mar-R* まあるヨガ

mar-R* まあるヨガ

マール-アール* marはスペイン語で海。
まーるい地球は人や国や大陸、さまざまなものが海で繋がっている。
yoga=繋ぐ、ヨガで「楽しい」がつながっていく〜ヨガやろう!

☆namaste-YOGA@目黒(ベーシックヨガ)
2020年3月15日(日)13時~14時30分
今回もベーシックなヨガをやります
※次回は2020年4月26日(日)開催

☆がんサバイバーのヨガ スケジュール
→maryoga.amebaownd.com

☆動画・シノリエのがんサバヨガ
→動画はこちら

◎お問い合わせは→maryogamail@gmail.com

今、私はどんななのか?

 

なんかシアワセ。

自分のハナウタに気づくことがある。

鏡に映る自分は笑っている。

 

そうするとどうなのか?

 

このようにブログをさぼり続けてしまう。

いけませんね。

 

でも、何が幸せかというと

何も今は辛くないから幸せと感じる。

ものすごくいいことがあったわけではないけど

嬉しいことはいっぱいある。

 

私の特技

顔が勝手に笑ってしまうこと

以前、弁護士事務所へ相談に行ったことがある

その時に言われた言葉が

「あなたの顔は笑ってみえる、ヨガの時はきっと皆さんがホッとするでしょうね。でも、シリアスな話の時は損かもしれませんね」

その通りだ。

誰にも、辛さや苦しさや怒りをわかってもらえずにいる、でも、だったら笑って辛さも楽しみに変えられたらいい。

 

特技は生かした方がいい。

 

そんなワケで、もう少しブログも書きますわ!

 

↑ん~どう見ても私にクリソツですことニヒヒ

 

子どもの頃から

天真爛漫だとか

男の子みたいだとか

自由人だとか

一人遊びが好きだとか

緊張しないだとか

怒ることがないだとか

 

私に並べられる言葉は

とっても悩みとは真逆のことばかり

 

まぁ、本質は変わっていないというのが事実だけど

この3年は一体どうなっちゃの私..ってな感じで

落ちてたなぁ

うつっぽかった

ホントにうつだったかもしれない

自分でもコントロールできなくて

 

ねぇ、本当に本当のこと

人は自分が思っているほど強くなくて

自分でも想像できないくらい壊れてしまうことがある

 

この1か月は、自分の病んだこころをどうすればいいのか

自分のために時間を使い

人は人、自分は自分

そうやって、自分と向き合ってきた

そこには人の助けがあった

カウンセリングとワークにも助けられた

1か月かかったけど

 

今は・・・

 

まるっきり考えることが違う

楽しい、そう感じていると

次の楽しいとの出会いがある

辛かった時の記憶が消えるわけではないけど

忘れてる

 

思った以上に人は単純である

そういう自分に気づいたのだ

人は勝手な生き物だな~

 

でもね、自分が単純だと思えば単純だし

難しいと思えば難しくなる

決めるのは自分なんだとわかる

なんで、あんなに難しくしていたのか

辛かったのか

 

決めるのは自分

 

単純なことに気づいたから

これからの対処法は単純にできそう

 

3年間の辛さを楽しみに変えるために

私はまるまるどっぷり1か月をついやした

今はもう大丈夫と笑顔で言える

 

上手な人は一瞬で単純に気づくかもしれない

1週間あれば十分な人もいるかもしれない

 

でも、一人ではどうしようもないことがある

信頼できる人がいればそれが一番いい

でも、医療機関を頼ることも時には必要かもしれない

どうしようもなくなる前に

恥ずかしくない、怖くない、だから人を頼ってしまおう

 

人は思ったより

単純にできているのだからねドキドキ

確か4月に平坦な道で

な~んもないのにすっころんで

一瞬宙に浮いたかと思ったら

「あいたたたたえーん

歩道に叩きのめされ、眼鏡がポキッと・・・

 

お気に入りのメガネだったのに

ガッカリでさ~

おまけに自粛要請中の出来事だったので

眼鏡屋さんも開いておらん

 

それか1か月たったくらいかな?

5月中旬くらいだったと思う

このメガネを買った新宿の眼鏡屋さんへ

元に戻るかどうか持って行った

預かってもらい数日後には連絡がきた

 

元にも戻るって・・・やった!!

 

そして6月に入った頃に連絡がきた

『修理から戻ってきた』と。

 

そしたらなんと、そのころは

東京都のコロナ感染者が急増、

しかも夜の新宿でのクラスターが

毎日のように報道されておったのね

 

新宿へ行く勇気も出ず

そのことをお店に伝えると

「もちろん、仕方のないことですからいつでも大丈夫ですよ」

そう言ってもらえてホッとしたのだ

じゃじゃじゃ~~~ん

修理完了!!

連絡が来てから5か月ほど預けっぱなし。

やっと戻ってきたビックリマーク

修理代は7700円。

もう、このフレームは売ってないから

7700円ならよござんしょ照れ

 

そして私は思ったのです。

 

壊れた眼鏡は元に戻ったけど

このコロナ禍は

コロナが終息しても元の生活に戻ることはないんだろうなと。

 

だから生活が元に戻ることを期待するんじゃなくて、

もうここから前にただただ進んで行こうとね。

 

ここからだ!!

私の「新しく生きる」

私の「リボーン」

 

ほっぴん、すてっぴん、じゃんぴ~ん爆  笑

 

シノリエ

 

生きてきた中で

自分で自分のことを

ダメだししたことがあっただろうか?

 

断捨離って言葉があるように

私はこの際

ダメをどんどこ吐き出して

ダメをどんどこ断捨離して

これからの人生に幸せの種をまきたい

 

3年前に「新しく生きる」を

自分のテーマにして

あれこれと考えてきたはずだけど

何をやってもうまくいかない

人生の中にはそういう時期もあるのだろうか

 

いろんな出来事

自分なりに考えること

悪いこと

良いこと

出会ったこと

失ったこと

etc

 

全てにおいてムダなんてないと信じたい

 

一昨年は「どん底」の底があるのか

ここが「どん底」だと思っても

次から次へとやってくる

悲惨なできごとに心が折れそうだった

 

一体いつが「どん底」だったのか

はっきりとわからないまま今日まで生きている

 

それなりに、いろんな出来事があって

今年に入ると一昨年よりも辛く感じていた

 

とはいえ、「どん底」は一体・・・と思っていた時よりも

仕事はあるし、

やっとこさだけど生活できてるし、

辛かったのは心だけだ

 

「どん底」で心乱されて病んだ

それだけのこと

 

今、この瞬間、

ふと頭に浮かぶのは

「生きてるだけで丸儲け」さんまの言葉

 

ここからだ

本当に「新しく生きる」のは。

 

カウンセリングをしてくれる先輩

子を思って優しい言葉をかけてくれる親

厳しいけど、ちゃんと見てくれる上司

泣きそうな時に話を聞いてくれる友

 

なんか私、一人じゃないじゃん

 

下を向いていた顔を上げて

前を見て行くわよ~

 

「新しく生きる」のだ!!

夕べ言われた言葉で

 

人を信用してはいけない

人は裏切るから

 

でも

 

人を信頼することは大切

 

今まで、これで失敗してきたんじゃない?

 

↑そう言われて、いろいろ振り返ってみた

確かにその通りなのだ

私は第一印象で人を信用してしまう

何でも話してしまう

そして何度も裏切られてきた

裏切られるというよりは

ここに信頼関係がなかっただけのことなのだ

 

信用して話したとき

必ず、何かを期待してしまう

それも自分にとって都合よいようなこと

そして期待通りにいかないと

裏切られたと感じる

 

そもそも、それは他力本願である

私が自分で考え自分で結論を出せばいいことなのに

人に何かを求めてしまう

 

今まで、信用と信頼の違いなんて考えたことなかった

似ている言葉でも意味合いが変わってくる

これは大事なことだなと思った

 

ネットで信用と信頼の違いを調べてみたのだ

 

 

https://note.com/hadatomohiro/n/n1774f0d61ef9

 

 

言葉の意味をまとめると以下のようなイメージです。

信用:過去の実績や成果に基づく → 客観的、物質的
信頼:信用に基づく。未来の行動を信じ期待すること → 主観的、精神的

 

まずは、自分を信じられな

人のこと信用できんわな

そして、信頼している人は大事にせなな

自分も信頼されるようにがんばろ

 

ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ