マレーの虎ブログ

19世紀多くの中国人が分断国家に成り下がった故国を離れ、
海外に散らばった。そして異国の地で力を蓄えた華僑が、現在の
先進中国の足がかりを作った。

21世紀、今度は日本を離れた和僑たちが、同じ役割を担うこと
になるのか・・・。?


テーマ:


最近、気になっていることを少しシェアーしたいと思います。


『スコトーマ』という言葉を聞かれたことがありますか?


認知脳科学や心理学用語なのですが・・・


例えば、最近日本の大企業の経営者が、皆おかしく
なってます。


過去の成功体験の刷り込みから抜け出せず、時代の
変化についていけないのが、その最大の要因です。


大企業が軒並み、不安定になる中で、どちらかとい
えば、落ちこぼれの若い個人が、ネットの強みを活か
して、成功している例も増えてます。


つまり、今までの強み(学歴・経験・キャリア) が弱み
になり、反対にこれまでは弱みでしかなかった(落ち
こぼれ、未経験) が強みになって、新しいネット世界を
利用して、成功しているわけです。


つまり、今までの成功体験そのものが、ある日突然、
弱みに変わることが、起きているわけです。


面白い標語があります。


『サラリーマンは、無能になるまで出世する』

という標語です。


新入社員で入社し、それぞれの経験を経て、出世して
行くわけですが、ある日、どこかで頭打ちになる立場まで
出世するということです。


多くのサラリーマンの方は、なんで自分の上司で、本当に
尊敬できるような人がいないのか、不思議に感じてきた
と思うのですが・・・


そういった、背景があるんですね・・・


私は、この標語は経営者にも当てはまるような気がして
ます。


『ビジネスマンは、無能になるまで成功する』


という標語です。


経営者は基本孤独です。


また、成功すればするほど、自信が生まれ、反対に周りが
バカに見えてきます。


そして、成功をドンドンと積み重ね、気がつくと、周りは自分
より能力も経験も上の人間のばかりの中で、戦うことになる。


そして、どこかで自分の実力を思い知らされるというわけ
です。


こうした、リスクを回避するには、自分を正確に理解し、
世の中の流れを見て、方向を指し示してくれるメンター
やコーチをもつ以外にないと思います。


いくら訓練を積んでも、自分を客観的に見るには、限界が
あり、その限界を補うには、信頼できるメンターやコーチが
絶対的に必要だということです。



今日の記事、面白かった・・・
と、思ってもらえた方。 下のバーナーのクリックを
よろしく、お願いします。




海外起業 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

marenotoraさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。