【おむすびとおにぎりの違い】 | まんぷくむすびのブログ

まんぷくむすびのブログ

食べるだけで元気になれるおむすび、届けます!

九州を含め関西以西は「おにぎり」、
東は「おむすび」と呼ぶ地域が多いようです。

おむすびは日本人が一番大切にしてきた

「お米」と「むすび(和)」

が一緒になってお母さんの愛情いっぱいの手で
むすばれてきました。

$まんぷくむすびブログ


古代、神への供物としてつくられ、
万物の生みの神「産霊(むすび)の神」との関係を
指摘する説もあります。


中世の絵草子には丸形のおにぎりが描かれていますし、
おむすびの三角むすびについては民俗学者、柳田国男が
「錘(おもり)の形を擬した」という説を唱えています。

個性学創始者の石井憲正先生も
ムスビから個性分類を導いたほどです。


出来上がりの形でおにぎり・おむすびと
言い換えているわけではないようです。

そもそもこのおにぎり・おむすびという言い方は
縁起を担いだもので

おにぎりは、「鬼切り=禍を退ける」
おむすびは、「お結び=良い縁を結ぶ」


から来ているという説もあります。

$まんぷくむすびブログ-Simplog

日本はおにぎりではなく「おむすび」だと
私は思います。

そして、これから世界をつなぐのが日本です。
それは、「ムスビ(和)」の文化が根底にあるからです。

おむすびが世界の共通食となることを
毎日夢見てむすびんでいます。

$まんぷくむすびブログ
まんぷくむすび はお腹いっぱいになってほしい
という願いもありますが、、

みなさんに福が満ちることを祈り名づけられました。

今日も皆さまに元氣のでるおむすびを届けて参ります(^^)