人生初の水素バスで向かったのは。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)

人生初の水素バスで向かったのは。

おはようございます。養腸®家・セラピストのmanoです。

本日もご来訪ありがとうございます<(_ _)>

 

先週、今週と時間をつくり、あらゆる手段を

講じて(ってほどでもないですが)、劇団四季の

ミュージカル「オペラ座の怪人」を観劇してまいりました。

 

氣持ちわるい、もとい、詳しいレポは、わたくしのインスタ

ご覧いただけると載ってございます。

どれくらい氣持ちわる、もといオペラ座愛、もとい

佐野ファントムへの愛が深いかがわかります・笑

 

一度だけでしたが、東京駅から出ております

水素バスに乗車して竹芝まで行きました。

こちらのバス、なんと無料✨で乗車できますの♪

(存在を知ったのがつい最近。もっと早く知っていれば活用しまくっていた・・・)

 

東京駅~竹芝~日の出ふ頭を循環してます。

エンジン音とか静かなのですよ。

水素で走るってことは排気ガスがでないってことですね、きっと。

近い将来、こういうバスがスタンダートになるのでしょうね。

今回は、乗客3人+乗務員2人、5人だけの貸し切り状態で

水素バスは出発いたしました。

銀座を通って行ったので、ちょっとした観光氣分が味わえました^^

 

劇場に到着~💖

この仮面は、初演から変わらず。

※初演(1988年だったかな?)から見てます。

 

本日のキャストは下調べしているのでわかっておりますものの、

指揮者の方だけは当日伺わないとわかりません。

この日の指揮は濱本さん。

 

濱本さんの指揮は演者さんたちが歌いやすそうなんです。

濱本さんの間の取り方や呼吸の合わせ方が絶妙だからでしょうね。

 

指揮者・渡邉さんの抒情性や柏木さんのダイナミックさもすきなんですけど、

全体のバランスとか調和は濱本さんがダントツのように思います。

 

開演5分前までは自席からの写真撮影がOKになりましたヽ(^o^)丿

めっちゃ近い&よく見えます。

それもそのはず。

奇跡の最前列が取れたのですヽ(^o^)丿

ほんとうに奇跡としか言いようがないタイミングでGETできましたの。

(最前列で双眼鏡使うオロカモノですが・爆)

 

筆舌しがたいほど圧巻!の舞台でございました。

 

(お写真は劇団四季さまからお借りしました)

 

佐野ファントムは、ますます円熟味が増して、

かっこよさと可愛らしさと美しさと、

幼稚さと氣持ちわるさと寂しさと切なさと、

もういろんな感情と表情が万華鏡のように

クルクルと飛び出して、感動をこえた感動・・・でございます。

 

この日のわたくし、おされ(オシャレ)着でまいりました。

(ちょっと変わった柄のワンピースに大ぶりのネックレス)

 

そうしましたら!

最後のカテコ(カーテンコール)のとき、

勘違いじゃなく、うぬぼれでもなく

佐野さんと眼が合いましたのよ~💖

一瞬ですが、こちらをご覧になりましたの(≧▽≦)

(この思い出だけで、ごはん3杯は食べられる)

 

昨年から1年、オペラ座を観つづけ25回目にして

はじめてのナイストゥーミートゥーです(意味不明)

 

という、感激しまくりのオペラ座の観劇。

東京の千秋楽まで100日きっております。

あと何回この感動に出逢えるかしら・・・。

(元日と千秋楽のチケットは確保済^^)

 

500円玉貯金、貯めますわ~!

 

オマケ。

お昼に竹芝の和カフェ・つむぎさんでいただいた「30品目のブッダボウル」。

わたくし好みの味付けで大変おいしゅうございました。

ランチタイムはブレンド茶もついてきて、お得感たっぷり^^

大満足の竹芝デーでございます。

 

 

本日も皆さまの健康と安全を願っております。

 

腸もみサロン&スクール「マーノリブレ」のHPはこちらです。

 

お問合せはコチラからお願いいたします。