今日の一杯~弥右衛門 純米辛口~ | 大崎市にある理容室 床屋ダンキ経営:阿部万亀雄

今日の一杯~弥右衛門 純米辛口~

そろそろ日本酒を飲もうかと考えていた矢先、
 
冷蔵庫から妻が前の日に仕込んでいたブリカマを見つけた!!
 
実は今夜は冷凍品のつくねを七輪で焼いて子供たちに食べさせようと考えていたが
 
妻に『ブリカマも七輪で焼いていい??』と聞いたところ、『良いよ』との回答が!!
 
では先にブリカマから焼こうではないか!!
 
そんな時はやっぱり日本酒だよね!!
 
 
【弥右衛門 純米辛口】
 
いつもながら妻の両親からのお土産の品。
 
ありがたくいただきます。
 
つまみはこちら、ブリカマの塩焼き、ピーマンの焼き鳥詰め、もやしと中華クラゲのサラダ、にら餅、
 
そしてブリカマに遅れて登場するつくねのチーズ載せ。
 
 
 
 
 
ではいただきます。コク、コク、キュッ
 
 
うん、【会津の酒】だ。
 
事前にラベルを見て喜多方市の蔵であることは認識していたが、
 
コクがありやや甘めの酒は
 
以前仕事の勉強などで喜多方市を訪れた際結構お世話になったお味(笑)
 
懐かしささえ感じる味だ。
 
そう言えば最近福島県に行ってないなぁ。。。
 
おぉっと!感慨にひたっている場合ではない。
 
つまみを食わねば!!
 
 
当然のようにブリカマの塩焼きから。モグモグ。
 
 
炭火で焼いたこともあり表面、皮目は焦げ付きつつもパリッとした香ばしさを感じ、
 
ほぐした身を食べれば普段食べている焼き魚では
 
なかなか感じることのできないほどジューシーさを堪能できる。
 
『焼き魚ってこんなにみずみずしかったっけ??』と思うほど。旨すぎ!
 
さて、七輪焼きではブリカマ2切れ焼くのが精一杯。そのあとに焼いたのがつくねチーズ焼き。
 
※ピンぼけですが、、、
 
 
冷凍庫で眠っていた品だが最近DANKI店長はガスレンジの上で七輪をおいて、炭火焼きをすることにハマっている。
 
冷凍庫をあさっていたら使途不明のつくねを見つけ
 
妻に聞いたら使っていいとのことで七輪で焼くことにした次第だ。
 
チーズはつくねを片面焼いたら裏返してチーズを上に載せて
 
裏の焼き目がつきチーズがとろけてきたら出来上がり。
 
簡単でチーズ好きの子供たちはイチコロだ。
 
 
ピーマンの焼き鳥詰めは缶詰の焼き鳥を使ったお手軽料理。
 
【ホテイ】というメーカーの焼き鳥缶詰はおいしいと評判だったので
 
いつか食べてみたいと思っていた。
 
 
まさかこんな形でホテイの缶詰を食べれるとは思っていなかったが、もちろんうまい!
 
もやしと中華クラゲのサラダは最近子供たちの食いつきはひどく悪い。
 
 
恐らく中華クラゲに入っているトウガラシが口に残ったとき辛く感じるのが嫌なのだと思う。
 
にら饅頭は久しぶりに我が家の食卓に上った。
 
 
 
もちろん子供たちは大好き。
 
長女が一気に5個くらい自分の皿によそったのを見た長男が怒っていたほど。
 
大人も好きな料理だが子供たち優先だ。1個は食べたぞ!
 
しかし、今日は何と言ってもブリカマとつくねチーズ焼きに尽きる。
 
自宅でバーベキューを始めて3,4年になるが、
 
炭火のコンディションを整えるのはなかなか難しい。
 
七輪以外の焼き台も何種類か試したり、炭の種類を変えたりして
 
安定的においしく焼ける方法を思案してきたが、
 
今のところは、やはり七輪と備長炭の組み合わせで網焼きで食べるのが最高だ。
 
もちろん火をおこす時間は必要なのでその余裕があるときに限られるが、
 
炭火で焼いたあの味は他の調理器具では絶対にまねできない。
 
※もちろん食材にもよる。
 
そして最近寒くなってきたこともあり、外での七輪焼きはあまりしないようにしている。
 
その流れでガスレンジ台の上での七輪焼きを覚えてしまったDANKI店長は
 
年中快適に七輪焼きをすることが出来ることを分かってしまった。。。
 
さらに、当然のように今夜の日本酒は妻と2人で四合瓶を開ける結果となったことは言うまでもない。。。
 
子供たち定番の品。
 
その2。
 
そらまめ
 
自宅でラム肉。
 
炎上中
 
その2(自宅で炎上中www)
 
ベストコンディションな炭。
 
そして宴は終わる。。。
 

合資会社 大和川酒造店
〒966-0861
福島県喜多方市字寺町4761
TEL.0241-22-2233
FAX.0241-22-2223