今日の一杯~栗駒山 純米吟醸 吟のいろは~ | 大崎市にある理容室 床屋ダンキ経営:阿部万亀雄

今日の一杯~栗駒山 純米吟醸 吟のいろは~

ゴールデンウィークの営業が終わりひと段落。

とは言え週末もやってくるので今夜酒を飲みたいな。

そういえば先日栗原酒屋巡りをした際に購入した酒が冷蔵庫に眠っていた。

 



【栗駒山 純米吟醸 吟のいろは】

こちらはそれこそ栗駒町の酒屋で購入した栗駒町にある【千田酒造】の酒だ。

『【栗駒山】は美味い。』という評判を何度も聞いており、過去に何度もこちらの酒蔵の酒は飲んでいるものの

どちらかと言えばDANKI店長にとって千田酒造の酒と言えば【奥鶴 ひや】なのだ。

そんな固定観念を払拭すべく今夜はしっかりと【栗駒山】を堪能しようではないか!!

そして酒屋店主の話によると【吟のいろは】と言う宮城県で開発した新しい酒米で作った酒とのこと。

そんな今夜のつまみはこちら。

 



豚肉団子、ホタテのカイワレサラダ、アスパラ、きゅうりの漬物、そして遅れて登場したコールスローサラダ。

ではいただきます。コク、コク、キュッ

 



おぉ、非常にすっきりしていながら吟醸風味もしっかり感じる。

何となく多少苦みがあり良い舌触りを醸し出しているかもしれない。

これが栗駒山か!いや吟のいろはか?

まぁ、どちらにしても美味いということは間違いない。

では早速メインディッシュの豚肉団子を頂こう。パクパク。

 



ゴマの効いた中華風?ではないが多少甘酸っぱいタレは個人的に好みだ。

食べず嫌いの長女は最初食べるのを躊躇しているのは予想通り。

しかし、表面をなめて味を確認してからはパクパクと食べたいたwww

これは肉を重ねて丸めて焼いた肉団子なのかな?

 



あまりにもひき肉の感じがしないので不思議な食感だ。

ホタテサラダはミョウガやカイワレが入っておりこの料理を食べるといよいよ夏が来たと感じる。

 



そういえば5月5日は24節気の1つ【立夏】だった。

立夏は『昼夜の長短を基準に季節を区分した場合の夏の始まり』だそう。

まさか妻はそれを知っていたわけではないだろうが。。。

 



アスパラガスは実家で採れたものらしくわざわざ茹でたものを持ってきてもらった。

ものすごい太いものもあったが初物だからか非常に柔らかく味が濃い!!

久しぶりにマヨネーズをつけて食べてみたが、いや、これこそ何もいらない。

 



マヨネーズが負ける味の濃さだ。

きゅうりの漬物は昨日までの残りでだいぶ漬かりすぎて濃ゆい味になっている。

梅肉入りで食欲がそそる一品だ。

コールスローサラダは長女以外大好物な品。

 



そしてそして、遅れて登場の品はホタテのバター焼き。

 



これはもうホタテ料理の定番と言っていいだろう。間違いない。

さらにさらに、今宵の宴も終盤戦。

妻が冷蔵庫から取り出した品はこちら。

 



鶏肉の南蛮漬け。

肉料理では有るが酢をしっかり効かせた味は締めの料理にぴったりだ。

 



最近妻は作り置きを多くするようになり、DANKI店長は毎食何が出て来るか楽しみになっている。

今夜の料理は全体的にやさしい味のものが多く、日本酒自体もすっきり品のある味だったのでしっかり飲みすぎた!!

そして、今夜のような副菜が充実した晩酌が好みなDANKI店長は幸せなひと時を過ごすことができた。

妻に感謝しつつ、、、

あっ、子供たちはまだ休校期間だから明日も家にいるのね。。



千田酒造
〒989-5351
宮城県栗原市栗駒中野北畑中63-1
TEL:0228-45-1024
FAX:0228-45-1686