うつ伏せでお腹をもんでみた。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)

うつ伏せでお腹をもんでみた。

おはようございます。養腸®家・セラピストのmanoです。

本日もご来訪ありがとうございます<(_ _)>

 

 

先日、急に思い立って、うつ伏せでお腹をもんでみました。

仰向けのときより、じぶんの指の腹に腹部の体重が

ズーンと乗っかります。ということは、

 

 いいカンジで効く~( ;∀;)

 

指の腹のほか、うつ伏せの状態でフランクリンボールを

お腹の下においてゴロゴロしてみました。

やわらかいボールですが、こちらもなかなかよき感じで刺激が入ります。

息は止めず呼吸し続けるとゆるんでくるような。

 

今回は、腸というより大腰筋および大腰筋の反射ポイントを

ガッツリ刺激していたようです(特に右)

右のおへその横だけがピンポイントで痛かったの(´・ω・`)

 

 

意外と(?)座っている時間が長く、大腰筋が

縮みがち(≒緊張状態)になっていたのかもです。

 

ということで、うつ伏せでお腹を刺激すると、

大腰筋に刺激が入ります。

 

この大腰筋は、腎臓のハンモックでもあるのです♪

大腰筋が硬くなれば、腎臓も心地よくないに違いない(;'∀')

 

腎臓に不調が出れば、尿関連、むくみにも影響出ますし、

感情面だと不安や恐れと結びつきやすいです。

  ↑

この逆も然りで、不安や恐れがあると腎臓に不調が出て、

ひいては大腰筋にも影響が出てくるってことです。

 

大腰筋が硬くなれば、腰だけでなく腸も硬くなる可能性が出ます。

身体っていろんなところ、あらゆるところとつながってるのよね・・・。

毎回神秘&驚愕でたまげっぱなしです。

 

後日談として、しばらくうつ伏せで腸もみというか

大腰筋ほぐしを続けましたら、いつの間にか

フッとゆるんで楽になりました^^

 

仰向けでは氣づけなかった大腰筋のコリ。

うつ伏せで対応できるのかもですね。

 

 

腸もみサロン&スクール「マーノリブレ」のHPはこちらです。

 

お問合せはコチラからお願いいたします。

 

本日も皆さまの健康と安全を願っております。