こんにちは☆

 

お元気でお過ごしでしょうか?照れ

 

25cmほどの雪が積もりましたが、

 

今年はマイナス20度に達することもあまりなく、本当に助かっています。

 

ロシアでは-60度超えの地域もあるそうですね!

 

-40度は体験したことがありますが、-60度って

 

息ができるのかなー??

 

 

みなさんは、お財布を新調されましたか?

 

私は去年から、鮮やかなグリ―ン色のお財布を使っています。

 

緑色は、樹木の象徴で豊かさにつながっており

 

財布の色としては風水的にベストだそうです。

 

以前流行した黄色は、”金属”の象徴でもあり錆びたりすることから

 

意外とお財布には向いていないそうですよ。びっくり

 

では、本題に入りますね!

 

ドキドキ   ドキドキ   ドキドキ   ドキドキ


※この実話は、ライアンさんの許可を得て、
日本語にまとめさせていただいています。

 

***(前回までのあらすじ)***

「奥さんと3人の子供と暮らすアメリカ人、
37才のライアンさんは、2015年の9月に
悪性リンパ腫に侵されている可能性が
あると告げられる。
家族の愛と、多くの人々の寄付金によって
助けられ、病と闘う決意をしたライアンさん。
そんな彼と奥さんに最終検査結果が・・・
「ステージ4のB細胞 濾胞性リンパ腫で
現在の治療法で10年後の生存率36%」
そこで2人は、従来の治療法ではない
新たな治療法の模索を始める。」

※長くなってきたので、詳しいあらすじは
記事末尾に記載します。

 

*     *     *     *     *

 

2016年12月1日のペットスキャンの総合結果で

 

【ガン消滅!】のお墨付きをもらったライアンさん。


その時の彼の言葉は、とても簡単には説明できないほど

 

深みのあるものでした。


彼のガンとの闘いが始まった時からこれまでの間に、

 

夫婦がひたすら自分達の選択を信じてやってこれたことを

彼ら自身が驚いているそうです。


その旅は、単に”ガンをなくす”というものではなく、

 

”ベストな健康状態になる”という、

もっと大きな意味合いを持っていました。


【希望を持ち続ける】ということの大切さや、

【自己のヒーリングとは】について考える機会でもあったのです。


【感情の癒し+肉体の癒し】が大きなカギであり、

 

最善の健康状態につながります。


それは決して簡単ではないかもしれません。

道のりはいつも明確でわかりやすいとは限らないからです。


実際に、渦中にいるときはまるで手さぐり状態ですが、

 

それでもやる価値はあるのだそうです。


*     *     * 


この当時、ライアンさんと奥さんは

以下のように述べています。


「私達の体はいつも治ろうとしています。

体というのは、自ら治癒させる力を持っているんです。


私達はかかえこんだ感情を癒したり、

体の異常を癒すことができますが、

それは各自の責任においていったい何が自分にとっての治療

となるのかを見極める必要があります。


それは、ひとりひとりの進化であると言えるでしょう。

(何を学び、どのように考え方をシフトさせ、
何を食べるかなどなど・・・)


愛と自由に満ちた人生を。

なぜならあなたは愛されているのだから!」


*     *     * 


2016年末には体調も良くなったライアンさんでしたが、

実は、癒しの旅はこれで終わりではありませんでした・・・。


2017年にいろいろと試練が待ち受けていました。


そんな中、ライアンさん達は大きな決意をしました。

彼らは持ち家を売り払い、モーターホーム(観光バスサイズのキャンピングカー)

を買ったのです。


その理由は、人生は1度きりであり、

本当に自分達が思う通りに生きたい、もっともっと冒険に満ちた

家族とともに多くの旅をしながら仕事もできる環境を作りたい、

という想いが2人にあったからです。


(次回につづく・・・)

*     *     * 

 

c Photographer:Luchschen | Agency: Dreamstime.com

 

私達が実際に使用し効果を確かめた

ハーブやサプリメントだけを

日本の皆さまにカナダから直接お届けしています。

 

飲む酸素オキシジェンドロップス

血液中の酸素濃度が高いと、嫌気性ウィルスや悪玉バクテリアが

死滅してしまいます。風邪の予防とすみやかな改善に役立ちます。

また、血液が浄化されてサラサラとなり、免疫力がUPして

あらゆる成人病予防や体調の改善の助けとなります!

 

エイジアックティー

カナダのネイティブアメリカンが使用していたハーブにさらなる研究を重ね、

ベストな配合の8種のハーブをミックスしたパウダー状のお茶です。

解毒を促し、不足栄養素を補うことで本来の免疫力が上がって

さまざまな体調不良が自然治癒していくことをサポートします。

 

ロディオラロゼア

高山植物ロディオラロゼア根のパウダーをお求めやすい価格でお届けします!

ロディオラロゼアは、うつ症状や認知症の原因となっている脳の神経伝達を改善

するといわれています。

 

↓クリックすると読者登録のページに飛びます☆

どくしゃになってね! 

 

↓1日ワンクリック☆ ありがとうございます!

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ 村

 

(詳しいあらすじ)・・・・・・・・・・・・・・・

ライアンさんは、ユニークな集中治療を
行うメキシコのCHIPSA病院に入院
することとなった。
これまでの主な治療法は以下の通り。

・ビタミン12+肝油エキストラクト
(毎日/注射)
・ナイアシン
・カリウム
・Lugolのヨウ素
・アシドール (HCL + ペプシン)
・パンクレアチン(膵臓の酵素)
・甲状腺ホルモン
・コエンザイムQ10
・亜麻の種オイル
(オーガニック、低温圧搾液)
・アイセルの自己ワクチン療法
・自己腫瘍細胞ワクチン療法
・コリーの樹状細胞セラピー
・コーヒー腸洗浄(5回/日)
・ジュース(13杯/日)
・ガーソンの食事療法(完全菜食3回/日)
・ビタミンC導入(1~2回/週)
・高圧酸素療法(2回/週)
・赤外線サウナ
(温熱水療法と同レベルで週に1回以上)
・整体
・アマルガムの除去(歯)

2015年末、ライアンさんには腹水が
みられ苦しい状態が続いた。
2016年1月初旬からはCHIPSA病院で
ふたたび集中治療を開始。

自宅に戻り、4月からモールス博士の
細胞植物ハーブと他のサプリを使用
することで急速にヘモグロビン値が回復。
この時、自宅での療法は以下の通り。

・食事は生菜食やしぼりたてのジュース
・ほぼ毎日、赤外線サウナに入る
・ほぼ毎日、リンパの流れを促す機器を使用
・1週間に3~4回、Rife machine社の
イオン・デトックス・フット・バスで足浴
・ヤングリビングエッセンシャルオイルの
フランキンセンスとJuvaCleanseを使用
・モーリス博士の14週間療法+ハーブ
・さらなるハーブと食べ物としてのハーブ
・もっと草の上を歩き、太陽光を浴びる。
・毎日、コーヒー腸洗浄
(またはレモン洗浄、Heal All茶洗浄)
・時々エプソム塩で入浴する。
・週1回の免疫療法薬を6~8週間
・アルブミン、たんぱく質の補充

2016年5月から8週間の免疫療法
Rituxan(リツキサン)を受け、ともに
あらゆるハーブや療法が効を奏し
多くの腫瘍が縮小し始める。

リツキサンによってガン細胞は縮小
し、2016年12月のペットスキャンの
結果では、全身のガンが消えていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・