのには 絶好のシツエーションなのでしょうね。

先日から 手探りで リノベーションしてくれる工務店を探して 飛びはねています。  
 水回りが金額がはるため もう新しくなっていると話すと 相手にしてくれない業者もあったり なかなか手強いです。辛抱 辛抱です。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス