大崎市にある理容室 床屋ダンキ経営:阿部万亀雄
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

今日の一杯~山和 純米吟醸 ひやおろし~

とある週末日曜日の夕方のこと。

妻から『今夜何食べたい?』とメールがあった。

私は『日本酒と刺身』と答えた。

そんなこんなで、酒から肴まですべて妻に用意してもらった今夜の宴が始まる。

酒は【山和 純米吟醸 ひやおろし】

 



そして肴はもちろん刺身各種、ピーマンの肉詰め、ブロッコリー、シラス。

 

 



ではいただきます。コク、コク、キュッ

 



おぉ、なかなか力強い味の酒だ。独特の滋味なあと味は個人的には好きな部類。

願わくば山和本来のすっきりした飲み口であれば、このあと味もより際立つと思った。

しかし、それくらいこの酒は良い意味で『山和らしくない』のではないだろうか??

因みに次女は先に寝てしまったため写真での参加だwww



あー、疲労困憊の体にはまずはタコだろう。

 



今日は水ダコとのことで普段はゆでだこなのでなかなか珍しいな。

今夜の刺身はいつも行くスーパーでもともと【刺し盛り】を買おうと思っていたらしいが、

惹かれる刺し盛りが無かったとのことでそれぞれ単品の刺身を買ってきた模様。

どうりで『一品一品ののクオリティーが高そう』と感じたわけだ。

 



ピーマンの肉詰めは最近DANKI店長の腸内環境改善メニューの1つ。


小麦粉や、玉ねぎ、にんにくなどかなりの食材を制限してお腹の調子を整えようと奮闘中。

そのような状況で、本来入るはずの食材が入っていない肉詰めとなったwwwありがたい。モグモグ

うん、確かにいつもと違う。何かしら『足りない』と感じるが、それが本来入っているものであり

DANKI店長が現在食べることのできないものなのだ。

イナダの刺身は最初醤油だけつけて食べ、

 

 

うん、今夜は生姜だな!となったwww

 



シラスはいつもは朝食のお供になるのだが残り物をそのままいただく。

 



しかし、締めのご飯にもシラスをかけたのはナイショだ。

オクラ漬けは実家の母からの頂き物。

 



本来下茹でしてから漬けるらしいが、生のまま漬け込んだとのことで味のしみ具合や硬さが

少々不安だったが普通においしく頂けた。

 

 

あー刺身が美味い。

 

 

 

 

そうしているうちにお開きの時間だ。

基本的に4合瓶を買ってくると2人で1本空けるのが常。

そして、翌日休みなのはDANKI店長だけなので、

みんなに合わせて飲酒ペースを速め就寝作業に向かうのも常なのだ。。。

カナリヨッパライマシタ。。。


山和酒造店 
〒981-4241
宮城県加美郡加美町南町109-1
TEL 0229-63-3017
FAX 0229-63-3018

今日の一杯~刈穂 純米吟醸 カワセミラベル~

いつもの如く月末に日本酒を飲むタイミングが訪れた休日前の夜。

お盆期間中に立て続けに日本酒を頂いてしまった。

その一本を飲もうではないか。

 



【刈穂 純米吟醸 カワセミラベル】

我が家の冷蔵庫事情の関係で冷蔵保存できず、しかしこちらの酒はどうやら冷酒から常温までがおすすめとのこと!!

ということで今夜は純米吟醸酒を常温にて頂こう(^^;

そんな今夜のつまみはこちら。

 

 

 

 

 



豚肉のみそ焼き、餃子、レタスサラダ、そして遅れて登場するところてん。

ではいただきます。コク、コク、キュッ

 



おぉ、久しぶりに吟醸酒を常温で飲んだと思うが、非常にトロリとして味が濃く感じる。

やはり冷酒よりも味をしっかり感じられる【常温】での晩酌は面白い。

疲労困憊で 『まずは肉!!』 と行きたいところだが、

 

酒のこってり感じ先ずはサッパリ(?)するサラダを頂こう。パクパク

 



みずみずしさを保つレタスの下処理がポイントではあるが、やはり味の決め手はサラミソーセージだと思う。

旨味の強い食材がレタスと見事に調和している。

豚肉のみそ焼きはよく実家で食べた料理だ。ある意味おふくろの味というやつか?

 



ご飯でもうまいが大人になってからは酒でいただくのだ。

餃子は市販品。

 



久しぶりに既製品の餃子を食べたが皮が厚く

『あぁ、そういえば餃子って皮を食べる炭水化物系の料理だったな』と感じる品だ。

元々皮嫌いだった次女は今回の餃子はパクパクと全部食べたところを見るとしっかりした皮だと食べてくれるのかな?

もしくは単に焼き加減、焦げ付きの少ない仕上がりが好みなのかな??

ところてんは夏場の定番の品。

 



『夏以外でも食べたいなぁ』と思っていてもやっぱり暑くないとあまり箸が伸びないのは仕方ないことか。。。

青のり、すりごま、からしは外せない薬味だ。

晩酌も終盤戦。冷蔵庫から在庫品を引っ張り出す。ニシンの酢の物だ。

 

 



こちらは特に妻が好んで食べるしな。全部食べていいよとのことでしっかり頂く。

実は最近我が家(というか私と妻)の晩酌夕飯事情は変わってきた。

簡単に言えば早く飲み終わり早く寝ることにしたということ。

昨今のコロナ禍で個人的に気を付けていることは【免疫力低下を防ぐこと】。

その為には【暴飲暴食】【寝不足】はいけないだろう。

規則正しい生活を心掛けて免疫力を下げないように努力している次第だ。

そんな中でも何とか酒を飲む工夫を怠らないDANKI店長なのであった。。。


秋田清酒株式会社
〒014-0801
秋田県大仙市戸地谷字天ケ沢83-1
TEL 0187-63-1224
FAX 0187-66-2277

今日の一杯~桂泉 特別純米酒 こんこん~

当店連休初日の月曜日。

午前中早い時間に自宅掃除&片付けが終わったので念願の酒を買いにオートバイで栗原市築館まで行ってきた。

そこで購入した酒がこちら

 



【桂泉 特別純米酒 こんこん】

ずいぶん前から栗原市のお客様や栗原の仕事に関わるお客様から

 

『市内でしか流通していない酒』ということで話には聞いていた。

しかし、売っている場所(酒屋)も限られるため、

なかなか購入するチャンスにも恵まれずもんもんとする日を過ごしていたのだ。

『今日は飲むよ!!』

と妻に伝え今宵の宴の始まり始まりぃー♪

ということで今夜のつまみは、、、

 

 

 

 



バーベキュー味の焼きそば、ニギスの干物、牛タン缶熟、パクチーのサラダ、モロッコインゲン。

では初見の酒をいただきます。コク、コク、キュッ

 



おぉ、やや強めの甘口ではあるが、あと味に樽の風味を感じる。ふくよかな味というべきか。

酒だけでも十分楽しめる味わいだ。なかなか面白い。

では、ニギスの干物を頂こうではないか。

 



こちら妻がスーパーで購入してきたもの。

どうやら兵庫県辺りではメジャーな魚種のようだが、シルエットはシシャモや、ちょっとやせたイワシのようだが、

顔が少々いかつく、骨も少々固めであり、DANKI店長的には丸ごと食べることが出来るが

一般的には身をほぐして食べるほうが良い魚かな?

実は、最近改めて食生活を見直したところ、

やはり魚料理など、本来日本人が昔(50年位前?)から食べていたものを摂るのが良いのではないか?

と考えるようになり『肉も食べるが、魚をより積極的に食べよう。』

 

と意識し始めていたので登場した品(なんだと思う)。

一応家族分用意したが大人以外は長男が何とか頑張って食べたくらいで、子供たちの評判は芳しくなかったな。。。

では、個人的な今夜のメインディッシュ。【牛タン缶熟】を頂く。モグモグ。

 



こちらは日本酒を買ったお店のレジ前に陳列していたもので見た目買いの一品。

 

 

こんな化粧箱に入っている。。。

缶詰1個で600円となかなかの高級品だが、洋風の煮込み系料理は時間がかかるのと材料も比較的特殊だったりする。

そして、こちらの缶詰会社は地元石巻(製造は美里町)であることも購入の後押しとなった。

確か被災して工場を内陸に移したんだっけかな?

当然のごとく美味しい。

濃厚だが後味がすっきりしているのは肉が牛タンだからなのだろうか?

ふくよかな日本酒を飲んでいるからか味が喧嘩することなくどんどん飲める!食える!と言ったところ。

お次に子供たちのメインディッシュ、バーベキュー焼きそばを頂こう。

 



こちら冷蔵庫を整理していたら出てきたもの(汗)

賞味期限はまだ大丈夫だが妻を促し今夜調理してもらうことに。

トピックスは『バーベキューなら牛肉でしょ』ということで牛肉入りの焼きそばとなった。

 



変わったものを食べない傾向のある我が家の子供たちは、親の心配をよそにみんなパクパクガツガツ食べていた。

パプリカや玉ねぎもいい仕事をしているが何気にかぼちゃが入っていたのは面白い。

『何だこの食感は?』という時にかぼちゃの存在を認識できるほど隠し味ならぬ【隠し食感】として面白かった。

さて、今までなかなか苦手だったが、最近以前よりはおいしく食べることが出来るようになったパクチーサラダを頂こう。

 



こちらは妻が好きな料理、というかパクチーが好きらしいが、

エスニックな料理なので個人的には癖が非常に強めであり飲むお酒を選ぶといった印象。

しかし、単独で食べる分には問題なし。

 

春雨やきくらげ、ひき肉など異なった食感と風味は食事を楽しくする。

というところ遅れて登場したのは玉子の油揚げ包み。

 



こちらは子供たちも大好きな料理の1つ。

前日の残り物をひと口モグモグ。

 



うん、安定的な味だがDANKI店長は最近この料理を食べると油揚げの食感がシュークリームに感じてしまうのだ。

この料理の味付けをバターやグラニュー糖を入れて調理したら何となく、、、

それっぽくなりそうで怖いもの見たさで調理してみたくなるDANKI店長がここにいる。。。

飲み始めの時間も早かったので今夜は私も妻もかなりしっかり飲むことが出来は早めに休むことが出来るぞ。

と思ったら長男がギブアップ。夕飯終盤戦にテーブルの下で就寝したので、

この後はバタバタといつも通りの日常が待っているのであった。

 


はさまや酒造店
〒987-2186
宮城県栗原市高清水字中町8番地
TEL 0228-58-2002
FAX 0228-58-2831
 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>