施術の感度。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)

施術の感度。

おはようございます。養腸®家・セラピストのmanoです。

 

 

先日、あるお客さまを施術いたしました。

施術中に、ふとわたくしの中に浮き出た

想いがございました。それは、

 

 「わたし(←お客さまご自身のことです)、

 こんなになってしまって可哀そうでしょ!」

 

同情を引くような印象。

あくまでも、お身体から伝わってくる印象です。

お客さまご自身が「   」内をつぶやいたりはしておりません。

 

 

ただ、、、ごじぶん(お客さまご本人)のことを

ちっとも大切にされてないかんじがプンプンいたしますです。

 

 

思い込みはアカンことは存じております。

施術をするときは極力ニュートラル、

先入観なしですることを常に努めております。

 

 

ニュートラルでやって、ふと「可哀そうデショ」と

「大切にしていない」のが浮かんできたです。

おそらく、わたくしの潜在意識アンテナが

キャッチしたのではないかしら。

 

 

ほんとうかどうかなんて、確かめられまへん。

仮に直接問いただして確かめたとしても、

お客さまが無意識下でのみ思ってたり、

「大切にしていないこと」を認めていなかったら

肯定されることはありませんから~。

 

 

身体に関するアンテナ情報、逆のパターンもありますのよ。

施術していて、

 

 

ご本人からとても大事にしてもらっている身体さんもいます。

宿主に信頼してもらえてうれしそうな身体さんも(います)。

ご本人の意思と関係なく自律と自立ができている身体さんも。

こういうお身体さんたちの施術はウキウキいたします。

 

 

ありゃ。

この大切している・していないの関係って

人間関係、パートナー関係そのものね・・・。

 

 

相手(身体もしくはパートナー)を大切にしなければ

相手からも大切にしてもらませぬ。

大切にしていないのに「わたしって可哀そうデショ」はお門違い。

 

 

身体は単なる器ではありませぬ。

じぶんにとっての相棒です。

大事にすればするほど、身体も応えてくれます。

 

 

話があっちこっちに飛んで恐縮ですが、

昔はなにかしらをフワ~ンと漠然と感じ取るくらいでした。

 

 

最初のお客さまの霊、じゃなかった例だと

「なんだか、このお客さまを施術するのイヤだな・・・」

って雰囲氣を感じ取るくらい。

 

 

それ以上でもそれ以下でもなく。

 

 

イヤだなと感じた理由、今ならわかります。

ネガティブ、もしくはマイナスのエネルギーを出すだけでなく、

こちらのエネルギーをダ○ソンの掃除機ばりにギュンギュン

吸引する エナジーヴァンパイア(エナジーモンスター)さん だから。

ニャーォ!

こんなネコちゃんヴァンパイアなら可愛いのに^^

 

 

エナジーヴァンパイアなんて用語、そもそも存じませんでした。

「なんか、やだ」くらいの感覚。

 

 

霊感あるあるに喩えるなら(わたくしの霊感はゼロ以下!)、

これまでは

 

 「あの部屋の角、なんかイヤなかんじ」

 

くらいの感覚値、レベルだったのが、いつの間にか

 

 「あの部屋の角に、右肩をケガして血を流しながら

 恨めしそうにこちらをじっと見つめる老婆がいる!

 しかも足元濡れてるしぃ(;O;)」

 

 

くらいまで明瞭に視えるようになったかんじ。

※あくまでも喩えでイメージです

 

 

霊感じゃなかったら、味覚に喩えましょう。

味覚がするどくなったかんじです。

(最初から喩えそれでええやん)

 

 

おそらく、長いこと施術をしてきて、

施術の感度が鋭くなったってことです。

特別な修行とかしてなくても、鋭くなるんですねぇ。

 

 

または、じぶんの身体と向き合い、整ってきたことで

感じるチカラが自然と高まったのかもですね。

じぶんの身体がノイズだらけだと、感じられるものが

感じれらなくなりますから。

 

 

なぁんて、ここまでドヤドヤ感丸出しで書いていて

実はぜ~んぶただの思い込みだったりして(/ω\)

(そんなオチはないでしょ・・・)

 

 

ごじぶんの身体はごじぶんのものであって、

ごじぶんのものだけにあらずです。

ご先祖さまたちのおかげで「今」「ここ」に存在可能な存在。

だから、むやみに否定したり、傷つけるようなこと

大事しない行為はしないに限ります。

 

 

大事に、大切に慈しみながら遣いきる―。

それが今生を生きるわたくしたちに与えられたお役目です。

 

 

どの身体も 可哀そう なんてことはありません。

ただその状態があるだけです。

可哀そう と思ったり決めつけた瞬間から 

可哀そうな物語は始まってしまいます。

 

 

「じぶんで決める」は必要。

「じぶんで決めつけすぎる」のは不要です。

 

 

可哀そうと思うくらいなら、じぶんに与えられた

肉体と魂を大事に育て慈しまれてください。

大事にしたとき、歓ぶひと、うれしくなるひとは増えても

困るひと、哀しむひとは一人とて出ませんから~。

 

 

☆☆☆

●真野わかの腸もみはマーノリブレで受けられます。

茶話会もございます。

●技術を覚えたい方はセラピストスクール

●お問合せは コチラをクリック してくださいね