写真撮られるのは苦手だけど。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)

写真撮られるのは苦手だけど。

おはようございます。養腸®家・セラピストのmanoです。

本日もご来訪ありがとうございます<(_ _)>

 

先月、先々月と撮影の機会を頂戴しました。

1つはじぶんのプロフィール用。

もう1つは、ある会員さん向けの腸もみ企画。

 

写真を撮られるのは、昔も今も苦手です。

(撮るのも異様に苦手・・・ヘタすぎ)

 

この1枚はわたくしにとって、相当よい出来💖

(写真家・一原真巳さんのおかげ)

 

真巳さんは事前の打ち合わせも入念にしましたし、

こちらの意図をほんとうによく汲み取ってくださって、

そのおかげで奇跡の1枚(以上)ができました。

 

はじめましてのカメラマンさんにカメラを向けられると

未だに顔がひきつり、全身撮影にいたっては、

どうしていいかわからなくなります。

 

挙動不審感を全面に出していいのなら、ガクガクブルブル状態。

大きな麻袋があったら、頭から入りたくなるほど(それってどうなの?)

 

のはずなのですが。

カメラマンさん、写真家さんたちによりますと、

ポーズが決まっているらしい。

あくまでも素人にしては、です。忖度も入っていると思います。

 

ホンマかいな(・・? です。

が、記憶を辿りますと何回も撮り直すとかってほとんどないかも。

(写真家さんたちの腕が確かだから、が大前提です)

 

だとしたら、以前学ばせてもらったらせん美でのポージングが

どえらい役に立ってます(カチッとバキっとしていない雰囲氣&印象)。

加えて、日ごろのピラティス(体幹の部分の安定性)と、

最近のモビリティケア®(いい脱力加減)

 

最近の(いっちゃん右)のお写真がほどよくリラックスしているように見えます。

(実際はテンパってました^^;)

左と真ん中は姿勢よくしなっくっちゃ💦感、ガンバルぞ感が出てます。

特に左は胸椎反りすぎ。背中のカーブがないですわ。

 

これまでやってきたことたちが、一瞬を切り取ったときに

出るんでございますね。

 

らせん美もピラティスもモビリティケア®もやっておいてよかったァ。

苦手は苦手だけど、昔より苦手意識は減っています。

 

 らせん美は、日本女らしさ協会さま

 

 ピラティスは、ポールスターピラティスさま

 

 モビリティケア®はモビリティケア®アカデミーさま

 

 

ですよ。

ご興味お持ちになられたら、それぞれのサイトをご覧になってみてくださいね。

 

そんなわたくしのメインは腸もみです・笑

 ↓↓

腸もみサロン&スクール「マーノリブレ」のHPです。

 

 

施術や受講に関してのご質問などは、

お問合せページ よりご連絡くださいませ。

 

本日も皆さまの健康と安全を願います。