10年後も美しくありたいと願う
〜女性のために〜

【スキンケア大学美容記事担当】

パーソナルメイクアドバイザー
児玉博子です。

この度スキンケア大学さんで
美容家として美容記事の担当を
させていただくことになりました。

スキンケア大学
【10年後も美しくありたいと願う女性にとってのお肌の悩み
スキンケア大学で正しい情報をを発信しています】


色んなスキンケアの記事を
アップして参ります。
どうぞよろしくお願い致します。




今回はシミとそばかすについてです。



シミ そばかすを目立ちにくくする
メイクテクニックは
色々とありますが 


日々の生活の中での紫外線対策と共に
スキンケアでシミ そばかすのお手入れをすることは
もとっても重要です。


シミ そばかすの違いと化粧品で対策する方法



ぜひ チェックしていただけたらと思います。

シミ そばかすの違いと
化粧品で対策する方法

{75F146FC-EB08-4A5A-82B9-ED3FDD3CF3D1}



記事の抜粋です↓

シミ・そばかす対策におすすめの化粧品

しみ・そばかすの違いと化粧品で対策する方法

更新日:2017/11/29 公開日:2017/11/29

  • クリップ(0)

「しみやそばかすを消したい…」「しみはないけど、くすみが気になる…」とお悩みではありませんか?そんなとき取り入れたいのが美白化粧品。どんなしみ・そばかすに効果的なのか、どうすれば効率よくスキンケアできるのかを解説します。美容家の児玉博子さんがおすすめする、美白化粧品も必見です!

「しみ」と「そばかす」の違い

大きさが違うだけで、同じように見えるしみとそばかす。どんな原因でできてしまうのかを知っておくと、効果的なスキンケアができます。ここでは、しみとそばかすができるメカニズムを解説します。

しみの特徴

しみは、メラノサイト(色素細胞)でつくられたメラニンが肌に蓄積したものです。通常であれば、肌のターンオーバー(細胞の生まれ変わり)によって、古い角質とともにメラニンも排出されます。しかし、なんらかの理由でメラニンが過剰につくられ続けたり、肌のターンオーバー(細胞の生まれ変わり)が乱れたりすると、メラニンの排出が追いつかずしみになってしまうのです。

メラニンを過剰生成させる原因は後天的なものが多く、

・紫外線

・傷、虫さされ、ニキビなどの炎症

・女性ホルモンのバランスの乱れ

などがあげられます。

しみの種類

しみにはいくつか種類があり、それぞれ原因も形状も異なります。

老人性色素斑
紫外線による日焼けが原因で、しみの中でもっとも多いタイプです。頬骨の高いところやコメカミにできやすく、丸い色素斑が特徴です。
肝斑(かんぱん)
境目がはっきりしないモヤモヤした薄いしみが、頬骨のあたりに左右対称に現れるのが特徴です。妊娠中、更年期、ピルを服用しているときに現れることが多いため、女性ホルモンが関係していると言われています。
炎症性色素沈着
ニキビ跡、傷跡、虫さされ跡などがシミになったもの。炎症を起こしたことによってメラノサイトが刺激され、メラニンが過剰生成されることが原因です。
遅発性両側性太田母斑
思春期~20歳をすぎた頃、額の外側やこめかみ、目のまわりなどに現れる茶褐色や青色のあざです。肌の深い部分(真皮)で起こるため、美白化粧品は効果がありません。
脂漏性角化症
老人性色素斑がイボのように隆起したもので、表面がザラザラして硬くなっているのが特徴。皮膚の老化現象の一つといわれています。皮膚自体が変化しているため、美白化粧品は効果が期待できないといわれています。

老人性色素斑、肝斑、色素沈着は、美白化粧品で予防したり薄くしたりすることが期待できます。これ以上増やさない・濃くしないためにも、美白化粧品の使用が効果的です。

そばかすの特徴

そばかすは、正式名を「雀卵斑(じゃくらんはん)」といいます。

そばかすの特徴として、

・直径2~3mmくらいの斑点

・鼻の周りや頬に出やすい

・幼児期から思春期にかけて出現することが多い

・紫外線を浴びると大人になっても増える

などがあげられます。

シミと同様、メラニンが過剰生成されることで現れますが、そばかすの多くは遺伝性のものです。遺伝性のそばかすは、思春期を過ぎれば消える場合もあるようです。

大人になっても残っている遺伝性のそばかすは、美白化粧品で薄くすることは難しいでしょう。ただし、紫外線を浴びることで増えたり濃くなったりするため、その予防には効果的です。

一方、後天的なそばかすは、紫外線やホルモンバランスの乱れ、摩擦刺激などが原因に。美白化粧品の効果が期待できます

しみ・そばかすを化粧品で対策する方法

「しみ・そばかすを予防したい」「しみやくすみを消したい」という方は、適切なスキンケアを行うことが大切です。ポイントは、「紫外線対策」「美白」「保湿」の3つです。

紫外線対策でしみ・そばかすを防ぐ

どんなしみやそばかすであっても、原因の一つには紫外線があります。紫外線を浴びると、ダメージから肌を守るためにメラニンがつくられるためです。また、紫外線はシミだけでなく、シワやたるみなどの肌老化を加速させます。日焼け止めを塗り、紫外線から肌を守りましょう。なお、秋冬や曇りの日も紫外線は降り注いでいるため、1年365日の対策が必要です。

美白ケアでしみ・そばかすを防ぐ

しみやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑えるために、美白化粧品を使用します。美白成分が配合されているか、よく確認してから選びましょう。

美白成分には、

・ビタミンC誘導体

・トラネキサム酸

・アルブチン

・コウジ酸

・プラセンタエキス

・4MSK

などがあります。

続きは
こちらの本文が掲載されています↓


児玉博子スキンケア大学プロフィール

{B53590A4-F1F1-496C-9681-730C7C16271D}



◇◇インフォメーション◇◇

》》》12/22 東京開催
パーソナルメイク認定講座
残席2名さま



》》》神奈川小田急JPMパーソナルメイク認定講座はこちらから




》》》児玉博子メイクレッスン
こちらから

AD

リブログ(1)

  • ”【スキンケア大学】10年後も美しくありたい 女性の為に美容記事担当”

    こんにちは!福井 美余です。わたしが代表理事をつとめている》》》日本パーソナルメイク協会メイク講師資格である》》》JPMパーソナルメイク®︎アドバイザー児玉博子さんがスキンケア大学で美容記事を書かれています。今回はシミそばかすや美白について。協会の運営をしているとこのように先生方のご活躍はとても嬉し…

    福井美余

    2017-12-03 17:00:36

リブログ一覧を見る