マレーの虎ブログ

19世紀多くの中国人が分断国家に成り下がった故国を離れ、
海外に散らばった。そして異国の地で力を蓄えた華僑が、現在の
先進中国の足がかりを作った。

21世紀、今度は日本を離れた和僑たちが、同じ役割を担うこと
になるのか・・・。?


テーマ:
 


最近、次女の進学校の選定で悩んでます。

最近は、マレーシアに教育留学目的で来られる日本人
が、確実に増えてます。

語学学校や、留学先、インター・スクール等への問い合わせ
も多いですね。

それで、昨日とあるインター・スクールへ見学に行って来たん
ですが・・・

定員オーバーで入学待ちで、入れそそうにないことが判明。

いや~、ホント。

他のビジネスが馬鹿らしいくらいに、教育ビジネスは儲か
ります。

日本人もマレーシア人も国家が与える教育の質が悪過ぎる
ことに、大きな不満と不安を抱えています。

これだけ、激しい社会や経済の変化にまったくついていけて
ないのが、国家教育事業・・・

で、お金のある中流層以上は、何とかして、自分の子供には
良い教育を受けさせたいと思うのが、親御心。

私は、決して、西洋式インターの教育が特別優れているとは
思いません。それどころか、ほとんどの日本人は知りません
が、大きな弊害があることも知ってます。

ここ10年、マレーシアでの民間の医療費と教育費の高騰は、
相当高いです。インフレ率をはるかに超えた伸び率です。

それでも、教育と医療に国民は、高いお金を払い続けてい
ます。私にも良く分かりません。なぜ、多くのマレーシア人
が、破綻せずに、生活できているのか・・・

というよりか、全然豊かなんですよね・・・ GDPでは、おそらく
日本の半分以下なのに、マレーシア人の生活は一般日本人
より、完全に豊かです。

ホッペタを何回つねっても、変わらない現実です。

ちょっと、話がそれました。 

本題に戻します。

外資系企業や国営企業も比較的しっかりしているマレーシア人
やシンガポール人が、将来の就職を考えて、教育に高額な投資
をするのは、まだ分かるんですが・・・

教育制度も就職制度も、完全に時代遅れになりつつある日本
で、本当に、教育に投資する価値があるのでしょうか・・・?

本当に、将来に武器になる知識とスキルを真剣に見極め、
子供に指し示してあげるのが、私たち親の重要な役割だと
思うのですが・・・

どうも、私も含めて、それができている親が少ないという
か・・・

大事なので、もう一度言います。

10年後、20年後の社会を見極めるのは、私たち親の仕事
だと思います。

『そんなことできたら、苦労しない・・・』

と言っている、あなた・・・。

そう、アナタです。

もし、あなたが、その責任を放棄したら、誰がアナタの子供に、
行き先の地図を与えることができるのでしょう・・・・?

私は、20数年前から、現在の日本の状況を、予測していました。

出来るのです。

バカな学者や評論家に騙されなければ・・・・

アベノミクスで日本復活だ・・・・・

と言っているようでは、先が思いやられます。

本当に、子供の将来が心配な人は、ご連絡ください。

今日の記事、面白かった・・・
と、思ってもらえた方。 下のバーナーのクリックを
よろしく、お願いします。




海外起業 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

marenotoraさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。