マンション売却がわかる!

マンション売却がわかる!

マンションの売却について解説しています。マンションの売却を予定されている方は是非とも、ご一読下さい。


テーマ:

今回はマンションを早く高く売るためのコツを7つ、お伝えしたいと思う。

 

これまで数百人以上もマンションの売主さんをサポートしてきて、導き出したコツなので、是非とも参考にして頂きたい。

 

1.売出価格を適切に設定する

 

まず一番最初に肝に銘じるべきことは売出価格を適切に設定するということ。

 

高すぎても安すぎてもいけない。

 

相場価格にせいぜい1割程度上乗せしたぐらいの価格設定をするようにして頂きたい。

 

インターネットの普及によって、誰もが簡単に相場価格を知ることができるようになった現代においては、これ以上の価格でマンションが売却できることは、まずない。

 

決して、欲をかき過ぎないように。

 

2.有利な売却タイミングを選ぶ

 

同じマンションでも売却するタイミングによって、マンションが売却できる早さや価格は大きく異なる。

 

であれば、なるべく有利なタイミングを選んでマンションを売却すべきということ。

 

マンションを売却するのに有利なタイミングとしては以下のようなものが考えられる。

 

①進学や転勤のある4月もしくは9月の概ね半年ほど前にあたる10月~11月頃、もしくは3月~4月頃

(マンションの売却開始時期の話)

 

②景気が上向いている時期

 

③売却しようとしているマンションとライバルになるような物件が市場に不足している時期

 

なお、マンションを売却するのに有利なタイミングの詳細については以下の記事を参照して頂きたい。

 

マンション売却に有利なタイミングはいつ?

 

3.良い不動産屋さんを選ぶ

 

マンションの売主にとって、最も望ましい結果は、マンションが少しでも早く、高く売れることである。

 

しかし、不動産屋さんにとって、最も望ましい結果は、多少、売却価格が下がっても、自社で直接、買主を見つけて、両手仲介になることである。

 

このようにマンションの売主と不動産屋さんにとっての最も望ましい結果は残念ながら一致しない。

 

だからこそ、マンションの売却を成功させたいなら、自社の利益を犠牲にしてでも、売主の利益を最大化することを考えることができる誠実な不動産屋さんを選ぶ必要があるのだ。

 

看板の大きさに惑わされず、営業マンの言動などから、その不動産屋さんのお客さんに対する誠実さをしっかりと見極めて欲しい。

 

4.レインズ登録を必ずさせる

 

マンションを少しでも早く、高く売却するためには、一人でも多くの購入検討者を集める必要がある。

 

そのために最も効果的なのがこのレインズ登録である。

 

レインズ登録をすると、市場に存在する全ての不動産屋さんが自社の購入希望のお客さんに物件情報を知らせてくれる。

 

そのため、レインズ登録をするだけで、不動産屋さんを介して市場に存在する、およそ、全ての購入希望者に物件情報を周知させることができるのだ。

 

ところが不動産屋さんの中には、自社で購入希望のお客さんを直接、見つけることにこだわるあまり、レインズ登録をやらないようなところが少なからずある。

 

それでは、マンション売却が満足のいく結果にならないのは当然のことである。

 

だから、マンションの売却を成功させるためにも売却を依頼した不動産屋さんに確実にレインズ登録をしてもらえるように、しつこく促すようにして欲しい

 

※専任媒介契約および専属専任媒介契約ではレインズ登録は法律上の義務である。

したがって、レインズ登録をしないことは法律上の義務違反ということになるので、その点を指摘すれば、素直にレインズ登録をしてくれるはずである。

 

5.しっかりとした内覧対応

 

しっかりとした内覧対応をすることによって、購入検討者に気に入ってもらいやすくするということである。

 

内覧時に売主が気を付けるべきポイントは以下の3つである。

 

①きれいに掃除する

 

②気持ちの良い対応を心がける

 

③ムダにしゃべり過ぎない(売り込み過ぎない)

 

なお、内覧時に売主が気を付けるべきポイントの詳細については以下の記事を参考にして欲しい。

 

マンション内覧時に売主が気をつけるべき3つのポイント

 

6.価格交渉に粘り強く対応する

 

購入申し込み時には必ずと言っていいほど、価格交渉が入る。

 

その価格交渉を安易に全面的に受け入れてしまうのではなく、粘り強く交渉するようにすべきということである。

 

たとえば2980万円で売りに出しているマンションについて、2800万円で購入申し込みが入ったら、それをそのまま受け入れてしまうのではなく、2900万円では、どうですかと価格を返すようにする。

 

そうすることによって、たとえ10万円でも高く売ることができるように交渉すべきである。

 

マンションの売却価格自体が大きいので感覚がマヒしてしまいがちだが、10万円は決して簡単に他人にあげてしまっていいような金額のお金ではないのだから。

 

7.口を出す

 

マンションの売却に関することは決して不動産屋さん任せにしてはならない。

 

売却活動を主体的にコントロールするぐらいのつもりで積極的に口を出すようにして欲しい。

 

もちろん、そうすれば、不動産屋さんに多少なりとも「うるさい売主」と思われることになる。

 

しかし、それでいいのだ。

 

「うるさい売主」だと思えば、不動産屋さんの側もうるさいことを言われないように、きっちり仕事をするようになる。

 

むしろ、意図的に「うるさい売主」だと思われるように口出しすることをお勧めする。

 

 

以上がマンションを早く高く売るための7つのコツである。

 

これらのコツをしっかりと実践して頂ければ、マンションの売却が失敗することなど、まず、ありえない。

 

必ずや、満足のいく結果となるはずなので、是非、全てのコツをもらさず実践して頂きたい。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス