ベッドから抱っこ

テーマ:

ちゃえる@4歳

 

基本的に寝起きがいいちゃえる。

「おきてー」と言うだけで、もぞもぞ動き出して起きる。

高性能なマイクが搭載されているようだ。

 

そんなちゃえるでもたまに起きれない日もある。

「ほら、おーきーてー。朝だよーーー。」

「・・・ねむいーーー。」

 

更には、最近「怒る」という手も使うようになってきた。

「起きてってばーーーっ」

「まだ眠いのにママのせいで※*$&#!」←もはや何を言っているかはわからない

 

そんな時に使う手。

「ほら、起きたら抱っこするよーーーっ!」

シャキーン。

一発で起きて飛びついてくる。

ンガ・・・重いっつーの。

抱っこでベッドから降ろして、「トイレ行っておいで―」と送り出す。

 

それを見ていたももえる。

「いいなー。ずるーい。」

ずるくねーよ。。。まさか、お前まで抱っこするのか?

あたし、腰大丈夫かな・・・

「・・・・・・・・・・・だっこする?」

「うんっ!!!」

ももえる@28キロ。

ドキドキしながら抱っこしてベッドからおろす。

身長も高いので、あっという間に足がついてしまうが、それでもうれしいらしい。

寝起きの悪いももえるも

「トイレ行ってくるー」

とご機嫌。

 

やっぱり抱っこは最強だなー。

朝も手抜きせずに抱っこしようっと。

赤ちゃん抱っこ

テーマ:

ちゃえる@4歳

 

18キロ。

筋肉質。

寝起き良し。

 

というわけで、朝は

「起きてー、朝だよー。」

と呼びかけ、

トイレへ行かせて、

手をつないで階段を下りてリビングへ行く。

 

意外とラクチン

・・・だったんですが。

 

ある朝、急に、なんだかそれではイケナイような気がして・・・。

もぞもぞ動き出した段階で、赤ちゃん抱っこしてみた。

あぁ・・・昔はこうやっておっぱいしてたなぁ・・・なんて懐かしい。

重いけど。

 

そうやってしばらく抱っこしていたら、

「なんか気持ちいい♪」

とちゃえる@満面の笑み。

私も、ほんわかいい気持ち。

 

やっぱり抱っこ大事だなー。

もっといっぱい抱っこせねば。

 

バレエの公演

テーマ:

ももえる@小3。

 

バレエを習っているももえる。

「ももえるってば、完成形(目指すところ)が分かってないよなぁ・・・」と思ったので、始めてバレエの公演に連れて行ってみた。

演目は「ドラゴンクエスト」

えへ。もちろん、私の好みですwww

 

子供用の公演だったし、最初から白鳥の湖見せるより、敷居は低くていいかなーと。

途中で飽きちゃっても困るしさ。

 

私もバレエの舞台を見るのは初めてで、ちょっとワクワク。

始めて舞台を見た感想。

「・・・セリフ入れてくれればいいのに・・・」

でしたwww

セリフがないから、振りや音楽、表情なんかで伝えるのだけど、

大体わかるんだけど細かいことまではわからない。

パンフレットを読んで、なるほどーなんて思う始末で・・・。

 

声優的な人が裏から声を入れてくれたら、もっとわかりやすくないですかねぇ?

バレエに対する冒とくなのかしら?

 

そんなシロートの呟きはさておき、肝心のももえる。

最初はぴょんぴょん飛んでいるダンサーを見て「元気だなー」とか、

オーケストラの木琴を聞いて「忙しいなー」とか、

なんだその感想・・・って突っ込みたくなるような感じでしたが、

どんどんお話に引き込まれて行き、時々訳の分かんないツッコミを入れつつも、真剣に見ていたようです。

2時間の舞台が終わった時には、「短い~もっと見たかった~」と・・・。

 

感想を聞いてみると、

「ちょっと、バレエ団に入ってみたくなった」と。

よし!やるならもっと真剣に取り組もうよと言ってみたものの、

ほのぼの系のバレエ教室にどうしても行きたいらしくて、説得失敗。

ま、いいけどね。

負の感情

テーマ:

ちゃえる@4歳

 

単純で、基本形がご機嫌さんなちゃえるも、もう4歳。

負の感情が色々芽生えてきたようで・・・。

 

気に入らないと拗ねてテーブルの下にもぐってしまうとか、

ねぇねに意地悪するとか、

仕返しされると悔しくて泣くとか、

「自分が先に意地悪したからしょうがないでしょ」なんて言うと、睨みつけてきたりとかするわけです。

 

あーあ。

ご機嫌なまま大人になればいいのに・・・。

折角のニコニコキャラなのにもったいない。

ママの唯一の癒しだったのに、睨むんですもん。

やだわー。

 

なんて思いながらにらんでいる顔を見ると、それはそれで面白いので笑ってしまう。

私が笑うとつられて笑いそうになるちぇえる。

でも、笑ったら負けだと思っているらしく、一生懸命笑いをこらえているから更に変な顔で。

余計に笑ってしまう。

 

睨んで来てもかわいいから、まだマシだけどさっ!

そういう感情が出てくるのも成長なんだけどさ。

幼児のままニコニコしてたらアホなんだろうけどさ。

でも、なるべくご機嫌さんのまま大きくなってくれないかなぁ。

 

ねぇねの一人旅~お土産~

テーマ:

ももえる@小3。

 

ばあちゃんの家へ一人で泊りに行くにあたって、お小遣いを渡した。

2000円。

 

1000円は高速や飛行機で食べたいものがあった時に使えるように。

もう1000円は仲良しの子&自分のお土産を買うため。

 

 

ももえるが使ってきた金額1000円。

家へのお土産

仲良しの子のお土産 二人分

よく飲み会している家へのお土産

 

旦那と私の感想。

「買い物上手だね。よく1000円でこんなに買えたね。」

そして、なぜか自分のお土産を買い忘れているようで。

「んー、また行けばいいから。」

さすがです!行く気満々なわけですね!

 

家へのお土産にはちょっとした感動秘話あり。

その日、ちゃえるは「ポテトが食べたい」とぐずっていた。

ハンバーガーショップへ行ったものの、ちゃえるのお目当ての細いポテトがなく、三日月形のポテトでは嫌だというので買わずに終了。

その後、別のハンバーガーショップは見つからず、帰宅となった。

「ポテト・・・ポテトが食べたかったのに・・・」

そりゃ泣くよね・・・

わかっちゃいたけど、次の日仕事だっつーのに、遠回りしてハンバーガー買いに行ってられないし、ないものはない!

また今度買ってあげるからとお約束したけど、ちゃえるの期限は治らず。

ポテトが頭から離れない様子だった。

 

で、しょんぼりしながら夕飯を食べていたら、ももえる帰宅。

お土産はポテトスティック!!

https://www.daiwa-dp.co.jp/shop/index.php/product/detail/16287

ちゃえるの顔がパーッと明るくなる。

「よかったね!さすがねぇねだね!ポテト買ってきてくれたね!」

ここぞとばかりにアゲアゲなセリフで乗せまくる私。

ちゃえるの涙は吹き飛び、超嬉しそうにポテトを食べていた。

兄弟愛を感じるステキなお土産だった!

 

 

ねぇねの一人旅~裏側~

テーマ:

ねぇねが3泊4日の一人旅。

 

残された家族の反応は・・・

 

パパ

なんか寂しいなぁ。

そりゃ寂しいよ。

と、時々つぶやいていた。

 

「ねぇねは?」

朝起きる時、帰ってきたとき、ご飯食べる時、寝る前・・・

ひたすら、ねぇねの存在確認。

「さみしい」

「一緒に遊びたかったのに」

という反面、

「ねぇね帰ってこなくていい」みたいなことも言っていた。

しかーし、帰ってきた瞬間満面の笑みで声を挙げて笑って大喜び。

喧嘩ばっかりしていても、やっぱり大好きなんだねぇ。

 

弁当作らなくていい~ひゃっほー

宿題しろとか、弁当出せとか、早くご飯食べろとかいちいち言わなくていい~ひゃっほー

怒る頻度が1/3になるかなーと思っていたけど、それ以下!!

1/5くらい?

ほとんど怒らなくてよかった。

いやー、楽っ!ホント楽!

え?寂しくないのって?

ん、まぁ多少寂しいけどね。3日すりゃ帰ってきちゃうんだしさ~。

 

 

ねぇねの一人旅

テーマ:

ももえる@小3。

 

今年初めて、1人でおばあちゃんちへ行きました。

小1から勧めてはいたけど完全拒否だったのに、お正月におばあちゃんに勧められてすっかりその気に。

その気になったのはいいけど、親が知らない間に決定事項になっていたので、慌てる大人たち。。。

 

「だって、おばあちゃんがおいでって言ってたもん。その時に行くってお返事したし。」

「そうだけどさ~~~、いつ行くかとか、チケット取ったりとか色々予定があるわけよ~~~。」

 

案の定、そそのかした張本人のばあちゃんも忘れており、

「ええっ!?そんな急に言われても・・・」

「え?私が言ったの?」

 

バタバタだったけど、何とか調整をつけ、

行きは中間地点からお友達の車に便乗させてもらって移動。

帰りは一人で飛行機。

ばあちゃんちには、妹親子が泊りに来てくれて、パラダイスのような楽しさだったようです。

 

1日目。

移動。お友達と仲良くおしゃべりして、1時間ほどしたらことっと寝たらしい。

 

2日目。

午前中は、図書館に連れて行ってもらった。

本好きなももえるにはパラダイスだろう。

午後は、妹家族がやってきて、いとこと遊び、

夕食後には花火までさせてもらって、「うらやましいだろー」とLineが来る始末。

 

3日目。

妹家族と滝遊び。

流しそうめんや焼きシイタケを食べて大満足。

夕飯は、手巻き寿司。

パラダイスすぎでしょ。

行きの車、帰りの車、帰ってきてからも爆睡をかまし、夜眠れなくなるというハプニングのせいで、夜中に帰ってきた弟の夕飯に付きあったらしい。

 

4日目。

前日眠れなかったこと、弟を朝見送れなかったこと、妹家族が帰ってしまったこと、一人で飛行機に乗る不安などから、グダグダダラダラの情緒不安定に。

あんまりご飯も食べずに、テレビで飛行機という言葉が出るとビクッとしていたらしい(ばあちゃん談)。

後から聞いたら、本人は平気だったと言っていたけど?

じいちゃんに公園に連れて行ってもらって、何とか持ち直したようだ。

 

帰りの飛行機は、ANAのジュニアパイロットサービスを使って、保護者引き渡しまできっちりして頂けたので、親も安心。

そんなこんなで、無事に楽しく行って帰ってこれた。

とうとうももえるも一人旅するようになったか~とちょっと感動。

 

 

お手伝いブーム②

テーマ:

ちゃえる@4歳4か月。

 

お手伝いしたい。

しかも、ちょっと高度なお手伝いしたい。

そして、長くお手伝いしたい。

 

そんなちゃえると編みだしたメニュー。

肉豆腐(というのかな?)

 

ひき肉、豆腐、その他そこらへんにある野菜をみじん切りして、炒めて適当な味付けをするメニュー。

これを、

私:刻みまくる人

ちゃえる:混ぜる人

でやるのが最強。

 

みじん切り用のマシンがないので、ひたすら包丁で切る。

一人で作るとなると、切る→炒めるで時間は倍かかるが、ちゃえるとやると半分で終わって素晴らしい。

私が刻んで次々にフライパンに投入していく。

それをちゃえるがひたすら炒め続ける(もちろん弱火)。

材料を斬り終わるころにはほぼ野菜に火が通っているという。

で、適当に味付けして、片栗粉なんか入れてとろみをつけたりなんかすれば、立派な夕飯。

 

そして、褒めまくる。

「これ、ちゃえるが作ったんだよー」

「おいしいねぇ」

「すごいねぇ。ちゃえる。」

みんなに褒められてご満悦。

 

ちゃえるも褒められるし、火を使えるし、達成感もあるというわけ。

だが、一つ難点がある。

ちゃえるってば、豆腐嫌いなんだわwww

 

お手伝いブーム①

テーマ:

ちゃえる@4歳4か月。

 

とにかく食事のお手伝いがしたい年ごろになった。

しかし、反抗期なのか、文句も多い年ごろ。

 

結果的に・・・

「トウモロコシむきたい」

「今日はないから、今度買ったときにお願いするね。」

「やだ。今日。」

「ないものはないから、今度ね。」

「やだ、今日やりたいもん(泣)」

泣かれても・・・

 

「お手伝いするー」

「えー、もう終わっちゃったよ。」

「やだやりたいのに!

ママのせいで・・・

ママのせいでS)#WR$W*+LKKFIW(泣)」

いや、だから泣かれても・・・もっと早く来てくれよ。

 

「お手伝いする。」

「んー、じゃぁこれかきまぜて。」

まぜまぜ

「はいできたねー。ありがとー。じゃぁごはんだよー。」

「もっとやりたかったのにー。

ママのせいで(略」

がんばってひねり出したのに文句言うのかい。

 

「お手伝いしたい。」

「じゃぁ、これ捨てて。」

「やだ。そういうのはママやって。」

選り好みもします。

 

先手必勝!

「お手伝いしてくれる?」

「今遊んでるー」

どうせいっちゅーねん・・・。

 

モモとレモン

テーマ:

ちゃえる@年中

 

シーズンになったのでモモを買ってみた。

とりあえず、シーズンになったら一度はその果物を買うようにしている。

子供たちに季節を感じてほしいから。

 

そして、ちゃえるよ!

せめて食べたものくらい覚えてくれ!

・・・と思っているから。

 

 

で、今年初登場したモモ。

ももえるはモモが嫌いだと言い放っていたので今まであまり買わなかったのだが、

すごくおいしい桃だったので、ももえるに騙されたと思って一口食べてみろと言ったところ、

モモ好きに変身した。

フルーツ全般大好きなちゃえるは、ウハウハでモモにかぶりついていた。

 

朝ご飯にモモを食べた日の夜。

「ママ!デザートにレモン食べたい。」

「へ?レモンなんてないよ?」

「あるーーーー!」

「ないってば。」

「あるもん!!」

「レモン汁ならあるけど、レモンはないよ。」

「ギャオース!」

 

冷蔵庫を開けた時に

「あるじゃん!」と叫ぶちゃえる。

指の先にあるものは・・・桃。

「これ?これはモモだよ?もーも!」

 

色も形も全然違うのにーーーっ!

キャベツとレタスの見分けがつかないというレベルじゃないでしょーーー。

しかも、ちゃえるは「桃組」ガーン

 

えーーー。

桃組なんだから、桃ぐらい覚えてよーーー。

しかーし、脳に間違ってインプットされてしまったらしく、毎食「レモン食べたい」と言われるのだった。