今日、3月10日は満月
さらには、東京は雨のお天気


生理前の時期の女性は
いつも以上にお胸の張りや、痛みを感じていること
多いのではないでしょうか



実は私もその1人



女性の身体って
月のパワーの影響を受けやすく

また、雨の日は身体がむくみやすいことから
生理前のバストの張りも強くなる傾向があります


そもそも、生理前の胸の張りが起こる原因は
『女性ホルモン』にあり



排卵後から分泌量があがる
プロゲステンという女性ホルモンが
乳腺の一部を活性化させるため

それにより、バストが張ったり
痛みを感じるようになります


さらには生理直前になると
女性ホルモンが大きく変動するので
気分的にも波が生じやすくなり
胸の張りが、さらに不快に感じることも
あるのではないでしょうか・・・


この胸の張りは
女性ホルモンの変動によるものなので
生理が始まれば、痛みも自然となくなるのですが
少しでも快適に、生理前を過ごしていただけるように

今日は『生理前バスト』との向き合い方について
ご紹介させていただきます


まず、生理前の張りが出ている時は
バストへの強い刺激は🆖になります


乳腺がとてもデリケートになっている時期
乳房に刺激を与えるようなマッサージは
避けることが大切です



ただし、表面を優しく摩る程度のマッサージは
リンパの流れの促進に繋がるので

むくみや重さが辛い場合は
脇のリンパ節に向かって優しく撫でるように
行ってみましょう

強い刺激にならないよう
優しく優しく、注意して行うことが大切です



そして、もう一つ意識したいことが
『ブラジャー選び』になります


これについては2つのパターンに分かれます


★バストが揺れることで痛みが増す場合★

バストのサイズがある程度ある場合は
揺れによる不快感が高くなると思います

その場合、揺れを押さえるために
スポーツブラを着用したり

ブラジャーでもストレッチ性の弱いもので
バストが動きにくいデザインのものを選ぶことをお勧めします



★圧迫により痛みが増す場合★

バストサイズが小さめの場合
揺れよりもワイヤーなどの圧迫感などにより
不快感が高くなることがあります

今は、ワイヤーも種類が豊富で
樹脂などの柔らかい素材でできたものもあります
お胸当たりの優しいものを選ぶようにしましょう



また痛みが強い場合は
ノンワイヤーやカップ次インナーなどを
取り入れることも1つの選択肢ですが


サポート力が弱いため
お胸になるべく負担をかけないように
アクティブな動きは避けるようにすることが大切です





どちらの場合も、着用するものについては
サイズが合っていることが前提となります

サイズの合っていないものは
胸の痛みを強めてしまうこともありますので
日頃からブラの見直しを行いましょう





生理前の女性のバストや心はとてもデリケート



この時期は『頑張りすぎない』ことも
1つのテーマになります


早めの帰宅でリラックスタイムをつくったり
十分な睡眠を取ること…など。


★リラックスのためのバスタイムは
熱めのお風呂は痛みが増すことがあります
ぬるめの温度でゆっくり入るようにしましょう
(排泄、吸着力の高いクレイを入浴剤として使うのもお勧めです)



自分に優しい選択をしてみることで
不快な時期も無理なく過ごせるようになります


ちなみに、
カフェインは痛みを増してしまうので
普段コーヒーなどを多く飲まれる場合は
生理前は少し減らしてみてくださいね
(代わりに、ハトムギ茶を是非に)

さらには気血水の詰まりを取ってくれる
海藻類やキノコ類

PMSの緩和にも効果的な
ビタミンEやマグネシウム、ビタミンB6などを
生理前から積極的に食べていきましょう




余談ではありますが、
私の友人の中には生理前のバストの痛みが原因で
ご主人やパートナーと喧嘩した経験があるという女性も少なくなりません

胸が痛い時期に、
バストを乱雑に揉まれてムカついたのだとか・・・


そうならないように
男性にも、女性のカラダの変化を
何気なく伝えておくのも大切かもしれませんね


THE BEAUTIFUL
ビューティフルボディセラピスト協会 代表理事
中村ひろ美


女性のケアのスペシャリストに!バスト・ヒップケアを含む女性のためのトータルボディケアの技術と深い知識を習得しませんかスクール詳細


★10年後の綺麗をつくる【美ホルモン塾】美ホルモン塾


🎀『オトナ女性の愛される身体』
バストケアや美容情報をお届けしています
お友達になってくださいね❤︎
下記お友達追加ボタンまたは
LINE ID検索→@mkj3912k

友だち追加