日が暮れるのがすっかり早くなったダニーデンです。

 

 散歩ついでに早めの夕食、一番安全なファストフード店Pita pitのラムサラダ

     

 

 バランスボールを椅子代わりに使って、結構体幹が鍛えられているようです。最近大きいのが3つになりました。

 椅子懸垂も軽くできるし、立っている時は腹部の筋肉を意識すればキュッキュッと締められるのがわかります。その代わり?最近はまた少し早朝覚醒気味になり、これは夕食の最後に小さなみかん2個食べるとぐっすり眠れるのです。私の想像では肝臓のグリコーゲン不足。今これがシーズンで1kg400円ほど。鶏卵大の甘いマンダリン。

 

 日本のTVで夜間の絶食時間10時間あればケトン体が産生されるようです。

 これは脈拍を下げ、心臓の保護になるそう<つまり総脈拍の限度があるから、回数を落とすことで長く使える>、結局代謝を落とすことで寿命を伸ばせる訳です。ですので、普通に糖質を食べている人でも絶食時間10時間は設けた方が賢明です。

 

 私たちローカバーではもう少し昼間の時間にもケトン体が産生されていると思います。

 ただしっかりケトン代謝経路になっているか、どうか。私は適当にカーボを摂るし、夜のアルコールも嗜みますから、長くローカバーですが、自信はありません。一度しっかりケトアダプトになるようにして、その後また今くらいに緩めたら良いとはわかるのですが。でも週1回でも1日1食にトライしようかな。その日だけアルコールも抜き。

 

******

 異所性脂肪というのが最近注目されて来ています。

簡単にいうと、本来つく場所ではない処に溜まり、脂肪毒性を持つ。それが動脈硬化や脂肪肝など生活習慣病の原因になります。

 さて日本人では超肥満な人はあまりいません。それはインスリン分泌が少ないからそこまで太らないと言われます。またずっと痩せていたのに糖尿病になる人もいます。それは本来のインスリン分泌が少ないからだけでしょうか。

 身体には脂肪細胞があります。皮下脂肪と内臓脂肪、皮下脂肪はOK,でも内臓脂肪はだめ、と言われます。でもそれだけではないのです。異所性脂肪は脂肪細胞の中の脂肪滴ではなく、脂肪のままです。これが筋肉に入り込んだり、内臓脂肪から溢れて血流に乗ってついてはいけない場所につくのです。チキンのハート(ハツ)を調理したことはありませんか?中には黄色い脂肪がたっぷりついているのがあるでしょう。それが異所性脂肪です。

 あまり太らない日本人ではインスリン分泌が少ないだけでなく、脂肪細胞が少なめなのかも知れません。これらが異所性脂肪がつくのを守っているとすると(それをダムとすると)、日本人では安易に異所性脂肪が流れやすい(ダムの決壊)と言えるのではないでしょうか。

 身体の中で脂肪になるのは、糖ですが、余ったエネルギーも脂肪になります。糖だけ制限しても、カロリー過多ではダムが決壊しやすい。日本人に合わせたケトジェニックダイエット、これをフォーカスして行きたいです。

 

 

******

 

 さてインスリン抵抗性があると血清インスリン濃度が高くなります。それはIGF-1の増加にも繋がり、がんの増殖と関係します。がんを調べておられる方、抗がん剤を検討されている方に読んでいただきたい記事です。自動翻訳でだいたい理解できる事でしょう。

http://mct.aacrjournals.org/content/17/1_Supplement/KN01

 

基調講演:PI 3-キナーゼは、肥満、インスリン抵抗性、癌を結びつける

 

 

ハチミツ酸 その後

テーマ:

 前回のブログから再開したハチミツ酸、2gから1gに減らして毎日摂取。ガスも減ってきたので、腸内細菌も変化したのかも知れません。

 

 以前にハチミツを食べて肌の調子がしっとりしてよかったけれど、涙の濃度が上がった感じが嫌でヤメた。その後、http://kenkounews.rotala-wallichii.com/glucono-%CE%B4-lactone_skin/

この研究を見て、ハチミツを食べなくてもハチミツ酸が摂取できるとわかった次第です。肌にツヤが出てきたと感じています。お通じも毎朝キッチリ。

 

 さてガスですが、これは全く無臭です。検索すると無臭でお腹も痛くならないなら、これは良いガス。大腸内で酪酸が産生されているのです。この酪酸は肝臓のエネルギーになったり、免疫アップ効果があります。ケトン体のBヒドロキシ酪酸にはもっと高い効果がありますが、私の場合あまり多いとは思えないので、酪酸が増えるのは嬉しい。

 

 もう少し体重を増やしてBMI22を目指そうと思いましたが、そのためにはあと5、6kg増やさないとなりません。そんなに増やすのはキツイ。久しぶりに体重計に乗って見た。BMIは19.5。夕食時に糖質リッチなカシーナッツをたくさん食べているのに、増えていない。私の筋肉率は38.1%。これってどうなの?検索すると日本人女性の平均は

20代平均筋肉率39%
30代平均筋肉率37%
40代平均筋肉率33%
50代平均筋肉率30%
60代平均筋肉率26%
70代平均筋肉率23%

と出ました。あらま、私は20代と30代の間。理想的なのは体脂肪20から23%、筋肉率35から40%以上との説あり。まあ、私ドンピシャ。なんと気分が良いのでしょう。もう少しだけ体重アップ(カロリーアップ)して、このまま維持しよう。

 

 先日風邪気味だった夫がプールを早めに切り上げて帰って来ました。なんだかしんどいって。そしたら私も一瞬力が抜けるような感じ。毒でももらって来たのか?で、数日家に篭りきり。

 プールは塩素の害もあるし、どんな人が来ているかもわからない、あまり安全でないかも。これから寒くなるから家に篭ることも増える。さてどうしたものか。たまたまTVでバランスボールを使って運動しているのをみました。これはオーストラリアでがん治療に運動が組み込まれたニュースだったのですが、これを観て我が家も椅子代わりに使おうと夫がやる気になってくれました。早速おととい買いに行って、昨日1日使ったら、夜には脚がだるくなったので、結構効果あるかも。今もしっかり使ってます。これで座り続ける罪悪感が解消されました。

 

体脂肪と若返り

テーマ:

 なんとアンチエイジングやスローエイジングではなく、もっと積極的に若返るのに興味が移ってきたルバーブです。きっかけはこちら。NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)、身体機能を回復し、健康寿命を伸ばすー老化・寿命の研究で解明された物質、NMNの驚きの効用  https://www.mugendai-web.jp/archives/6576

 これで私が目指すBMIは22(現在20.5ないし21)、夫は24(現在?多分あり)

 また食品ではエダマメ、ブロッコリー、アボカドなどの野菜やフルーツ、タネ類などが挙げられますが、歳を取ってくれば減るそうで、とても食品では足りない、で、サプリで補充すれば若返りますよ、ということですが、サプリ頼りは面白くないでしょう。やはりローカーボ、ローインスリンで慢性炎症を起こさないのを目指します。

 

 しかし今深刻にミトコンドリアから元気にしたい方には以前流行ったCQ10を改良したMito Qというのが販売されています。https://www.sciencedaily.com/releases/2018/04/180419141523.htm

 

 ******

 

 でもう一つ、体脂肪が低すぎてはだめの話ですが、低フォドマップ宇野先生のコラムに恐ろしいことが解説されています。過剰なダイエットで小腸粘膜が萎縮して栄養吸収が低下するのですって。

 https://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryinsertinput.do

 

<この老人病院の問題は、若者の痩身者(最近は団塊の世代の世職掌も少なくないが)にもあてはまる。過剰な痩身ダイエットを継続すると、低蛋白血症を引き起こす。痩せようとして、食事を控えすぎると、数日間、体重が減少するが、4日目以降には停滞期に入る。食べていないのに体重が増加してゆくこともある。それは低蛋白血症によって、水分が蓄積され浮腫によって体重が増えるためである。つまり、水ぶくれの状況である。その状況を継続してゆくと、老人病院の低栄養者と同様に小腸粘膜が萎縮してゆく。小腸粘膜の(栄養)吸収面積が低下するため、さらに栄養が吸収されなくなり、体重が減少してゆく。多くは浮腫がありながら、全身の筋肉が減少してゆく。筋トレなどで、筋肉を維持しながら同様の状態であれば、皮下脂肪が減少してゆく。>

 

 体脂肪22%以下では女性ホルモンに影響が出ます。怖いですね。

 <女性ホルモンであるエストロゲンは、男性ホルモンのアンドロゲンが代謝されて産生されるが、その代謝場所は体脂肪であるため、体脂肪が低下するとアンドロゲンがエストロゲンに変換できない。そのため、体脂肪が減少すると生理が乱れ、さらに無月経となる。>

*******

 若返り作戦の一環として、肌の若返り。

最新健康ニュースさん

http://kenkounews.rotala-wallichii.com/glucono-%CE%B4-lactone_skin/

グルコノδラクトン(GDL)はワインや蜂蜜などの食品中に自然に存在する物質で、食品添加物として幅広く利用されています。 Wikipedia によると、GDLは特に蜂蜜に豊富に含まれており「蜂蜜酸」という別名があるほどです。

健康な日本人女性40名を被験者とするランダム化比較試験を行いました。

試験では40名を2つのグループに分けて、一方のグループにはGDLを1日あたり 2,000mg、そして、もう一方のグループにはプラシーボ(GDLに似ているがGDLではなく人体になんの影響もない何か)を半年間にわたり摂取してもらいました。

 

 これは面白い。早速探して見ました。NZでは一件だけヒット。BreadMakerで1kg、送料ともで18ドル。ととってもお安い。これが入っている化粧品になるとグッとお高くなりますね。

 2gをルイボスティーに入れて飲んでみる。甘酸っぱくて美味しい。しかし数時間後ガスが。

 翌日はお通じなし。でもその日も飲んでみる。あちゃー、この日もお呼び掛からず。ガスもよく出る。これは不溶性食物繊維となって大腸で水分を吸収して、出なくなってしまったのです。なので、服用は2日で諦め、マグネシウム飲んで、カシューナッツやオーツクラッカーで解消しました。解決策は見つかった、今日から再開。でも1gにしておきます。それにしても花王の実験に参加された方がた、便秘しなかったんでしょうか?

 

 

 

 少し前にそうめんカボチャのことをブログにしましたが、一番簡単な調理法では電子レンジ!これだと全く簡単。硬い皮をゴキゴキ切らなくても済むし。トライしてみたいけど、高すぎる。栽培方法は簡単なようなので、私は次の夏に植えてみます。

 

 ローカーボでは穀類は基本食べないので、我が家では低糖質野菜は量は気にしないで戴きます。特に便利なのは、緑豆もやし、大豆もやし、冷凍ベビーグリーンビーンズ(鍋に冷凍を入れ、水を適当、醤油をちょっと垂らして、しばらく茹でる、好きな硬さで湯を捨て、バター、塩、胡椒を加えてしばし炒める、とかなり美味しいので好き)。今日はこのエッセイを読んでキャベツももっと使おうと思いました。

 

http://mariamindbodyhealth.com/cabbage-chips-and-enticing-cabbage-ideas/

 

 ブログ主マリアさんが説くキャベツの利点

 1、VCが多い。VCと糖は構造が似ているので、VCが多くても糖が多いもの(オレンジジュースのような)では、VCはあまり吸収されないのでは?との推測。だからフルーツより糖分の少ない野菜で摂る方が良い。VCは免疫に取って重要なだけでなく、更年期の骨粗鬆の予防になります。

 1、カロリー、糖質が少ない上に酒石酸が含まれ、これは糖分が脂肪に変換されるのを阻止する。

 1、カリウムが多く、血圧コントロールに良い。また心臓血管機能に重要なL-グルタミンも多い。

 1、生ジュースは便秘に効く。

 1、腸の健康に良い。

 

 など。キャベツチップスのレシピも載っています。

 そして注意事項として甲状腺低下症の人では生は注意した方が良いそうです。自動翻訳貼っておきます。

注:それは十字架の野菜ですので、甲状腺機能低下がある場合は、常にキャベツを最初に調理することをお勧めします。生の十字架の野菜には、ヨードの取り込みを阻止し、甲状腺が拡大する可能性があるため、適切な甲状腺機能を阻害する酵素があります。甲状腺機能低下症の場合は、イチゴ、桃、梨、カフェイン、大豆、ピーナッツ、ピーナッツ、サツマイモなどがあります。低炭水化物で無害に見えるが、適切な甲状腺機能を妨げる多くの食品は、生のホウレンソウ、ケール、ブロッコリー、ブリュッセルの芽およびカリフラワーである...私はそれらを低く保ち、常に調理する。

 

 

高血糖とがんの繋がり

テーマ:

 急激に寒くなって来たダニーデンです。風も強くて、今日もおこもりかな。

 

 さて20日のNEWで、目に止まったナルディライジン、さてこれは何でしょう?

 

 まずニュースの方から。

 https://eonet.jp/news/kansai/kyoto/259191.html

 京都大学医学部と滋賀医大らの共同研究で、腸などにがんができるとナルディライジンと言う蛋白質が増えるのに注目しました。大腸がんになりやすいマウスを使って、ナルディライジンを働かなくしたマウス4匹、何もしないマウス10匹と少数ですが、何もしない方は生後40週までに死んだのに対し、働らなくした方はそれ以降も生きていたそうです。遺伝子を調べたらナルディライジンを働らなくするとがん抑制遺伝子が活性することがわかったと言う、今後のがん治療に期待が持てる結果が出ました。

 

ニュースはこちらからでも http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2018/180419_1.html

本研究では、大腸がんモデルマウスを用いて、腸管上皮のナルディライジンを抑制すると大腸がん進展が抑制され、逆にナルディライジンを増やすと大腸がん進展が促進されることを示しました。また、ナルディライジンがp53の調節因子であることも初めて明らかになりました。P53は代表的ながん抑制因子のひとつであり、多くのがんにおいて重要な役割を持つことが示唆されています。さらにナルディライジンが他の種類のがん、たとえば胃がんや肝細胞がんにおいて重要な役割を果たすこともわかっています。本研究の成果を基盤とし、P53の新調節因子であるナルディライジンを標的にした新たな治療法が開発されることが期待されます。

 

*****

 

 それでナルディライジンを検索してみたら驚きの事実が判明。

 

http://www.dm-net.co.jp/calendar/sp/2016/025778.php

インスリン分泌に必要なタンパク質を発見 β細胞の機能と分化を維持

 

このタンパク質とはナルディライジンのことで、血糖値と深く関わっているのです。

 

 

<膵β細胞のナルディライジンが、グルコース反応性のインスリン分泌に必須であることが分かった。

 

 膵島の構造を観察したところ、ナルディライジンが欠損しているマウスの膵島ではβ細胞が減少し、血糖値を高めるグルカゴンα細胞が増加していた。>

 

 ここでは重要とされるナルディライジンが一方ではがんと関連しているのです。

 

  高血糖とがん、高インスリンとがん、などの関連はすでに周知の通りですが、ナルディライジンと言うのが関わっていると想像すれば、何より食後高血糖を来たす食事を避けることの重要性がより一層高まるのではないでしょうか。