変わります(失敗篇)―言われていたのにぃ。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)
2019-01-03 05:15:15

変わります(失敗篇)―言われていたのにぃ。

テーマ:らせん美レッスン

先月、らせん美のレッスンを受けている最中、

chiakiちゃんから、

 

 

 まのわかちゃん、細部までケアしなきゃダメよ

 

 

やさしく、諭すように言われてました。

 

 

 やってる、やってるゥ(ジミーちゃんかっ)、

 やってますよ~^^

 chiakiちゃん、心配ご無用ですわ~

 

 

ってココロの中で思いました。

 

 

わたくしが間違っておりました。

 

 

足元。。。

ペディキュアがハゲてました。

うすいピンク色にしていたので、

よーく見なければわかりません。

 

 

だからダイジョウブ♪と油断してました。

 ↑

この時点で立派なまでに細部のケアを怠ってます。

 

 

今の季節、寒いし、サンダル履くわけでもないし

足の指を見せる機会なんて、そんなにあらしませんって!

という氣持ちが少なからずありました。

 

 

ピラティスでは常に裸足になるのに!です。

裸足といったって、足の指だけにフォーカスする

動きなんて

 

 

 ありました!(ノД`)・゜・。

 

 

よりによって、ペディキュアがざんねんなこの日、

足趾(あしゆび)と趾先ば~っかりフォーカスする時間でした。

 

 

N先生、み、見ないでクダサイ(>_<)

ハズカシー!!

(なら、細部までケアしないさい!)

 

 

むしろ、なにかのプレイか罰ゲームでしょうか?と

問いたくなるほど、N先生はわたくしの足にお顔を近づけて、

骨の動きについて事細かに指導してくださいました。

 

 

わたくしの足趾に水虫はありませんから、どれほど

お顔を近づけてもその点(だけ)はだいじょうぶです。

(冬で乾燥しているし、足の匂いもだいじょうぶなハズ)

 

 

骨の微細な動きをじーっと見つめております。

N先生にとっては、爪のハゲハゲ具合なんて

氣にする部分ではないかもしれません。

 

 

しかし、こうしてじぶんが氣になるのですから、

ちゃんとしていないとダメなのです。

相手がどうこう、の前に、じぶんに対して

失礼のない装いでいないとダメなのです。

 

 

仮に、お顔のメイクがバッチリ、髪型もキメキメだったとしても、

足元がずさん・ざんねんだと、一貫性がありません。

見るひとが見れば、「見えないところで手を抜く人」と

思われることでしょう。

 

 

chiakiちゃんの言葉

 

 まのわかちゃん、細部までケアしないとダメよ

 

 

ドス~ンと響きました。

 

 

ひとは、失敗しないようにアドヴァイスをくれるとゆーに、

失敗しないとわからない&学ばないmano・・・。

 

 

趾周り、お爪のケア、手を抜かずにいたします(`・ω・´)ゞ

 

 

 

 

養腸家・腸セラピスト 真野わかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス